9/6(木)慶應義塾経済学会主催 マルクス生誕200周年記念コンファレンス「マルクス―過去と現在」@慶應義塾大学三田キャンパス

 

紅林進です。

本年2018年は、マルクス生誕200周年にあたりますが、それを記念した下記の
コンファレンスが慶應義塾経済学会主催で、明日9月6日(木)に慶應義塾大学
三田キャンパスにて開催されます。

なお主催は異なりますが、10月21日(日)には、専修大学神田キャンパスにて、
マルクス生誕200年シンポジウム「カール・マルクス、その現代的意義を問う」
http://www.labornetjp.org/EventItem/1532329355035matuzawa
が開催されます。

(以下、転送・転載歓迎) 

慶應義塾経済学会主催
マルクス生誕200周年記念コンファレンス「マルクス―過去と現在」

日時 2018年9月6日(木) 10:00-17:20  

会場 慶應義塾大学三田キャンパス大学院棟1F313教室 
   (JR田町駅、都営地下鉄三田線三田駅下車)
地図・アクセス https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

午前  10:00-10:10 
開会挨拶 池田幸弘経済学部長 
午前 10:10-12:00 
司会=坂本達哉(慶應義塾大学教授) 
報告 安井俊一(博士(経済学)慶應義塾大学) J.S.ミルの社会主義論とマルクス 
橋本直樹(鹿児島大学名誉教授) 慶應図書館所蔵の『共産党宣言』初版について 
この直後に『共産党宣言』見学会を予定(於:図書館1F多目的学習室に移動) 

午後前半 13:30-15:20 
司会=大西広(慶應義塾大学教授) 
報告 飯田裕康(慶應義塾大学名誉教授)マルクス体系における擬制資本について 
喬 暁楠(南開大学副教授) 中国における数理マルクス経済学 

午後後半 15:30-17:20 
司会=北村洋基(慶應義塾大学名誉教授) 
報告 大西 広(慶應義塾大学教授) 限界原理を基礎とした価値の決定と労働価値説的状況 
渋井康弘(名城大学教授) 現代技術とマルクス経済学

MLホームページ: https://www.freeml.com/uniting-peace

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close