テロリズムは症状で帝国主義こそが原因です

OpEdNews独占記事:
OpEdNews Op Eds

関連トピック: ;  ;  ; 追加のタグを
追加私のグループに(S)

評価を表示 | それを評価

opednews.com H1 9/11/18にヘッドライン
著者81476
ファンになる
(7ファン)

flickr.comから:閉じる。 仏像、髪の毛、唇、アーモンド形の目、パキスタンまたはアフガニスタン、ガンダラン地域、4/6世紀、痕跡を残したスタッコ、アメリカイリノイ州シカゴ美術館{MID-312765}
近接写真、釈尊の顔、巻き毛の頭、唇、アーモンド形の眼、パキスタンまたはアフガニスタン、ガンダラン地域、4/6世紀、顔料の痕跡を残したスタッコ、アメリカ、イリノイ州シカゴ美術館
画像Wonderlane
   許可の   詳細   DMCA

テロリズムは症状で帝国主義こそが原因です

テロとの戦いは、テロリストと戦うために9/11以降に始められたと、我々は言われましたが、アメリカ帝国主義が最初に大部分のテロリズムを引き起こしたことが判明しました。ハーバード大学の研究者・学者であるガーリカイ・チェング(Garikai Chengu)の「アメリカがアルカイダとISISテログループを生んだ」(2014年)の記事によると、

「真実は、米国が「テロとの戦い」に勝つ唯一の方法は、もしテロリストにアメリカ攻撃の動機と資源を与えることを止めれば、だということだ。テロリズムは症状であり、中東のアメリカ帝国主義は癌なのである。 簡単に言えば「テロとの戦い」はテロであり、ジェット機やミサイルを持つ人々がはるかに大きな規模で行っているものである。」

今、米国はバシャール・アル・アサド大統領のシリア政府を転覆させるためにテロリストに資金を提供している。諸帝国は核心まで邪悪な存在である。それらは殺し、かたわにし、分断し征服する – 究極の統御と完全な権力を得るために必要なことは何でも行う。

独立し自己決定するシリアは、米帝国の眼中に存在することは許されない。シリア政府はアルカイダを倒すためにロシアに依頼したのでロシアは合法的にシリアにいるが、米国がシリアにいるのはシリアに招かれたのではない。今度も、我が政府は主権国家を侵害して、国際法に違反しているのである。ロシアと中国は、征服されるまでは常に米帝国に対する脅威になるだろう。それが帝国の思想家が考えるやり方だ。

2018年9月6日のBlack Agenda Reportのエグゼクティブ・エディタであるグレン・フォード(Glen Ford)の「トランプはあアルカイダを保護し、「抵抗者達」は拍手喝采し、Russians”を罵倒する」という記事は、 トランプがオバマとブッシュの帝国主義的伝統を継続し、リベラルもまたロシアを敵と見なしている、としている。

政府、主流メディア、教会、学校などによって多くのことについて多くのやり方で我々が嘘をつかれていることがわかったのは哀しく、非常に悲しく、不幸なことである。我々は、マトリックス(基盤:胎盤)の中に生きている、社会的マトリックスの中に。ブッダはまた、私たちは錯覚(無明)、即ち知覚的・概念的なマトリックス(縁起世界)の中に生きていると言った。

– 広告 ​​-

真実アウトリーチ広告

今では「1984年」の本もあまりにも控えめだったようだ。より多くの人々が目を覚ます時だ。

「悪魔の偽旗帝国:Diabolic False Flag Empire:デービッド・レイ・グリフィン(David Ray Griffin)の「アメリカの軌跡:神的か魔的か(The American Trajectory:Divine or Demonic)の書評」の記事(2018年9月6日)で、「 エドワード・カーティン(Edward Curtin)は、真実に対する大きな抑圧があり何百万もの人々が悲劇的に殺されたことを我々に思い起こさせる。私の問題は、どのようにして平和的で愛情豊かで幸せな世界を創り出すかということだ。

