原爆紙芝居完成・見せます!平和は明るい

みなさま
 
こんにちは。
魯参さん、「長崎キリシタン史ツアー」のお知らせを転送して
くださってありがとうございます。
 
5月から取り組んでいた原爆紙芝居がやっと今日完成しました。
毎年1作ずつ描いて、今度で5作目になります。被爆者の方から、
屋根瓦の色や服装など細部まで色々教えていただきながら
「直接聞くことの大切さ」を痛感しています。爆心地を通った
「時間」によって川の水位が違ったり、地面の色が違ったり。
白黒写真からはわからない「色」も、未来へつなげるたいせつな記憶。
 
多くの方が口をそろえるのは、「平和は明るい」ということです。
戦時中は空襲をさけるための灯火管制で、電球には覆いをかけて
暗くしなければならなかった。戦争が終わって、家々の窓に明かりが
灯ったのを見たとき、「平和ってこんなに明るいんだ」と多くの方が
感じたそうです。もう「暗い」時代を繰り返さないために・・
高齢化する被爆者の方の分まで記憶を伝えたい。紙芝居を持って
かけつけますので、皆様、いつでも声をかけてください。
西岡由香
 
       
Attachments area
原爆紙芝居.jpg
ーーーーー

由香さん、みなさん

原爆紙芝居五巻の完成おめでとうございます。
添付の一枚も命が払しょくされた世界の三途
の河を累々たる死体を踏みながら魂を失って
彷徨する世の末が迫真的に描かれていますね。
それを実体験した人達の証言を取り込めた作
者の幸運の傑作です。しかもその五巻を持っ
て伺います」と言うのですから拡散・確証を
してもらうように共に努力しましょう!!!
もう一時を回っており五時には起きないとい
けないので返信のみにしますがブログ・ML
の拡散をさせてもらいます。みなさんにも宜
しくお願します。
ーーーーー

 

魯参

「平和は明るい」についてコメントをした

かったのですが時間がありませんでした。
私は新潟の片田舎に住んでいましたが、
空襲警報のサイレンが鳴れば電球には覆い、
窓にはカーテンを引いて爆撃機が通り過ぎ
警報解除まで息を殺して待ちます。世の中
一切が殺し合いへの総動員ですから心の中
が真っ暗になるのは当然です。
「華開世界起」:桜が咲けば春ですが、花
一輪が部屋を新世界にします。核は世界を
暗くします。平和の俳句に次の一句があり
ました:
同じ句集には次の句があり、人間を非人間
(人非人)にするのが戦争です:
その異常を正常にするのが一切人間・生類
の真理・倫理でしょう。そしてそれは可能
なだけでなく生き物としての真実・道徳で
しょう:
核の傘ではなく九条の傘を世界に広げ一切
生類の絆を早く強化しましょう:

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close