文化放送ラジオ くにまるジャパン極(2019/7/8) 大谷昭宏 参院選、首相が演説スケジュールを公表しない国に未来はあるか?農業がしんどく、産業破綻の日本を告発する、オウム事件の教訓をメディアは後世に引き継いでいるかを語る

文化放送ラジオ くにまるジャパン極(2019/7/8) 大谷昭宏 参院選、首相が演説スケジュールを公表しない国に未来はあるか?農業がしんどく、産業破綻の日本を告発する、オウム事件の教訓をメディアは後世に引き継いでいるかを語る

 

 永岡です、文化放送ラジオの、くにまるジャパン極、月曜日のコメンテイターはジャーナリストの大谷昭宏さんでした。司会は野村邦丸さんでした。

 21日投開票の参院選、公示後初の日曜日、党首は街頭で演説して、野村さん、与野党の政策を実施したら日本はよくなる、大谷さん、子育て、教育とサービス合戦だが、安倍氏は憲法改悪をしたい、野党は生活のことで、選挙で論戦は活発ではなく、安倍氏は街頭演説会の日程をHPに出さず、一国の総理大臣がそれでいいのか?重点的にやりたいところを隠すと野村さんも言われて、大谷さん、前回の都議選で秋葉原でやじられて、こんな人たちに負けられないとしたトラウマがあり、選挙は論戦、一度安倍氏の演説を聞きたい人もいるのに逃げている。

 野村さん、憲法改悪、安倍氏はしたい、社民党、共産党はアカン、しかし与党の公明党は消極的と説かれて、大谷さん、公明党支持者の17%しか憲法改悪に賛成せず、しかしその前に安倍政権は予算委員会も憲法論議もしておらず、憲法改正と言うが、100以上ある条項でどこか?民法改正でも、相続etcの中でどれをやるか示し、しかし2/3を取るために憲法について変えたいなら国会で論議してからでないとだめ、安倍氏の憲法改悪は生煮えであり、野村さん、投票率は下がりそうで、昨日のNHKでも安倍氏は選挙に行ってくれで、しかし選挙ではいい事を言うものの、公開の党首討論会をすべき、大谷さん、公開討論会は小選挙区制になりなくなり、後はネット動画のみ、アメリカは安保破棄を言い、審判を仰ぐには今のものでは不十分。

 農協の6割が赤字、本業の農業でであり、農水省の調べでわかり、1539億赤字、共済で補填も低金利でしんどいもので、農水省は657農協の380にて本業の農業で赤字、黒字は北海道で多く、農協もあるものの大変で、農協銀行であり、大谷さん、日本の農業の問題点であり、かつては品種改良、農家の支援もして、大谷さん10年以上前に調べて、農作業の服でやっていたものがスーツで金融機関になり、スーツ+黒カバンになり、しかし低金利政策で農協もしんどい、野村さん、農協それぞれで独自色を出さないとしんどく、金融もあるが、消費者に魅力的な作物をとしてやっているところもあり、大谷さん、選挙だと子育て、分配を争点にしているが、肝心の日本はどこでお金を稼ぐか争点にならず、農家、製造業はどうか?日本は完全に中国に研究で抜かれて、特許はアメリカと中国のみ、特許料で日本は儲からず、農業もアウトなら10年後に日本を支える産業はなにか?野村さん、農家は大規模だけでなく、小規模で頑張っているところもあり、彼らをどう支援するのかと、かつての農協から新しいものを模索してもむつかしい、大谷さん、一頃は大規模農業と問われて、しかし農業の人口が激減して、63歳→65歳、5年後は70歳に平均年齢はなり、このままでは衰退する、農業について、小規模でも世界に出られるものを、と説かれました。

 公安調査庁がオウムの施設に立ち入り、死刑執行1年で、松本元死刑囚の写真があり、大谷さん、神格化を懸念しているが、地下鉄サリン事件から来年で25年、若い人たちは事件を知らず、どういうところか若者は知らず、25年たち、次の世代に事件をどう伝えるか?野村さん、勧誘時にどういう団体か名乗らず、不安を抱えていた、追いつめられた人が入るのを危惧、詐欺情報も同じ、いつの世も同じ、大谷さん、かつてのオウムは高学歴者が多く、今は何も知らず悩むものが論理的でなく入り、入った人を戻すのはむつかしい、メディアも95年に入社した人は47~48、メディアも6割は地下鉄サリン事件を知らず、実体験を持つ報道機関は3割、報道機関も勉強して努力すべきで、それで来年の地下鉄サリン事件25年を迎えるべき、野村さん、坂本弁護士には文化放送に出てもらい、その先のこと、殺されるとは思わず、社内でも模索があり、大谷さん、地下鉄サリン事件は報道機関にも教訓が無数あるのにそれが忘れられるのはダメ。

 高齢者の入浴中の事故は8割が熱中症だと千葉大学の黒木さんの調べでわかり、ヒートショックは1割、体温と湯船の温度差で意識障害もあり得て、大谷さん、夏にはショックなデータ、高齢者には脱衣室を暖めてとされていたが、高齢者の長風呂は危ない、入浴前に水を飲んで、お風呂も気を付けてと締めくくられました、以上、大谷さんのお話でした。

コメント:米国農民が日本に圧力をとトラに要請:日本農民はポチに?

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close