“過去は死んでいない、眠っているのは人々である。我々が持っている現状の闇夜と白昼悪夢は、現在まで続く我々の過去に深く宿っている諸殺人に起因している。どれ程健忘症の振りをしようと、我々に安直な恩寵を与えるアメリカの歴史の血塗られた真実を消す事はなかろう。ハロルド・ピンター(Harold Pinter)氏がノーベル賞受賞の言葉で言ったように、我々は 悲観論者の指導者達とそのメディアのマウスピース(吹き口)が非常に長い間ついていた嘘に取り囲まれて「巨大な嘘の壁掛け(タペストリー)」を食べて生きていたのだ。真実と国内外の何百万人もの邪悪な殺人の事実を抑圧することに我々が積極的なあるいは沈黙の共犯者であったことを認めていないことに我々は悪い良心を持っている、あるいは(良心が悪い自覚:両親の呵責を)持つべきである。」

もっと多くの人々が目を覚ます時である。

仏教哲学と専心(マインドフルネス)瞑想の実践は、世界のテロリズムに対する解毒剤を提供することができる。ロザンヌ・A・ボストニアン(Rosanne A. Bostonian)は、「菩薩の道」と題した記事で、「菩薩とは、可能な限り他者に利益をもたらす者であり、特に無知や自意識の束縛から解放することを目的としている。」

社会参加仏教について仏教者は何であるか」と題した記事で、デヴィッド・R.・ロイ(David R. Loy)は述べている:

「伝統的な仏教は社会的な関心についてはほとんど言及していない。アジアの仏教は決して社会改革の希望を提供してこなかったという結論を避けるは難しい。社会的(世俗)世界は輪廻の一部であり、苦悩と貪欲の領域であり、仏教の道は社会的病弊に対する政治的解決策ではなく、それに対する個々人への代替(平安と無欲:涅槃)を与えることである。」と言っている。言い換えれば、仏教は明確な社会的プログラムを提供していないが、地球的平和と正義の運動に霊的次元を加えることができるのである。

ティク・ナット・ハン(Thich Nhat Hanh、2017年4月12日)の「(社会政治)参加仏教の14の教え(戒)」(クリックで原文)は地球的平和と正義の運動への智恵を提供する。

婚約仏教の14戒:

1.教義、理論、イデオロギーには、例え仏教的なものでも、偶像崇拝せず縛られるな。仏教の思想体系は案内の手段であり、絶対的な真実ではない。

2.現在持っている知識が不変、絶対的な真実であるとは思うな。偏狭にならず現在の見解に縛られるな。他人の視点を受け入れることに開放的であるように諸見解への執着から自由になることを学び実践せよ。真実は概念的な知識だけでなく、生の中にも見出される。一生を通して学び、自身と世界の現実を常に観察する用意をせよ。

3.権威、脅迫、金銭、宣伝、あるいは例え教育でも、いかなる手段によっても、自分の見解を採用するように子供を含む他の人に強制するな。しかし、慈悲ある対話によって他の人々が狂信と偏狭を放棄のを助けよ。

4.苦を見たら苦との接触を避けたり目を閉じるな。世界の生における苦の存在の覚知を失うな。個人的接触、訪問、想像、音声を含め、苦しむ者達と共にある方法を見い出せ。そのような手段によって自身や他人を世界の苦の現実に目覚めさせよ。

5.何百万人もの人々が飢えているのに富を蓄積するな。名声、利益、富、または官能的な喜びをを人生の目的にするな。質素に生きて、必要としている者達と時間、エネルギー、物質的資源を共有せよ。

6.怒りや憎しみ持ち続けるな。それらが意識の中でまだ種子であるうちに貫通し転換することを学べ。それらが起きたら、憎しみの本性を見て理解するように呼吸に注意をむけよ。

7.気まぐれや周りの為に自分を失うな。現在の瞬間に起こっていることに戻って呼吸に専念する実践をせよ。自分の内外の驚異、爽快、癒しに触れておれ。自らの意識の深みでの転換の仕事を容易にする為に自分自身に喜び、平和、理解の種を植えよ。

