和歌山放送ラジオ 伊藤宏の脳にきくニュース(2019/6/1) トランプ大統領来日から日本政治の劣化を批判する!狂った日本社会を、熊取6人組の小林先生死去から告発する!

和歌山放送ラジオ 伊藤宏の脳にきくニュース(2019/6/1) トランプ大統領来日から日本政治の劣化を批判する!狂った日本社会を、熊取6人組の小林先生死去から告発する!

 

 永岡です、和歌山放送ラジオの、毎週金曜日のボックスコメンテイター、和歌山信愛女子短期大学教授、新聞うずみ火編集委員の伊藤宏さんの脳にきくニュースが第1土曜日にありました。司会は寺門秀介アナウンサーでした。

 

 報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さん、安倍政権のデタラメ、密約を報じないメディアをブログで批判されています。

https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12465450985.html

 

 伊藤さんのお話、令和フィーバーで5月は長く暑く、トランプ氏来日で大騒ぎであり、5月後半に大きなニュースで、トランプ氏来日について、令和初の国賓、5ランクのトップでトランプ氏を招いて、日米関係の緊密さはいいとしても、トランプ氏は何しに来たか?国賓、随行員、警備も最大で新天皇に会う以外はゴルフ、相撲、炉端焼き、外国のお客様を招くというより、ゴルフはアメリカでもできるし、相撲観戦は国技で女性アウトなどのしきたりを破り、升席に椅子、スリッパで土俵入りして、力士は前日に優勝だが、相撲はスポーツであんな大騒ぎで千秋楽を取るのは大変で、ことごとくテレビが追っかけ、終日トランプ氏+安倍総理、国賓だからではなく、二人でテレビに出まくり、親しさをアピールというのを超えて、これまでの国賓と異なり、その上口約束して、トランプ氏はツイッターで、国内では微妙なことをつぶやき、しかしトランプ氏で問題は貿易について、参院選後に発表は、選挙前に隠すのは問題で、F35という欠陥機を爆買い約束して、拉致被害者家族に会い100%観光旅行ではないが、それにしてもおかしい。寺門さん、安倍政権の側にメリットがあり、夏の選挙のデモンストレーションと伊藤さん説かれて、日本の危機的状況は政局で動く、大阪も徒抗争は反対していた自公が選挙で負けて擦り寄り、小選挙区で刺客に恐れて転向して、政治家ではなく政治屋がやり、アメリカと親密な環境なら、のめないことは拒否+選挙対策で後出しじゃんけんは有権者を馬鹿にしていて、政局がらみではおかしい、国民が無関心ではアカン、政局で動く政治、政治家と官僚の劣化、官僚が職場でシャブ中であり、そんなことのまかり通る世界は、スクラップアンドビルド、全員辞めさせて入れ替えるべき。

 川崎で19人殺傷、やり場のない怒りがあり、伊藤さんは容疑者を擁護しないが、社会、政治家が超えてはいけない一線を超えて、それに国民が慣らされてしまい、ニュースも深堀すべき、トランプ氏来日で一番ホクホクは安倍総理、支持率も上がり、解散総選挙ならなおさら。

 寺門さん、芥川さんの羅生門を思われて、伊藤さん、現代人が羅生門を読んで、怖さを感じられるか?羅生門の怖さを感じない無関心の問題を解かれました。令和フィーバーは吹き飛びました。

 ここで音楽、松田聖子さんの87年のkimono beat、梅雨時のお見合いを両親にセットされた女の子のエスケープ、伊藤さん、そんな歌あったかと問われて、寺門さんの選曲です。これはyoutubeにありました。

https://www.youtube.com/watch?v=QegirWIoZi4

 

 後半は、川崎市での小学生他の殺傷事件、ものの10数秒、二人犠牲になり、寺門さん怒り、無力感と説かれて、伊藤さんはこの事件に、犯罪自体は個人の責任でも、社会に不確かさがある、理不尽なことがまかり通り、時代が犯罪を産む、人間の命を、日本という国の中でも軽視であり、政治の中枢にいるものばかりやりたい放題で、国民は彼らのために働き、老後も公助ではなく自助でしろなら、普段なら自分で納められる怒りが爆発するもので、無差別殺人は過去にもあったが、こんなことが増える危惧があり、歯止めのきかなくなる社会を危惧されて、容疑者は自殺して、本人から聞けないものの、寺門さん、自分の抱えた闇、そこから抱く恨みの感情の発散がこういう形で出たと説かれて、伊藤さん、誰でも闇を抱えているが、コントロールすることを教育で知るべきで、しかし歯止めがきかず、切れるものだと容疑者の知人がコメントしていたが、切れた際にブレーキが利かず、個人の問題だけではない、容疑者だけを責めて済むものではない、そうしたら同じ事件は繰り返される、社会がちゃんとしないとならず、トランプ氏の警備は無茶苦茶で、しかし一人一人にあんな警備のいる時代になりかねない。

 伊藤さん、5月の末にショックなことが続いて、熊取6人衆の小林先生の死がショックで、2014年に最後に伊藤さん会われて、福島原発事故のことで伊藤さんも学び、2014年はがんの手術の後、新聞うずみ火の講座で熊取6人組の講演をしてもらい、小林さんは病み上がりで無理と思いきや、ご本人は立ち上がり、伊藤さん送り迎えして、講演の際は矍鑠たるもので、核を批判して、小林先生の死去、お気持ちは分からないが、福島原発事故の区切りを見てから世を去りたいはずで、トランプ氏は臨界前核実験をしていた、アメリカではイランと、DPRKの核問題を批判するが、アメリカが核の元凶で、核廃絶できないのはアメリカに責任があり、核の問題を訴えられた小林先生の死はショックで、寺門さん、来年復興オリンピックというのはおかしい、伊藤さん、建物は治っても、人の住めない地域があり、8年たっても立ち直れない、避難している人もあり、しかし安倍総理はアンダーコントロールと言い、小林先生は人の手に負えるものではないと核のことを批判されて、この前韓国で原発にトラブルがあり、中国、韓国の原発事故で日本も風向きによりエライことになり、伊藤さん、危険なものは危険、おかしいものはおかしいというべきと問われて、ムードに流されて、ある日突然結果はおかしい、それをこの番組でも、ボックスでも訴え続けたいと締めくくられました、以上、伊藤さんのお話でした。

 

 

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close