輸出による製造業の売り上げ拡大はなかった“アベノミクス景気”Photo:PIXTA

純輸出の増加が牽引したのは
「いざなみ」と同じだが

 2012年末から始まった景気拡大は、02~08年の前々回の景気拡大(「いざなみ景気」)に匹敵する長さになり、最長を超えた可能性もいわれている。

 前々回の景気拡大は、輸出主導経済成長といわれた。今回の景気回復でも、円安や輸出が経済成長を牽引したという見方がある。

 確かに、金融緩和や大規模な為替介入が円安加速のきっかけになったという点では似ている。しかし、データを見ると、前々回と今回の間には大きな差がある。

 前々回は、輸出の伸びが製造業の売上高を増加させ、経済は量的に拡大した。

 ところが、今回の景気拡大期では、輸出が製造業の売り上げや鉱工業生産を伸ばした効果は認められない。

 純輸出が黒字になり、それが成長促進要因になったことは前々回と同じだが、それは原油価格の低下によって輸入が減少した効果が大きかった。

 原油価格下落が止まったので、このような成長は、今後は期待できない。

 図表1はGDP統計の名目純輸出の推移だ。

 いざなみ景気のもとでの景気拡大期には、純輸出は、08年7~9月期まで(つまり、リーマンショックの直前まで)継続的に黒字を続けた。それがGDP増加の主たる要因になった。

 また、図表2に示すように、輸出は、08年7~9月期まで(08年1~3月期に若干減少したことを除けば)増加を続けた。

 このときには、自動車を中心に対米輸出が増えた。また一方で製造業の国内回帰があり、シャープの亀山工場などの大規模な工場の建設が行なわれた。 

 このように、リーマンショックまでの経済成長は、確かに輸出がリードする外需主導型成長だったのだ。

 それに対して、今回の景気拡大期で純輸出が黒字になったのは、16年以降のことだ。

 また、輸出増加は13年1~3月期から始まったが、規模は前々回のような大きなものではなかった。

 そして、15年1~3月期からは、輸出の伸びが止まった。この期間も純輸出が増加を続けたのは、輸入が減ったからだ。

 これは、原油価格が下落したからだ。原油価格は、14年夏から16年夏まで下落し、その後、17年夏まで低位にとどまった。

 つまり、前々回の景気拡大期は輸出の増加による経済の量的拡大が顕著に生じたのに対して、今回は、その効果はそれほど顕著ではなかったのだ。

今回の景気拡大期は、
製造業の売上げは伸びなかった

 以上で述べたことは、法人企業統計によっても確かめられる。

 まず、製造業の売上高と売上原価の推移を見よう。

 図表3に示すように、前々回の景気拡大期では、売り上げが顕著に伸びた。6年間で2桁の伸びだ。これは、円安と世界景気拡大で、輸出が伸びたことの影響だ。

 それに対して、今回の景気拡大期では、図表4に示すように、売上高は、ごく最近になるまで増加しておらず、ならせばほぼ一定だ。