一部の人だけに「お金」が集まり続ける理由 

一部の人だけに「お金」が集まり続ける理由 

そもそも「お金」とは何なのか?

 考古学者によると、世界最古の文字はメソポタミアで誕生したらしい。メソポタミア
はいまのイラクとシリアのあたりだ。では、文字を使って何を記録したのだろう? 農
民がそれぞれ共有倉庫に預けた穀物の量を記録していたのだ。

 倉庫の共有は、とても理にかなっている。農民が一人ひとり倉庫を建てて穀物を貯蔵
しておくなんて面倒だし、みんなで同じ倉庫を使って、番人に見張ってもらうほうがず
っと楽だ。

 でも、そうなると預かり証のようなものが必要になる。たとえば、「ナバックさんは
100ポンドの穀物を預けた」と証明するものが要るはずだ。

 文字が生まれたのは、そんな記録を残すためだった。記録があれば、それぞれの農民
が何をどれだけ共有倉庫に預けたかを証明できる。

 だから、農耕が発達しなかった社会では、文字は生まれなかった。木の実も果物も肉
も魚も十分にあったオーストラリアのアボリジニや、南アフリカの先住民の社会で、音
楽や絵画は発達したけれど文字が生まれなかったのはそのせいだ。

「信用」がなければお金に意味はない

「ナバックさんがどれだけ小麦を預けたか」を記録するようになったことが、債務(借
金)と通貨のはじまりだ。古文書によると、多くの労働者への支払いに貝殻が使われて
いたようだ。畑で働いた労働時間を穀物の量に換算し、主人がその数字を貝殻に刻んで
労働者に渡していた。貝殻に刻まれた穀物の量は、まだ収穫されていないので、それは
ある意味で主人が労働者に返すべき借金のようなものだった。

 また、その貝殻は通貨としても使えた。労働者はほかの人がつくった作物と、その貝
殻を交換することができた。

 硬貨が最初にどう生まれたかという話はとても面白い。取引に使うために硬貨が生ま
れたと思っている人は多いが、そうではない。

 少なくともメソポタミアでは、農民がどれだけ支払いを受けられるかを記録するため
に、実際にはありもしない仮想の硬貨の量を書き入れていた。たとえば、台帳には「ナ
バックさんは硬貨3個分の穀物を受け取った」などと記録された。だが実際に硬貨がつ
くられたのは、それよりもずっとあとになってからだ。するとこの「硬貨」は取引をう
ながすための想像上の通貨だ。つまり、仮想通貨みたいなものだ。

 だから、いまは昔と違ってデジタル技術のおかげで仮想通貨の支払いが可能になった
と言う人がいたら、それは?だと教えてあげるといい。仮想通貨は経済が生まれたとき
からずっと存在した。1万2000年前に農業革命が起きて最初の余剰が生まれたときから
ずっと。

 じつのところ、金属の硬貨がつくられてからも、硬貨は重すぎて持ち歩けなかった。
そこで、ナバックさんが受け取れる作物の価値は、鉄の重さに置き換えて表されていた

 いずれにしろ、ナバックさんはポケットに硬貨を入れて持ち運ぶことはなかった。ナ
バックさんが持ち歩いていたのは、ただの借用証書だった。それは、穀物の重さが刻ま
れた貝殻だったり、鉄の重さが記録された何かだった。大きな鉄の塊りを持ち歩くこと
はできなかったからだ。

 こうした借用証書にも、仮想通貨にも共通することがある。どちらも、使ってもらう
には、あるものがたくさん必要になる。そのあるものとは「信用」だ。

 ナバックさんは、穀物が収穫されたら、倉庫の番人が自分の受け取るべき穀物を渡し
てくれると信じていなければならない。というか、信じていたはずだ。

 ナバックさんの貝殻と、石油や塩や建築資材を交換してくれた人たちもきっと、その
貝殻を信じていたに違いない。これが「クレジット」という言葉の語源だ――もともと
は「信じる」という意味の、ラテン語の「クレーデレ」という言葉からきている。

 みんなが貝殻(通貨)を信用して、貝殻に価値を認めるようになるには、とても力の
ある誰かや何かが支払いを保証してくれることを、全員が認識していなければならなか
った。たとえば昔なら神託を受けた支配者や、高貴な血筋の王様や、そのあとになると
国家や政府が保証してくれることが必要だった。

