文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2019/5/17) 山口一臣 ゴーン氏逮捕劇から日本の検察とメディアの病理を説く、会社組織の権力闘争に国家が介入する日本の異常さを説く!

文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2019/5/17) 山口一臣 ゴーン氏逮捕劇から日本の検察とメディアの病理を説く、会社組織の権力闘争に国家が介入する日本の異常さを説く!

 

 永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、大竹紳士交遊録、今週も金子勝さんけがでお休み、ピンチヒッターはジャーナリスト、元週刊朝日編集長の山口一臣さんでした。パートナーは室井佑月さんでした。金曜日はギリギリまで攻める室井さん相手です。太田英明さんも同席です。山口さん、パワーニュース(https://news.yahoo.co.jp/byline/yamaguchikazuomi/  )を主宰されて、技術とニュースに取り組まれています。人脈もかつてと同じとのことです。

 今回のネタは、ゴーン氏のこと、なぜこの話か?ゴーン氏は還暦祝いを会社の金でやって、テレビで豪華ニュースだが、これは分かりやすい情報操作、日産はゴーン氏に損害賠償をする方針、まだやっていない段階であの絵、さらにフランス人は還暦など祝わない、丙午も漢字文化圏の文化で、60歳記念はあり得るが、ルノーと日産の提携記念というものの、テレビではゴーン氏還暦祝いとみんな思う、情報操作でやり、主犯は検察、有罪に追い込めない、検察は小沢一郎氏、村木さんの冤罪があり、山口さんはゴーン氏擁護ではなく、検察がおかしい。

 室井さん、DPRKのロケットをマスメディアは飛翔体と言い換えたことを問われて、山口さん、ゴーン氏事件は逮捕で驚き、ネガティブキャンペーンばかり、収入を過少申告なのに脱税ではなく、有価証券報告書に書いていなかったので逮捕→おかしい+もらっていないが、もらう約束のお金を有価証券報告書に書いていなかった、これは書く必要はもちろんなく、室井さん、このネタはワイドショーが爆発しても、どちらの味方もしたくない、山口さん、有価証券報告書は投資家のためで、しかしゴーン氏のことは犯罪ではなく、報道では、会社の金で世界中に豪邸を持つものの、会社名義=ゴーン氏のものではない、ゴーン氏のものなら普通に考えたら横領、室井さん、なら従業員の賃金上げろ、山口さん、会社がVIP接待の施設はあり得て、会社の施設なら税金対策、自分の名義なら横領なのにこれは報じられず、夫人にクルーザー買ったことも忘れられて、印象操作であり、本来なら逮捕はもっと重い罪で保釈はない、山口さん、「報道を疑うべき」、太田さん、私腹を肥やしたものをメディアはバッシングと説かれて、山口さんも、ゴーン氏はいい人ではない、ワンマン経営と私物化、しかしそれは犯罪とは直接関係ないもので、大竹さん、日本の人質司法を問われて、これも大問題と重なると説かれて、取り調べは可視化されず、山口さん、ゴーン氏は奥さんと会えず、人権侵害、検察は国家に大事で、国民の信頼がないとならず、しかし国策捜査して、ルノーもゴーン氏を切るのはおかしい、社内の権力闘争に国家権力は介入してはならないのに日本だとやられていて大問題であり、役員は知っていたはずで、ゴーン氏をモンスターにした役員の責任も大きく、それも問わないといけないと説かれました。来週金子さん復帰で、また山口さんに来てほしいと締めくくられました、以上、山口さんのお話でした。

 

 

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close