李容浩DPRK外相の立場説明

 李容浩DPRK外相の立場説明

皆さま、梅林です。

 昨日の米朝のハノイ首脳会談の展開は予想外で、考えを整理するのに時間がかかり
ました。
 しかし、深夜の李容浩外相の立部説明文を見て、整理の入り口に立てた気がしま
す。皆さまもこれ(デジタル朝日の記事)を基礎に考えて下さい。
 各紙、夕刊に出るのではないかと思いますが・・
 <以下引用>
 北朝鮮の李容浩外相による立場表明(韓国メディアから)

 (今回の2回目の朝米首脳会談の結果について)我々の立場をお知らせする。質問
は受け付けない。

 朝米両国の首脳たちは今回、素晴らしい忍耐力と自制力をもって、2日間にわたっ
て、真摯(しんし)な会談を進めた。

 我々は昨年6月、シンガポールであった1回目の朝米首脳会談で、共同認識によっ
て成し遂げた信頼醸成と、段階的解決の原則にしたがって、この会談で、現実的な提
案を提起した。

 米国が国連制裁の一部、すなわち民間経済と、特に人民の生活に障害をもたらして
いる項目の制裁を解除すれば、私たちは(核施設のある)寧辺地区のプルトニウムと
ウランを含めた全ての核物質生産施設を、米国の専門家の立ち会いのもと、両国の技
術者たちの共同作業として永久的に、完全に廃棄するということだ。

 我々が要求したことは、全面的な制裁解除ではなく、一部の解除、具体的には国連
制裁決議、計11件のうち2016年から17年までに採択された5件、そのなかで
民間経済と、特に人民生活に支障を与える項目だけ、まず解除しろということだ。

 これは、朝米両国の間の今の信頼水準をみるとき、現段階で我々が出すことのでき
る最も大きな幅の非核化措置だ。

 我々が非核化措置をとっていくことにおいて、より重要な問題は、もともと安全を
担保する問題ではあるが、米国がまだ軍事分野の措置をとっていることを、より負担
に感じていることを踏まえて、部分的な制裁(解除)に相応の措置として提起したも
のだ。

 今回の会談で、我々は米国の憂慮をはらうために、核実験と長距離ロケット試験発
射を恒久的に中止するという確約などを文書の形で与える用意を表明した。

 この程度の信頼醸成の段階をへれば、今後、非核化の過程は、さらに早く前進でき
るだろう。

 しかし、会談の過程で、米側は、寧辺地区の核施設廃棄措置のほかに、もうひとつ
さらに行わなければいけないと最後まで主張し、これにより米国が我々の提案を受け
入れる準備がなされていないことは明白になった。

 現段階で、我々が提案したことよりも、さらに良い合意がなされるかは、この場で
話すことは難しい。

 そのような機会さえ、再び訪れることは難しいかもしれない。

 完全な非核化での路程には、必ずこのような初段階の工程が不可避だ。我々が出し
た最良の方案を必ず実現される方法を経ることになるだろう。

 我々のこのような原則的な立場には、いささかの変化もないだろうし、今後、米国
側が交渉を再び提案してきた場合にも、我々の方針には変化がないだろう。

電子メールアドレスが変わりました。umebayashihm@nifty.com
梅林宏道
 ピースデポ特別顧問
 長崎大学客員教授
 (ピースデポ事務所)
 〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-30-27-4-1F
 TEL: 045-563-5101,  FAX:045-563-7941

MLホームページ: https://www.freeml.com/abolition-japan

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close