 たとえ支配者が死んだとしても、ナバックさんが将来かならず約束の穀物を受け取れ
るような、信頼できる権威の裏付けが必要だった。

官僚、軍隊、宗教――支配者が支配し続けるために必要なもの

 債務と通貨と信用と国家は固く絡み合っている。債務がなかったら、農作物の余剰を
簡単に管理できなくなる。債務が生まれたおかげで、通貨が流通するようになった。し
かし、通貨が価値を持つためには、何らかの制度や組織、たとえば国家が、通貨を信頼
できるものにする必要があった。

(注:余剰について。本書第1章によると、1万2000年前に農耕が発明されてから初めて
「余剰」という経済の基本となる要素が生まれた。狩りや漁をしていた時代は、獲物が
腐るので余剰は生まれなかった。農耕が始まって初めて、将来のために作物を溜めてお
くことができるようになり、余剰が生まれた)

 経済について語るとはつまり、余剰によって社会に生まれる、債務と通貨と信用と国
家の複雑な関係について語ることだ。

 この複雑な関係をひもといていくと、余剰がなければ国家はそもそも存在しなかった
ことがはっきりとわかってくる。

 国家には、国の運営を支える官僚や、支配者と所有権を守ってくれる警官が必要にな
る。支配者は贅沢な暮らしをしていたし、守るものも多かった。だが、よほど大量の余
剰作物がなければ、大勢の官僚や警官を養っていくことはできない。軍隊も維持できな
い。軍隊がなければ、支配者の権力や、ひいては国力が維持できない。国力が維持でき
なければ、外敵が余剰作物を狙って攻めてくるかもしれない。

 だから、官僚と軍隊が存在できたのは余剰のおかげであり、余剰があるから官僚と軍
隊が必要になったとも言える。聖職者もそうだ。「え、神父さんや牧師さんが余剰に関
係あるの?」と思うかもしれない。それが、関係があるのだ。宗教が生まれたのも、も
とはといえば余剰ができたからだ。

 なぜそうなのか、これから見ていこう。

 農耕社会が土台になった国家ではいずれも、余剰の配分がとんでもなく偏っていた。
政治家や軍隊や社会的な地位の高い人たちが、あり得ないほどたくさんの分け前にあず
かっていた。

 しかし、支配者にいくら力があっても、ものすごい数の貧しい農民が集まって反乱で
も起こしたら、すぐに転覆するのは目に見えている。

 では、支配者たちはどうやって、自分たちのいいように余剰を手に入れながら、庶民
に反乱を起こさせずに、権力を維持していたのだろう?

「支配者だけが国を支配する権利を持っている」と、庶民に固く信じさせればいい。自
分たちが生きている世界こそが最高なのだという考えを植えつければいい。すべてが運
命によって決まっているのだと思わせればいい。庶民の暮らしは、天からの授かりもの
だと信じさせればいい。天からの授かりものに異を唱えたら、この世がとんでもない混
乱に陥ってしまうと思わせればいい。

 支配者を正当化する思想がなければ、国家の権力は維持できなかった。支配者が死ん
でも国家が存続し続けられるような、国家権力を支えるなんらかの制度化された思想が
必要だった。そして、思想を制度にするような儀式を執り行ったのが、聖職者だ。

 大量の余剰がなければ、複雑な階層からなる宗教組織は生まれていなかった。という
のも、「神様に仕える」人たちは、何も生み出さないからだ。

 その時代は、余剰が全員に行きわたるほど多くはなかったので、食べ物をほんの少し
しかもらえない庶民がいつ反乱を起こしてもおかしくなかった。宗教の裏付けがなけれ
ば、支配者の権威は安定しなかった。だから、何千年にもわたって、国家と宗教は一体
となってきたのだ。

https://diamond.jp/articles/-/197927

==
==

お金を持っている人は「自分は偉い」と思ってしまう!?

君にはそれが「当たり前」だと思ってほしくない

 先ほど、聖職者とその役割について話したときに、支配者が余剰を独り占めしても許
されるような考え方が植えつけられたと言った(前回記事「一部の人だけに『お金』が
集まり続ける理由」参照)。

 金持ちも貧乏人も、そんな考え方を当たり前だと思うようになってしまっている。

 金持ちは、自分がカネを持つに値する人間だと思い込んでしまう。君自身も、気づか
ないうちに矛盾した思い込みに囚われているはずだ。

 お腹を空かせて泣きながら眠りにつく子どもたちがいることに、君は怒っていた。

 だけどその一方で、(子どもはみんなそうだが)君自身はおもちゃや洋服やおうちを
持っているのを当たり前だと思っているはずだ。

 人間は、自分が何かを持っていると、それを当然の権利だと思ってしまう。何も持た
ない人を見ると、同情してそんな状況に怒りを感じるけれど、自分たちの豊かさが、彼
らから何かを奪った結果かもしれないとは思わない。

