スーダンで革命が起きた。「非暴力のパリ・コミューン」

スーダンで革命が起きた。「非暴力のパリ・コミューン」

ーー市民による平和的革命は成就するのかーー

スーダンで革命が起きた。
民衆のたたかいに追い詰められる形で、4月11日、
30年間にわたって権力を握ってきたバシール大統領は失脚した。
その後、数週間以上、旧体制を解体し民主的な暫定政権を作ること
をめざす民衆と、体制を温存しようとする勢力との間で
息詰まるような攻防が繰り広げられており、緊迫した状況が続いている。
・・・

スーダンと聞くと何を思い浮かべるだろう?
バシール政権下のスーダンでは、西部のダルフール地方で、
「今世紀最大の人道危機」とも呼ばれ、政府側の弾圧により
30万人近くが犠牲になったとされるダルフール危機が起きた。
また2011年には、やはり長年内戦の舞台となってきた南部が
分離独立し、独立後の南スーダンに展開する国連PKOに
日本の自衛隊が派遣された。
・・・

独裁政権を倒した民衆のたたかい

今回の展開の最大の特徴は、30年間にわたりきわめて強権的
政治を行なってきた独裁政権を、民衆が平和的デモ・抗議行動によって
追い詰め、崩壊させたということである。

スーダンでは、2018年12月以来、経済的困難に抗議するとともに
バシール退陣を求める市民のデモが開始され、厳しい弾圧によって
多くの死傷者を出しながらも続行された。
・・・

4月11日に軍当局がバシール大統領を拘束、
解任を発表するに至った背後にはこのような民衆の圧力があったのであり、
バシール政権崩壊をもたらしたのは
市民の粘り強い運動だったということができる。

バシール政権は1989年6月にクーデタで権力を奪取した
独裁政権である。
政党を解散し、労働運動を弾圧し、言論・思想の自由を奪い、
恣意的な逮捕、拷問を行なうなど、数々の人権侵害を行なってきた。
・・・

4月11日以降も民衆は旧体制の徹底的解体をめざし、
(軍によるバシール解任と同時に発足が発表された)
「暫定軍事評議会」ではなく民主的暫定政権を樹立することを求めて、
大規模な抗議行動を続けている。
・・・

民主化運動の伝統

驚くべき展開であるが、実はスーダンにはこれまでにも、独裁政権を
民衆が平和的手段で倒してきた「伝統」がある。
1985年4月6日にも、それまで十数年続いた独裁政権が
市民の抗議行動の結果打倒されており・・・
さらに遡れば、1964年10月にも民衆による独裁政権打倒があり・・・
いずれも市民による平和的デモと労働者等のストライキで政権を崩壊させた。
・・・

今回の運動のなかで中心的役割を果たしているのは「スーダン専門職者協会」
だが、弁護士・医師・技術者・大学教授等の「専門職者」が
このような組織を結成して共同行動をとり、デモやストの組織化に
大きな役割を果たすという現象は、1964年や85年にも見られた。
また、今回のデモや抗議集会には青年・学生や女性の積極的参加が目立つが、
同様の現象は前回2回の運動の際にも観察された。
(1964年「10月革命」においては女性が重要な役割を果たし、
結果として革命後に女性参政権をかちとっている)。
・・・

バシール政権下での困難と政党の疲弊

直結する首都とダルフールーー内戦終結を求めて

今回の革命は民主化革命であると同時に、それを通じて各地での内戦を
終わらせて「平和」を実現し、スーダンの「国家統一」を
民衆自身の手で守り抜いていこうとするものであるということができる。
・・・

軍との関係ーー旧体制をどうやって解体するか

今回、軍本部前での座り込みを開始(4月6日)したデモ隊は、
軍に民衆の側に立つよう圧力をかける、という戦術をとった。
軍にバシール独裁体制ではなく国民の側に立つよう訴えたのであり、
「われらが人民の軍隊」という表現も用いた呼びかけもなされた。
・・・

この戦術は成功を収めた。
軍内部の「民主的世論」に期待し、最終的に軍の存在を何らかの形で
利用することで独裁政権を打倒するという発想・手法は1964年、
1985年の運動の際にも見られた。
・・・

革命をやり遂げるには軍を味方につけることは不可欠であり、
たとえば旧体制の母体である「国民イスラーム戦線(NIF)」
による権力再奪取をめざす蜂起、逆クーデタ
といった事態から革命を守るためにも軍の役割は重要なのだが・・・
民衆は巨大デモによる圧力を通じて、「暫定軍事評議会」内のNIF系メンバー
を一人ずつ辞任に追い込み、それにより「軍部」の性格自体を作り変えていく、
ともいうべき試みに取り組んできた。
・・・

これに対し民衆の側は、運動の全局面で「非暴力主義」を徹底的に貫くことで
活路を見出そうとしている。
弾圧の口実を与えぬようこれまで以上に「平和」・「非暴力」の行動様式
に徹し、武器が持ち込まれぬようデモ参加者の身体検査を厳格に行ない、
バリケードを整理しつつ維持することで、軍部を再び交渉の場へと引きずり出し、
革命を続行しているのである。

現在ハルトゥームで展開している事態は、ある意味では
「非暴力のパリ・コミューン」
とも形容し得るような、非武装の市民による驚くべき抵抗である。
それはまた、いわゆるガンディー主義的非暴力主義が持つラディカルさ
ーー圧倒的暴力を備えた植民地国家体制を民衆が包囲し解体しようとする
中で見出されたギリギリの行動様式としてのーー
を改めて思い起こさせるものとなっている。
・・・

中東・アフリカのなかのスーダン

スーダンは中東とアフリカにまたがる国で、戦略的・地政学的に
重要な位置を占める。
19世紀末のヨーロッパによる中東・アフリカ侵略、「アフリカ分割」
の時期には、スエズ運河を擁するエジプトの後背地として重視され、
結果的にイギリスの植民地支配下に置かれることになった。
また20世紀後半の「冷戦」期の国際政治の中でも重要であり、
1950から60年代に中東やアフリカで植民地支配からの独立や革命
の動きが高まった時期は、欧米諸国のアフリカ戦略の中で
北のエジプト革命と南のコンゴ革命を牽制する役割を期待され、
独立後のスーダンで非民主的政治が続いた背景にはそうした要因もあった。
・・・

現在スーダンで展開している革命は、独裁政権を倒すため
「いかに軍の力を利用しつつ、なおかつ軍に主導権を奪われないようにするか」、
あるいは「いかに宗教の政治利用を防ぐか」など、
チュニジアやエジプトでの「アラブの春」と共通の課題に取り組みつつ、
それを乗り越えていく展望も示している。
・・・

市民による平和的革命は成就するのかーースーダンの情勢は予断を許さないが、
中東・アフリカにおける変革の可能性を示す重要なできごとであり、
注視していく必要がある。

(栗田禎子「スーダン民衆革命」2019年7月「世界」掲載、より抜粋)

MLホームページ: https://www.freeml.com/uniting-peace

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close