9条など後回しでいい、、、帝国憲法における「緊急勅令」の代わり

9条など後回しでいい、、、帝国憲法における「緊急勅令」の代わり

まず「緊急事態宣言条項」を加憲し「議員の任期延長」を実現する。9条など後回しで
いい。また、緊急事態条項さえ導入し、宣言できれば、法律の代わりに内閣限りで政令
を好きなだけ出し続けることができる。国会は何も反対も抵抗もできない。立法権は完
全に内閣の手に移る。   

国債が暴落し、金利が急騰し、ハイパーインフレとなり、財政が破綻した場合は、新円
の切り替えにあわせて預金封鎖を行うことも可能だ。これは実際に戦争終結の翌年の19
46年(昭和21年)に緊急勅令によって強行された「過去の実績」がある。大日本帝国憲
法における「緊急勅令」の代わりに、問答無用の万能の宝刀として自民・政府がのどか
ら手が出るほど欲しがっているのが「緊急事態宣言条項」なのである。

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/446899

MLホームページ: https://www.freeml.com/uniting-peace

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close