 貧しい人がいる一方で、金持ちや権力者(といってもだいたい同じ人たち)が、自分
たちがもっと豊かになるのは当然だし必要なことだと信じ込むのは、そんな心理が働く
からだ。

 しかし、金持ちを責めても仕方がない。人は誰でも、自分に都合のいいことを、当た
り前で正しいと思ってしまうものだ。

 それでも、君には格差が当たり前だとは思ってほしくない。

 いま、十代の君は格差があることに腹を立てている。もし、ひどい格差があっても仕
方ないとあきらめてしまいそうになったら、思い出してほしい。どこから格差がはじま
ったのかということを。

 赤ちゃんはみんな裸で生まれてくる。高価なベビー服を着せられる赤ちゃんがいる一
方で、お腹を空かせ、すべてを奪われ、惨めに生きるしかない赤ちゃんもいる。それは
赤ちゃんのせいではなく、社会のせいだ。

 君には、いまの怒りをそのまま持ち続けてほしい。でも賢く、戦略的に怒り続けてほ
しい。そして、機が熟したらそのときに、必要な行動をとってほしい。この世界を本当
に公正で理にかなった、あるべき姿にするために。

https://diamond.jp/articles/-/198630

「父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」
ヤニス・バルファキス 著/関 美和 訳
十代の娘の「なぜ、世の中にはこんなに格差があるの?」というシンプルな質問をきっ
かけに、元ギリシャ財務大臣の父が経済の仕組みを語る。「宗教」や「文学」「SF映画
」など多彩な切り口で、1万年以上の歴史を一気に見通し、「農業の発明」や「産業革
命」から「仮想通貨」「AI革命」までその本質を鮮やかに説く。

