北方領土を「戦争で島を取り返す」のはダメで,南西諸島の「島嶼奪回作戦」はいいのか?

北方領土を「戦争で島を取り返す」のはダメで,南西諸島の「島嶼奪回作戦」はいいのか?

豊島です.おはようございます.
丸山穂高衆議院議員(維新)の,北方領土に関する「戦争けしかけ発言」が問題になっています.議員辞職に値することは言うまでもありませんが,このMLで問題にしたいのは,事実上同様のことを公然と述べた文書が政府機関によって出されているのに,平和運動側にもこれを咎める人がほとんどいないと言うことです.正確には,そのような批判の頻度が極端に少ない,と言うべきでしょうか.例えば,2018年防衛白書の「2 島嶼(とうしょ)部に対する攻撃への対応」の部分に[1]は,「島嶼への侵攻があった場合には、航空機や艦艇による対地射撃により敵を制圧した後、陸自部隊を着上陸させるなど島嶼奪回のための作戦を行う」とあります.また,2017年に佐賀空港オスプレイ配備計画での地権者説明会で配られた防衛省資料[2]の,「島嶼防衛や奪回」を説明する挿画も同様です.

自衛隊違憲論についても,護憲勢力はおそらく「戦術的配慮」というつもりでしょうが,あからさまにを言わなくなって久しくなります.「集団的自衛権」反対を強調するあまり「個別的自衛権」(もちろん軍事力による)はあたかも認めてしまったかのようです.一見,多様な意見の人々をまとめるのに合理的であるかのようですが,明らかな矛盾を含む論は説得力を欠くだけでなく,戦争容認への無限の後退につながりますし,実際そうなっています.

詳しくは今日未明のブログ記事に書きました.

北方領土を「戦争で島を取り返す」のはダメで,南西諸島の「島嶼奪回作戦」はいいのか?
https://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2019-05-14
——–
[1] https://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2018/html/n31202000.html
[2] https://www.mod.go.jp/rdb/kyushu/topics/168sagatikensyasetumei/siryou.pdf
(転載歓迎)

豊島耕一
ペガサス・ブログ http://blog.so-net.ne.jp/pegasus/
(記事数 1,539, アクセス累計623万 – 2019年2月15日現在)
http://twitter.com/yamamoto2007
http://www.facebook.com/kouichi.toyoshima
http://ad9.org/pegasus/Default.html
phone/fax: 0942-43-6184

ーーーーー

豊島さん、

この丸山穂高という名のひとの発言を知って唖然としました。というより、ここまできているのか、この日本国という国家の
ひとたちは、というおもいに暗澹としました。
「維新」などということばを麗々しく党の名にかかげている「エセ政治党派」の正体見たりです(参院選をまえにしてわわてて除名
したところで、責任はのがれられようもありません)。

戦争は政治の延長である、つまり、外交で敗北した側が戦争をしかける、といった、クラウゼヴィッツ流の思考は、
もはや、古びてしまった、というより、古びてしまったものと見なして却下すべきです。 

公然の秘密として、現安倍政権は、戦争への体制を着々とととのえつつあります。
御指摘のように、沖縄周辺の諸島嶼への戦力配備、島南西諸島の「島嶼奪回作戦」策定などなど。
この事実を、多くの「国民」が、まだ知らない、知るすべもないままでいます。

こういう時点でこそ、わたしたちの側からのはたらきかけが肝要でしょう。
政権側の諸施策を暴露し糾弾すること。

「集団的」であろうが「個別的」であろうが「自衛権」なる権利に関する諸施策は、すべて
日本国憲法の根本精神である「戦闘否認」「戦力不保持」「交戦権否認」をおかす行為であることを、
「国民」全体にはっきりと知ってもらうことが肝要です。

ひこ
ーーーーー
豊島さま、ひこさま
共感します。
>自衛隊違憲論についても,護憲勢力はおそらく
>「戦術的配慮」というつもりでしょうが,
>あからさまにを言わなくなって久しくなります.
日米安保違憲論も「あからさまに言わなくなって久しくなります」ね。
「あからさまに言い続ける」人々が、「勢力」「陣営」としてはいなくなってしまってから後にモノゴコロがついた世代の人々は、「自衛隊違憲論」「日米安保違憲論」なんてほとんjんど聞いたこともない。
たまにチラっと耳にしても、あまりにも「世間のジョーシキ」とかけ離れていて、「そんなこと言って何になる?」としか思えなくなっているのでしょう、
枝野氏は「自衛隊が合憲であることは決着済みだから、自衛隊明記の改憲に反対だ」と言う・・・これでは「安倍9条改憲/自衛隊を明記しても何も変わらない」を半分は容認しているようなものです。
感想めいたことを言えば、「人の命への想像力がない」。
特に、「殺せ」と命令する「力」を持つ側は、ほとんどリアルに人の命への想像力を働かせることがない。
「殺すな」以上に「殺さしめるな」が9条(特に2項)の重要な命題なはずです。
何か-特に子どもや自分の命-を「守る」ために、個人がとっさに、正当防衛・緊急避難として相手を殺傷してまうことは、起こりえることだと思います。
でも「国を(ときには「大義」を)、守るために、相手を殺せ」と命令することは、絶対的に許されない。
「北方領土を「戦争で島を取り返す」のはダメで,南西諸島の「島嶼奪回作戦」はいいのか?」
とても重要な問いかけで、多くの「護憲派」に真剣に考えて欲しいですが、正直、今、それを出してもスルーされてしまうでしょう。
その状態にクサビを打ち込むことを優先するのか、それとも「かなりのことに目を瞑っても野党共闘」を優先するのか?
本当は二者択一ではないはずなのですが、私自身、後者の方向に流されてしまっています。
(特に「ピースハートぎふ」事務局長としての立場を考慮すつと、自らの言動に一定の枠を填めてしまっています)
「今どきストライキかよ」というのが関西生コンに対して、警察・検察、レイシストが一体になって浴びせている言葉です。
「今どきストライキかよ」が「世間一般のジョーシキ」になってしまったから、彼らは「安心して」闘う(真っ当な)労働組合つぶしにかかっているわけです。
「今どき自衛隊違憲論かよ」「今どき日米安保違憲論かよ」のジョーシキを反転させるには、何をなすべきか?
*************************************
近藤 ゆり子  k-yuriko@octn.jp
*************************************
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close