文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2018/9/11) 武田砂鉄 リニア中央新幹線の問題を語る、バブル志向のビッグプロジェクト連発を批判する!

 永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、今週火曜日の大竹紳士交友録、フリーライターの武田砂鉄さんでした。パートナーは阿佐ヶ谷姉妹さんでした(はるな愛さんはお休み)。

 今回のテーマは県の同意なく着工されたリニア中央新幹線のこと、武田さんも阿佐ヶ谷姉妹さんの大ファンでインタビューもされて、LINEで送るべきものをツイッターで送ってしまったそうですが、どちらかかがヨーカドー派、どちらかが西友派というので、それで武田さんの切り口、2027年に品川~名古屋、その後大阪、談合もあり、毎日新聞の記事で、JR東海と静岡県の対立、大井川の対策なしにトンネルを作り、JR東海に申し入れしたら、JR東海はもう着工しないと間に合わないと、強引に大井川の下を通するもので、リニアは曲がれず、大井川の流量2トン減少する、代替案に掘ったところから湧水をいれるというものの、どこまでできるか不明、もう着工しないと間に合わないというものの、そこだけより、リニア建設では住民の意向が無視されて、2013年にJR東海は住民の理解なしにやらない→2016年には住民無視になり、掘った残土、東京でも50杯分、リニアは86%がトンネルで、残土は下手すると豪雨で土砂崩れ、残土受け入れを拒否した自治体もあり、残土問題は水枯れが懸念されて、JR東海は30年補償するというものの、その後はどうなる?JR東海は影響はあっても小さいと嘯くもので、大事業だと住民の生活が奪われる、国立競技場でも住民の立ち退きがあり、静岡県はリニアは駅なしなので、経済効果なし+生態系はどうなるのか?武田さんはリニア中央新幹線は要らないと考えられて、試験施設もできても、東京→名古屋→大阪、当初はお金がなく、名古屋までしか最初行かず、大阪には新幹線に乗り換えないとならず意味なし、膨大なお金が必要、JR東海自腹→安倍総理が財政投融資にして、国家事業になり、しかし新幹線もリニア中央新幹線も満員でないと採算は合わず、しかしそれは甘く、関西で一泊していたものを、リニア中央新幹線だと日帰りになる、在来線、新幹線+飛行機もあり、そして非常時にどうする?冬に事故ならエライことで、新幹線は市街地を通り万一に対応できるものの、リニア中央新幹線は万一だとエライこと、東京アクアラインも万一なら大変+渋滞があると大竹さん説かれて、武田さん、今ビッグプロジェクトがたくさんあり、東京オリンピック、2025年の大阪万博、そしてリニア中央新幹線はオリンピックの後のバブル的な発想で、大阪万博誘致をもくろむ松井知事は台風被害そっちのけでヨーロッパに行き、キャンセルしたら大阪は脆弱と思われると嘯き、しかし中部国際空港から行く+沖縄県知事選で佐喜真氏応援、大阪は停電も続いているのに、ビッグプロジェクトをバブル的にやるのは問題ではあり、大竹さん、バブル的なものより災害対応と言われて、武田さん、日経ビジネスで元JR東海の松田氏はリニア反対、賛成しているのは事務やのみ、高速で行くとボルト一本飛んでもエライことになり、外国へのアピールとしても問題ではあり、大竹さん気になると締めくくられました、以上、武田さんのお話でした。

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close