8.不和を生じ、共同体が壊れるような言葉を発するな。どれ程小さくてもすべての紛争を和解し解決するためにあらゆる努力をせよ。

9.自己の利益や人を感銘させる為に真実でないことを言うな。分裂と憎しみを生む言葉を発するな。確かだと知っていないニュースを広めるな。確信していないことを批判し非難するな。常に誠実かつ建設的に話せ。例え自らの安全を脅かす可能性がある場合でも、不正義の状況について公に言明する勇気を出せ。

10.個人的な利得や利益のために仏教団体を使用したり、自分の団体を政党に変えたりするな。しかし、宗教共同体は、抑圧と不公正に対して明確な立場を取るべきであり、党派争いを起こさずに状況を変えるよう努力せよ。

11.人間や自然に有害な職業で生きるな。他者の生きる機会を奪う企業に投資するな。慈悲の理想を実現するための職業を選べ。

12.殺すな。他人に殺させるな。命を守り、戦争を防ぐために可能な如何なる手段をも探せ。

13.他人に属するべきものは何も所有するな。他の人の財産を尊重はするが、他人が人間の苦しみや地球上の他の種の苦しみから利益を得ないようにせよ。

14. 自分の身体を誤り使うな。それを大事に扱うことを学べ。自分の身体を単なる道具と見るな。(覚:仏)道の実現のために重要なエネルギー(性、呼吸、精神)を保存せよ。(僧侶や尼僧ではない:在家の兄弟姉妹は)愛と献身がなけれ性的表現をすべきではない。性的関係では起こりうる将来の苦しみに気付いていなければならない。他者の幸福を守るために、他者の権利と献身を尊重せよ。新しい生命を世界にもたらす責任を十分認識しておけ。新しい存在をもたらす世界を熟慮せよ。

∸「相依存在:参加仏教の為の14のガイドライン(Interbeing:Enged Buddhism)」改訂版:1993年10月Thich Nhat Hanh著、Parallax Press、Berkeley、California発行

今日は2018年9月11日である。我々は17年前に大規模なテロリストの隠蔽があったことと我々がその為に何をしているのかを常に意識して忘れず我々の意識からそれを除去してはならない。誰か気にする者はいるか?これらすべての霧の中に陥るのは簡単だが、我々は目を覚まさなければならない。哲学と神学の教授David Ray Griffinの9/11に関する本は常に私の好きな英雄だ。彼は賢明な人だ。私は彼がもっと長年生きていけることを願っている。

ウィキペディアから:9月11日の攻撃(も9.11とも呼ばれる)[A] は2001年9月11日火曜日の朝イスラムテロリストグループアルカイダ [2] [3] [4]gが米国に対して4回の連携した一連のテロ攻撃である。攻撃は2,996人を殺し、6,000人以上が負傷し、少なくとも100億ドルのインフラと財産の被害をもたらした。[5] [6] 攻撃の数ヶ月および数年後に追加の人々は9/11関連の癌および呼吸器疾患死亡した。https://en.wikipedia.org/wiki/September_11_attacks

筆者Roger Coppleは、ほとんどwww.OpEdNews.com (70の記事)のために書いています。彼はwww.NowSaveTheWorld.comというウェブサイトを持っています 。

(本記事は2018年9月11日14:45に変更されました)

(本記事は2018年9月11日14:53に変更されました)

 

評価を表示 | それを評価

opednews.com

私は、インディアナポリスで一般の小学校と高校の特殊教育を教えることから2010年に引退しました。私は政治理論、世界史、外交政策を研究することに興味があります。Bhagavad Gita、仏教の教えを統合すると、(もっと…

Google Plusで共有 Twitterに送信 このページをFacebookに追加! LinkedInで共有する ピンする! このページをFarkに追加! Redditに送信 偶然に提出する ソーシャルメディアでシェア作者   コメントへ行きます

ここに記載された意見は、著者個人の責任であり、必ずしもこのウェブサイトまたはその編集者のものを反映するものではありません。
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close