共・友が生き残りの道理・秘訣

NHKBS1人類誕生・未来編第2集「そして人類は生き残った」で赤ちゃんに蓋を開けようとする人形の邪魔をする人形と助ける人形を選ばせると93%の赤ちゃんは助ける人形を選ぶとしていた。人類が生き残ったのは助け合い(平和・平等・共同・協働:共・友)であって、奪い合い(戦争・差別・支配・搾取:摘・敵)ではない。

大きな集団が情報・道具などの共有・協働を生みホモサピエンスが生き残ったが、ネアンデルタールは屈強な体に拘わらず獲物が得られず滅びたと言う。(自己中の個人・企業・国家・宗教は滅び、一切共なる生き方こそ生き残る鍵である:核・戦争・温暖化・自然災害・大量絶滅などを考えよ)。

案内役のドク(タ―)は「生き残ったサピエンスが戦い始めたことは全く莫迦げたこと」だという(それが大所高所を失った短見・短絡の自己中の餓鬼・修羅・地獄道である)。

種を超えて交わったネアンデルタールの遺伝子が我々サピエンスの中に2%残り、その生命・勢力を生かしているという。

植物から酸素や衣食住を得て生きるのみならず、光センサーを得て視覚を発展させ、遠方・広大世界を見ることが出来ているのである。 

善い性質は生き残り栄えるのだ!

戦争は「国家」に名を借りた我・今・金だけの死の商人の我利我利亡者の為であり、一切衆生・永遠・生命の為ではない(核・戦争・基地・軍拡等に使う資源ー命・金・物ーを命・平和・教育・福祉:被災者・困窮者等の為に使え!!!

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close