和歌山放送ラジオ ボックス(2018/11/2) 伊藤宏 国家、国民、沖縄無視の安倍政権と自民党を批判する!消費税の不透明さを批判する!

 永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学の伊藤宏さんでした。司会は赤井ゆかりアナウンサーでした。伊藤さん、日本シリーズでの広島の苦戦に苦い模様です。

 

 脳にきくニュース、リスナーより、伊藤さん、避難訓練や高校生津波サミットへの賛歌を評価されて、いつ大天災かもわからずとのメッセージがあり、伊藤さん、避難訓練は大事で、今週月曜日に伊藤さん高校生津波サミットについて、ボックスに電話出演、会場には行けず大事が、若い人たちが参加されて、避難、防災に考えるのは有意義、今年で3回目、また深めてほしいと説かれて、津波の日、各地の避難訓練はかつては形だけのものが実践的になり、日高高校にて、高校生が幼稚園児を誘導するもので、東日本大震災での釜石の奇跡だが、和歌山でそれの素地が作られている。

 先週は伊藤さんお休みの間に、様々なことがあり、安田純平さんの解放、サウジアラビアの記者殺害があり、そして国会が始まり、論戦より、安倍総理ははぐらかす答弁、与党の代表質問は安倍総理へのヨイショで質問ではなく、多数の与党から総理が出ても、国会と内閣は別、政党が姿勢を糺すべきなのに、野党が批判、与党はヨイショ、新閣僚のスキャンダルが出て、片山氏のスキャンダルについて、報じた週刊誌を提訴、佐川氏のように、裁判だからというのは、司法を隠れ蓑にして、麻生氏留任も問題、後世の歴史家の評価より、今の問題、責任を取らないのは大問題、消費税増税のこと、カードで割引→プレミアム商品券と右往左往、それなら増税せず、その予算を使うべき、何が何でも10%にするためにゴリ押し、何が足りないのか明らかにして、社会保障のためと言うものの、消費税導入から30年、社会保障は良くならず、年金受給年齢が上がり、こういうところ、社会保障は大事だが、切り詰めるべきものなのに、国会議員の歳費は上がり、無駄遣いをなくすべき、その意味でも麻生氏の責任は重く、後世の歴史家の評価にゆだねるな、であり、民主党政権時の仕分けは中途半端になったものの、税金を取るからには国民の納得させるものが必要で、沖縄のこと、安倍氏は沖縄に寄り添うといいつつ辺野古に新基地建設ゴリ押し、沖縄県知事選で辺野古に新基地建設はNOなのに、政府はちゃんと説明する責務があるのにそれをせずゴリ押し、このようなデタラメのまかり通る国になってしまい、言葉は丁寧でも、中身はなく、ちゃんと説明されず、安倍政権はちゃんと説明すべきと説かれました。

 

 さらに、信号機のない横断歩道、JAFの調査で9割止まらず、和歌山はワースト3位、一番高い長野県でも58%止まらず、意識調査で、対向車もいて、自分も止まろうとしているのに、対向車で行ってしまう、後ろに車がいるから、また横断歩道に歩行者がいるのに、伊藤さん、免許更新で違反者講習の際に、横断歩道に人がいたら注意しろとはあまり言われず、飲酒運転などを注意して、横断歩道に人がいたら止まるべきで、信号機の赤と黄の意味にも誤解があり、横断歩道に人がいてもなかなか渡らない、後ろから来た車にクラクションを鳴らされる、歩行者の意思表示なしで止まりにくいのは問題、車は歩行者に比べて強者、歩行者は弱者、自転車は信号機があっても突っ込む意味があり、歩行者にとっての横断歩道の意味、和歌山、人にやさしいところで、横断歩道にて止まるべき、赤井さんも以前に比べて止まらないと指摘されて、人を検知して止まる車もあるが、道路交通法があり、免許を受ける際に知っているはずで、横断歩道は免許を取る際に教えられて、横断歩道に子供がいたら止まる、子供は意思表示をして、大人も徹底すべき、飲酒運転は和歌山では意識は徹底されても、横断歩道にて、意識、これは知らないためで、それでワースト3、リスナーから、横断歩道で歩行者がいたら、車は止まらないといけない、赤井さん、横断歩道を渡り車に来られたと言われて、伊藤さん、歩行者と車の分離もあるが、違反者講習では交差点の事故は強調されて、信号をつけたら車が渋滞する意味があり、車が横断歩道では譲るべき、お辞儀してもらうと精神状態にもよく、笑顔で子供たちが渡るとほっこりする、安全運転、譲り合い、交通弱者を大切にするドライバーの意識を説かれて、赤井さん、車が来ていたら早足で渡ると言われて、伊藤さん、歩行者優先を説かれました。

 リスナーより、来年の消費税増税で、商品券と言うものの、それも国民の税金であり、高級品に高く課税すべきとあり、伊藤さん、お金持ちや大企業は優遇されて、収入の多い人は多く払うべき、社会保障では内部留保を企業はたくさん持ち、一企業で解決できず、国がお金の流れを検証して、公平感は難しいが、お金持ちが得をして貧乏人が損をするのはダメ、消費税増税は100%社会保障に使った証拠を示すべき、それでないと納得できず、政権与党の不祥事もあり、目的がはっきりしてクリアなら国民も納得するが、モヤモヤの中では反発すると説かれました。以上、伊藤さんのお話でした。


 

コメント:税金が国家・権力を支える。権力が国民の為にならなければ国民は納税拒否で権力を変えるべし(権力者でなく真公僕に変える)!

 

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close