「経済学を教える中でさらに強く感じてきたことがある。それは『経済モデルが科学的
になればなるほど、目の前にあるリアルな経済から離れていく』」
「誰もが経済についてしっかりと意見を言えることこそ、いい社会の必須条件であり、
真の民主主義の前提条件だ」
「いま、私たちは日替わりのニュースについて意見を交わすのに忙しく、本当に見るべ
きものが見えなくなっている」
「私たちの人生を支配している資本主義という怪物とうまく共存することができなけれ
ば、結局は何もかも意味をなさなくなってしまう」
「農作物の生産によって、はじめて本物の経済の基本になる要素が生まれた。それが『
余剰』だ」
「農作物の余剰が、人類を永遠に変えるような、偉大な制度を生み出したということ。
それが、文字、債務、通貨、国家、官僚制、軍隊、宗教といったものだ。テクノロジー
も、最初の生物化学兵器を使った戦争もまた、もとをたどると余剰から生まれている」
「こうした仮想通貨にも共通することがある。どちらも、使ってもらうには、あるもの
がたくさん必要になる。そのあるものとは『信用』だ」
「経済について語るとはつまり、余剰によって社会に生まれる、債務と通貨と信用と国
家の複雑な関係について語ることだ」
「宗教が生まれたのも、もとはといえば余剰ができたからだ」
「『支配者だけが国を支配する権利を持っている』と、庶民に固く信じさせればいい。
自分たちが生きている世界こそが最高なのだという考えを植えつければいい。すべてが
運命によって決まっているのだと思わせればいい。庶民の暮らしは、天からの授かりも
のだと信じさせればいい。天からの授かりものに異を唱えたら、この世がとんでもない
混乱に陥ってしまうと思わせればいい」
「支配者を正当化する思想がなければ、国家の権力は維持できなかった。支配者が死ん
でも国家が存続し続けるような、国家権力を支えるなんらかの制度下された思想が必要
だった。そして、思想を制度化するような儀式を執り行ったのが、聖職者だ」
「余剰を蓄積するには、権力の集中が必要で、権力が集中するとさらに余剰が蓄積され
、富が支配者に偏っていった。それが『寡頭制』だ」
「金持ちは、自分がカネを持つに値する人間だと思い込んでしまう」
「何も持たない人を見ると、同情してそんな状況に怒りを感じるけれど、自分たちの豊
かさが、彼らから何かを奪った結果かもしれないとは思わない」
「金持ちを責めても仕方がない。人は誰でも、自分に都合のいいことを、当たり前で正
しいと思ってしまうものだ」
「値段が高いほうがいいものだと思っている人は多い。しかも、支払ってもらえる金額
が多ければ多いほど、人はそれを売りたくなるはずだと思い込んでいる人も多い。だが
、そうではない」
「値段がつかないものや、売り物でないものは価値がないと思われ、逆に値段のつくも
のは人の欲しがるものだとされる。だがそれは勘違いだ」
「『皮肉屋とは、すべてのものの値段を知っているが、どんなものの価値も知らない人
間』だとオスカー・ワイルドは書いた。現代社会はわれわれを皮肉屋にしてしまう。世
の中すべてを交換価値でしか測れない経済学者こそ、まさに皮肉屋だ。彼らは経験の価
値を軽んじ、あらゆるものは市場の基準で判断されると思っている」
「ほとんどのものが広い意味での家庭内で生産されていたことからできた言葉が、『オ
イコノミア』だ。家庭という意味の『オイコス』と、法律、ルール、制約という意味の
『ノモイ』が一つになって、『オイコノミア』という言葉が生まれた。この『オイコノ
ミア』こそ、『エコノミー』の語源だ。エコノミーとはもともと、『家庭を運営し、管
理するための法則』というような意味だった」
「産業革命の最初の具体的な形が、工場だった。詩人のウィリアム・ブレイクが『暗い
悪魔のような工場』と呼んだその場所で、行き場を失った農奴たちは、人類史上はじめ
て工場労働者として蒸気機関と隣り合わせて汗を流して働くようになった」
「賃金労働者は自由意思で働けるようになったものの、市場の慈悲に頼らなければなら
なくなった」
「利益の追及が人間を動かす大きな動機になったのは、借金に新たな役割ができたこと
と深いつながりがある」
「人助けの場合には、正しいことをしたという満足感が経験価値になる。人を助けると
自分の心が温かくなる。(中略)しかし、ローン契約の場合、見返りに何か交換価値の
あるものを余分に受け取れることが貸し手の行動の動機になる。それが利子の受け取り
だ」
「封建制度のもとで貴族階級が支配的な地位を維持できたのは、政治と軍隊と法律と慣
習のおかげだった」
「産業革命の原動力が石炭ではなく、借金だったことがわかっただろうか?こうして、
ひと握りの人たちが富を蓄積し、それ以外の人たちは耐え難いほどの悲惨な生活おしい
られるようになった」
「市場社会にとっての借金は、キリスト教にとっての地獄と同じだ。近寄りたくはない
けれど、欠かせないものだ」
「信仰や教義を脇に置き、借金に利子を課すことを法的に禁止しなくなってはじめて、
産業革命は花開いた」
「現代の経済は、生き物の生態系と同じで、循環しなければ崩壊してしまう」
「人間はこの地球から作物を収穫する能力があるのに、飢えた人たちにそれを食べさせ
るシステムをつくれていないと、スタインベックは嘆いた」
「ある時点で、社会全体が借金漬けになり、経済の成長がそれに追いつかず、利益を出
しても返済しきれない状況が訪れる。ここでみんなが思い描いていた未来はやってこな
いことに社会が気づく。未来から引っ張って借りてきた莫大な価値が実現できないとわ
かったとき、経済は破綻する」
「利益と富を生み出すまさにその仕組みが、金融破綻を生み出す、ということ」
「大量倒産、大量失業。それが、銀行の傲慢さの後に残る轍である」
「重要なのは、貝殻に刻まれた数字や、口座残高の数字を、人々が信用できるかどうか
だ」
「国家が銀行を救済し、経済が安定してしばらくすると、銀行家はまたアクセルを踏み
、どこからともなくおカネを生み出すようになる」
