文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2018/10/2) 深澤真紀 新潮45問題を語る&ABCラジオ おはようパーソナリティ道上洋三です、今西憲之 沖縄県知事選を語る

永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、火曜日の大竹紳士交友録は獨協大学の深澤真紀さんでした。パートナーははるな愛さんでした。

テーマは新潮45問題、先々週発売号で杉田氏擁護、そして新潮45は廃刊、佐藤社長は特集の中であまりの偏見と認識しても、謝罪ではないあいまいなコメント、書き手、書店、車内でも批判して、新潮社は社員350人、編集者ばかりではないが、9/25に廃刊、数年部数低迷で、企画をチェックできなかったと、言い訳ではない、しかし、この廃刊に新潮社で対応したのは役員で、社長や編集長は対応せず、休刊は逃げ、ここ数年の右傾化、若杉編集者になり右傾化して、休刊は、売れておらず、休刊の噂があり、なら止めろと逆ギレ的な休刊で、この休刊は問題があり、もっと右のWiLLとHanada、正論があり、次号で朝日新聞やリベラル系が新潮45を潰したと、LGBT差別に反対するものが悪という特集を組み、新潮45は責任を取っておらず、ここ数年の新潮社のことを検証すべき、深澤さんも出版に関わり、新潮45問題を検証すべき、過去に差別問題を起こした場合、検証して、問題を取り上げて再発防止をした例もあり、しかし新潮45は傷つけて、放り投げて、大問題なのは杉田水脈氏、LGBT差別は新潮45の編集者が書いたと週刊文春で語り、脅迫されて、新潮45については語らず、しかしフライデーによると、杉田水脈氏は自分の味方のいる講演会には行っており、来場者に新潮45の記事のコピーを配っている=反省していない、南京大虐殺はなかったということ集会で、杉田水脈氏はレイシストとされて、杉田水脈氏が正しいことを言うと、リベラル系に叩かれると被害妄想、杉田水脈氏のレイシスト講演会は中止、しかし杉田水脈氏は国会議員であり、南京事件はなかったという集会に出る前に、新潮45問題を説明すべき、税金で雇われる国会議員であり、杉田水脈氏は困ったもので、杉田水脈氏は国を思い、批判する=反日と決めつけて、ところが今朝の朝日新聞には、自民党の稲田氏が、保守は多様性を認めるべきと語り、稲田氏はその点ちゃんとして、ガス抜きで朝日新聞に出たのではない、稲田氏はLGBT差別に反対して、新潮45は休刊で逃げて、面倒くさいなら逃げる、であり、大竹さん責任逃れと言われて、深澤さん、新潮45の10月号は8月号への批判の反論であり、しかし役員は廃刊だからと逃げて問題であり、色々な出版社が右傾化雑誌を出すものの、今回の対応は無責任であり、そして他のネトウヨ雑誌がリベラル系を叩く方向になるが、新潮45に書いていた作家はどうなるか、対立、分断を作った責任を新潮社は取るべきで、検証した本を出せば売れる、弱者が得をしていると思い込んでいる人もあり、社会で分断が進み、相手を反対勢力と決めつけるようなもの、複雑なものを単純化するやり方は問題と締めくくられました。以上、深澤さんのお話でした。

 

ABCラジオの、おはようパーソナリティ道上洋三です、話のダイジェスト、ジャーナリストの今西憲之さんが出られました。富田林署からの逃走事件もお話されたものの、沖縄県知事選についての内容書き起こしをします。

今西さん、沖縄県知事選を現地で取材されて、先週投票前、23~25取材、デニー氏圧勝、オール沖縄の支援で闘い、安倍政権から見て、野党の枠を超えて、翁長知事の後継者として出て、佐喜真氏は政権与党の支持を大きく得て、組織選挙、東京から毎日大物が来て一緒に演説、デニー氏は東京の幹部が来ても、一緒に並ばず、好対照な選挙で、デニー氏は40万票近く取った、最大の争点は辺野古反対、2014年の翁長さんも圧勝、沖縄県民の民意であり、デニー氏は辺野古反対でも、普天間返還については明言せず、落としどころは難しい、沖縄に在日米軍の8割があり、沖縄の負担を減らすと言うものの、日米安保、地位協定で落としどころを探るには、日本だけでなく、アメリカ、中国、韓国、DPRKも関わり、様々なことを想定してアメリカは戦力を考えるもので、100点の答えはしんどい。

デニー氏は翁長さんの後を継いで、日本政府は辺野古の工事を続けたい、沖縄はデニー氏を選び辺野古NO、宙ぶらりん、普天間はそのまま、道上さん、沖縄の観光産業は北海道以上でも、資本の大半は本土と説かれて、今西さん、その通り、政権与党の推す佐喜真氏に入れてくれと言う企業は多かったが、デニー氏の支持はそれを超えていたもので、意味は大きく、前回の翁長さん、今のデニー氏も圧勝=沖縄は辺野古、米軍基地NOが沖縄の民意。

道上さん、沖縄県知事選と、富田林署からの容疑者逃走との関連を乱暴だがと問われて、今西さん、この前阪神の藤浪晋太郎が満塁ホームランを打った(笑)、21世紀初、偉大なことで、今西さん、選挙取材も多い中、あれほど政権与党の物量作戦を見たら、デニー氏は勝てないと思っていたが、それがデニー氏圧勝は意外、容疑者逃走は、富田林署から300km離れたところに逃走する意外性、大阪府警もまさか山口県まで逃げるとは思わず、沖縄県知事選も政権与党が勝つと思いきや意外性、正反対の結果、道上さん、世の中は大きなうねりと違うものもあると締めくくられました。以上、今西さんのお話でした。

沖縄県知事選について、神戸新聞の社説に的確なものがありました。

https://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201810/0011693846.shtml

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close