小林圭二氏の訃報

こんにちは!

《パレスチナに平和を京都の会》の諸留(もろとめ)能興(よしおき)です

 

既にご存知の方もいらしゃるかとは思いますが、小林圭二氏の訃報です

 

私の友達の新開純也氏からのメールを転送します

 

———以下、新開純也氏からのメールの転送文です————-

 

訃報です

闘病中だった小林圭二さん死去との知らせを今受けました。残念です。

小林は僕にとっては1959年同期入学、60年安保闘争を共にして以来の友人でした。また我々の反戦・反貧困・反差別共同行動の設立以来の世話人でもありました。

熊取6人衆の一人として一貫して反原発運動に貢献し、2011年3・11以降も大活躍でした。3・11の直後急遽彼に依頼して狭い「きずな」事務所で“講演会”をひらいたら40人程しか入らない部屋に100人程の人が地べたに座って話を聞いたことを思い出します。また12年の大飯原発再稼働に際しては何度も一緒におおいに足を運んだことETC思い起こします。

彼は我々(私)と違って{誠実}を人格化してような人でした。反原発運動に“実績のなかった”反戦共同がそれなりの役割を果たせたのも彼が世話人におり何かとアドヴァイスしてくれたからでした。僕個人も、“小林の友人”ということでどれほど助けられたか。

この数年すい臓がんを患い闘病中でした。合掌    新開

 

—-以上が、新開氏からのメールの転送文です————

 

 

 以下は、私(諸留)の新開純也氏への返事のメール文です

 

新開 さま・・

いつもメール送信下さりありがとうございます

《パレスチナに平和を京都の会》の諸留(もろとめ)能興(よしおき)です

 

小林圭二先生の御逝去の御知らせ、ありがとうございます

そうでしたか・・・・本当に残念ですね。

 

彼の誠実な生き方に、遠くから、敬服しておりました。

小生も、湯川秀樹氏に憧れ、原子力や核物理学関係の

学問をしたくて、東北の田舎から京都へ出てきたのですが

いろいろ事情があって、その後、農業経済学に専攻変更しましたが

学者世界の講座制体制の旧態依然たる封建的、徒弟制度的な人間関係に、

ホトホト嫌気がさして、大学アカデミズムに研究者として留まる生き方を放棄し、

キリスト教神学を学び直したくなって

定時制の夜間高校の教師をしながら、

同志社大学進学部大学院で聴講生として7年間、

旧約聖書神学やヘブライ語、ギリシャ語、ラテン語を学びながら

キリスト教社会の裏面の反ユダヤ主義問題と

それと表裏一体のパレスチナ難民問題、とくにガザ地区の

パレスチナ難民の子供たちへの支援活動のNGOを

続けて参りました。

 

でも、その間も、同時に、核物理学への関心も捨て去ることなく

難しい高等数学を使う定量的なデーターの解析批評まではできずとも

定性的な、核科物学に関する基本情報は、現在に至るまで

データーや情報収集も継続し続け、国内外の核物理学の最新の動向にも

関心を払い続けて参りました。

 

 その間、小出裕章先生や小林圭二先生などとの出会いを通し

目立たないところで、こうしてコツコツと誠実に核物理学を

ライフワークとしてきている学者さんもいらしゃったことを知り

大いに、励ましと、勇気と、希望を感じさせられておりましたので

とても、残念に思っております。

 

小生の管見ですが、戦後の科学者で、最も確かな科学者は

朝永振一郎先生が唯一、ただ一人だったように思われます。

朝永先生は、

「科学は、人間にとって単に便利性だけでなく、悪魔性も同時に持っています。

この点を、はっきり意識することは、科学者として、大変大切な点です」

と、明白に指摘し、断言されておりました。

 

それをキッパリ言い切っている自然科学者は

私の知る限り、この朝永振一郎先生、一人ですよね。

湯川秀樹先生も、山中伸弥先生も、長崎の永井隆氏も・・・

この一点では、みなさん、あいまいだったり、フラフラしておられますよね!

 

理系・文系を問わず

人間観や人はいかに生きるべきかの思想の希薄な「科学屋」はゴロゴロしていますけど、

人間の持つ悪魔性、自己中性を、透徹したまなざしで見据えている「科学者」は、

ほんとうに希少ですよね!

 原子核物理学だけに留まらず、生物遺伝子工学でも、IT工学でも・・・

全く同様の、便利性と裏腹の悪魔的な研究が、ますます専門分化しつつある時へと

突入しつつある昨今ですよね・・・!!

 

小林圭二先生や、小出裕章先生は、そうした当世にあって

数少ない「真の科学者」だなぁ・・と、思ってきておりましたので、本当に残念です。

 

御魂が安らかでありますように、心からお祈り申し上げます 合掌

 

2019年5月28日() pm23:00 送信

 

 

————————————————

《パレスチナに平和を京都の会》

諸留(もろとめ)能興(よしおき)

611-0002 京都府宇治市木幡赤塚63-19

Yoshioki-afym@kcn.jp

[]090-1240-7715

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close