「こんな苦境に陥ったときに私たち市民を救済してくれるのは誰だろう?国家しかない
。返済できない債務は国家に帳消しにしてもらうしかない。国家が介入してくれてはじ
めて、債務の霧が晴れ、回復への道を歩むことができる」
「国家を民間企業の敵と批判する人たちは、国家が身の程をわきまえず収入以上に支出
すると大惨事が起きるという。だが、そんなのはたわごとだ」
「国債は市場社会における力関係の表れであり、金持ちが国家運営の費用を負担してく
れないことへの対応策なのだ」
「公的債務は良くも悪くも、市場社会という機会を動かしている『機械の中の幽霊』だ
ということだ」
「銀行はただの増幅器でしかない。市場社会が不安定である根本原因は別にある。原因
のもとを深く探っていくと、ふたつの特殊な『商品』の奇妙な性質に行き着く。そのふ
たつとは、労働力とマネーだ」
「被害者に対して被害者づらするなと言うことほど、相手を傷つけることはない」
「全員が協力しなければ目標を達成できないのであれば、成功には個々人の協力だけで
なく、個々人がみんなも協力するだろうと信じていることが必要になる」
「市場社会で利益を出そうともがいている企業家は、ほかの多くの人たちがどう考える
かを憶測し、その憶測に動かされる」
「労働市場は労働力の交換価値だけで動くものではない。経済の先行きに対する楽観と
悲観に左右されるのだ」
「不景気の最中に賃金を一律に引き下げても、雇用は増えないどころか逆効果になりか
ねない」
「経済が社会の『エンジン』で、借金が『燃料』だとしたら、労働力はエンジンに点火
するための『火花』で、おカネはエンジンがなめらかに動かし続けるための『潤滑油』
だ」
「デジタル化と人工知能による機械化と自動化が社会を根本から変えている」
「変革の目標が人間と機械を調和させることではなく、人間を機械に置き換えることに
なってしまっているのだ」
「機械は休むことなく働いて、驚くべき製品を大量につくりだしているが、われわれの
生活は楽になるどころかますますストレスの大きいものになっている」
「ラッダイトは歴史の中で最も誤解されている集団だ。彼らは機会を破壊したが抗議の
対象は機会ではない。ひと握りの人たちだけが機会を所有していることに抗議したのだ
。彼らは、テクノロジーではなく社会の仕組みに反旗を翻した」
「市場社会は技術革新を利用して人間をロボットに置き換えるだけでなく、人間がロボ
ットよりも安ければ、人間を機械代わりにしてしまう」
「経営者の夢は、どの企業よりも先に労働者を完全にロボットに置き換えて、利益と力
を独占し、ライバル企業の労働者の自分たちの製品を売りつけることだ」
「これまでとは違う『大転換』が必要なのだー機械を賢く使って、機械の労働がすべて
の人に恩恵をもたらすような大転換が」
「われわれ人間は、テクノロジーの可能性を余すところなく利用する一方で、人生や人
間らしさを破壊せず、ひと握りの人たちの奴隷になることもない社会を実現すべきだ」
「通貨の購買力は、その生産コストとは何の関係もなく、相対的な希少性または潤沢さ
によって決まるということだ」
「ものに対して貨幣の量が相対的に減ると、すべての物価が下がる。逆にシステム内の
貨幣総量が増えると、その反対のことが起きる。これが『インフレ』だ。
「経済は自然と違って、われわれがどう思うかに影響され、揉まれ、形づくられる」
「債務と税金ほど政治に左右されるものはない」
「通貨が国家からも政治的プロセスからも切り離せて、それが『人による』政府と政策
につながるという考えは、危険な幻想だ」
「通貨が政治と切り離せないことを認めたら、われわれにできることはひとつしかない
。通貨を民主化することだ。ひとり一票の重みを通して、通貨を管理する力を人々の手
に与えるしかない。それがわれわれの知っているただひとつの防御策だ」
「いま、もし人間と地球を救う望みが少しでもあるとすれば、市場社会では認められな
い経験価値をもう一度尊重できるような社会にするしかない」
「すべての人間がロボットを部分所有することで、テクノロジーを民主化すればいい」
「民主主義は不完全で腐敗しやすいが、それでも、人類全体が愚かなウィルスのように
行動しないためのただひとつの方策であることには変わりない」
「輝く物質が本物の金かどうかは、実験で証明できる。でも何が本当の幸せかは証明で
きない」
「自分の望みを一度に全部は叶えてくれない世界と衝突することで人格ができ、自分の
中で葛藤を重ねることで『あれが欲しい。でもあれを欲しがるのは正しいことなのか?
』と考える力が生まれる。われわれは制約を嫌うけれど、制約は自分の動機を自問させ
てくれ、それによってわれわれを解放してくれる。つまるところ、満足と不満足の両方
がなければ、本物の幸福を得ることはできない。満足によって奴隷になるよりも、われ
われは不満になる自由が必要なのだ」
「いまの経済は、人間の欲する目標を手に入れるのに適していないどころか、そもそも
手の届かない目標を設定したシステムなのだ」
「マスコミは、大勢の人の利益や地球の利益を犠牲にするような政治判断に大衆の合意
を取りつける手段になってしまっている」
「新しい現代の宗教こそ経済学だ」
「経済を学者にまかせるのは、中世の人が命運を神学者や教会や異端審問官にまかせて
いたのとおなじだ。つまり、最悪のやり方なのだ」

ーーーーー
コメント:宗教の淵源は一般には自然への畏敬(光熱・生命源の太陽、生死に関わる雷雨・暴風・洪水などの雷・雨・風・水等、狩猟・採取・生産などに関わる生物・土地等、生活の為の火・水・地等)が自然神へ、多神教から交替神教へ、交替神・少数神から一神教へ、そして一元論へと発展するのであり、余剰・階級・支配機構:文明以前に始まる。

MLホームページ: https://www.freeml.com/uniting-peace

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close