文化放送ラジオ 斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!(2019/6/14) 小林節&荻原博子 軍国主義を目指し年金を破綻させた安倍改憲を許すな!

文化放送ラジオ 斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!(2019/6/14) 小林節&荻原博子 軍国主義を目指し年金を破綻させた安倍改憲を許すな!

 

 永岡です、文化放送ラジオのサキドリ、スペシャルウィーク、今日のスペシャルコメンテイターは憲法学者の小林節さん、レギュラーコメンテイターは荻原博子でした。

 沖縄辺野古埋め立て開始から半年、今日もダンプカーによる蹂躙、国と沖縄県の隔たり、小林さん、「沖縄県が裁判で勝つには政権交代しかない、裁判官を見たら勝てない、過去の判決は国の意見の丸写し」、沖縄は地域の選挙で勝っており、国政選挙で安倍政権を下野させるしか辺野古を止める方法はないと説かれました。

 ホルムズ海峡について、国際開発センターの畑中美樹さんのお話がありました。安倍一味のイラン訪問に合わせて、イランとアメリカの応酬合戦、小林さん、アメリカは中東戦争で平気で嘘をつく、安倍一味訪問時に日本がやられた=どちらもやられて、事実関係を知らないといけない、ポンペイオ氏はCIAであり要注意と語られました。現地では、ミスターアベ、あなたは戦争犯罪人=トランプ氏をなぜ支持すると現地で報じられて、小林さん、日本政府が動いていないのは今はいい、中東戦争は1000年続き、無関係の神道と仏教の日本は安易に関与すべきではないと説かれて、畑中さん、技術面からイランの革命防衛隊がやったと説かれて、イランは1979年にイラン革命、イスラムを支持するもので国軍ではなく、ハメネイ氏の命令で動くもので、現場の勝手な暴走は、可能性は低い、ハメネイ氏の指示か?知っていた可能性はあり、日本の関与した船は狙われたか、無差別か、無差別と畑中さん考えて、攻撃、安倍一味の緊張緩和にはアメリカは譲歩しろ、安倍一味のイラン訪問の時期を狙ったものの、日本の船である必要はなく、原油の調達に支障はないか?今は軍事衝突はないものの、偶発的な戦争を危惧されておわり、荻原さん、日の丸もなく日本の船と分からない、しかし安倍氏の訪問時で不可解、小林さん、ハリウッド映画の世界、予想能力はアメリカにあり、日本の船を襲った意味は大きい。

 戦争準備法案でホルムズ海峡派兵も入っていたものの、岩屋氏は今は派遣しないとして、小林さん、参院選の自民党の公約で憲法改悪を盛り込んだ件について、憲法は変えるのは大変、ターゲットは9条に自衛隊を書き込むこと、小林さんは批判していたが、いよいよやられる、自民党はviviで女の子で憲法を宣伝して、LGBT否定のものなのに憲法をいじる、さらに自民党の大会で2012年の改憲草案は国民主権、平和主義否定+人権蹂躙、そんなことしないとしてやるのはナチスのゲッペルスのやり方、自民党草案の102条、今は憲法を政治家に擁護しろ→改憲草案では国民が守れ、こんなアホなことは世界に類例なし、憲法を権力者が国民に押し付けるもの、荻原さん、本来国民が権力を縛るものなにのビックリ、軍国主義と説かれて、小林さんは自民党から心配するなと言われるが、冗談じゃない、現行憲法の問題は解散権を誰が持つかなどあるが、自民党改憲案はとんでもないもので、ブームにされたら大変、参院選に憲法改悪を入れるのか公明党の疑問も出て、小林さん、安倍氏の趣味、岸信介氏のやり残したことをやりたい、安倍一味の取り巻きがやろうとしているが、小林さんたちがアカンと広報して、それでviviなどのアホなことをしている、安易にやったらダメ、荻原さん、ナチスのようにというのはおかしい、小林さん、麻生氏は知性がないのにデタラメと説かれて、小林さんは元々改憲論者で、時代の中でモデルチェンジと思っていたが、憲法を変えるのは、政治の力学で暴走の危惧があり、安倍一味は戦争したい+人権蹂躙、学生の学費高騰、新自由主義で弱者切り捨て、権力者が国民を監視する、若い女の子ITシャツでやるのはおかしい、国民がミスリードされたアカンと説かれました。

 また、国民投票法について、小林さん、安倍氏は強行採決でやってしまう、問題点は2つ、教員が誘導したらダメ、お金無制限(CM)=大キャンペーンをされると危惧されて、自民党は100倍お金を持ち、サブリミナル効果、ナチスと同じ、放送局は双方を同じ量で取り扱うべき、放送局のCMを公平にしないと民主主義は破綻すると説かれて、賛否に関わらず見てほしい。

 斉藤さん、映画「主戦場」、小林さんも出られて、右派が承諾なしと抜かした件、小林さんも承諾なし、日本会議もあり、小林さん何を言ったか覚えておらず、しかし発言者はそういうことは当然で、両論併記は当然、右派は宣伝してもらいあれに満足すべき(笑)と説かれました。

 年金2000万足りない問題、財務・金融委員会があり、消えた報告書?荻原さん、年金が危ないと言われて、年金はカットされると安倍氏はいい、貯蓄→投資とスタンスは同じ、小林さん、目をつぶったらなかったことにして、麻生氏は第3者に責任を押し付けて問題と説かれました。

 通常総会、会期末まですぐ、立憲民主党福山氏が出て、麻生氏の答弁は斉藤さんも納得できず、福山氏、麻生氏は責任転嫁、政権に都合のいい報告書は受け取るが都合が悪いと受け取らず、大臣が受け取らないのは前代未聞、考えられない、森山氏はなかったことにして、呆れてものが言えず、野党は政府をどう攻めると斉藤さん問われて、福山氏、報告書の出た意味は、モリカケ問題で改竄、賃金、年金改竄、安倍政権、麻生氏の体質であり、それを国民に答えて、麻生氏を追及する。安倍氏の問責決議は様々な可能性を考えて、しかし森友で麻生氏は腹切りもの+イージス・アショアの防衛省の失態も、麻生氏も防衛省も自ら腹切りすべき、内閣不信任案はタイミングを見て、あらゆる選択肢を見る、ファイティングポーズは死んだふり解散もあり得るから取る。

 2007年の参院選で年金で自民党は負けて、福山氏、争点になる、麻生氏は国民犠牲でやっているからと説かれて、荻原さん、2000万円貯めろ、バクチしろと上から目線はおかしい、小林さん、モリカケと統計偽装、国民はバカにされて、よく安倍政権は選挙に勝った、国民は怒れと説かれて、斉藤さん、参院選で民意を示そうと説かれました。以上、小林さん、荻原さんのお話でした。

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close