映画「新聞記者」 観て下さい

映画「新聞記者」
   望月衣塑子さんの原作ということだし、新聞でも評も「よくぞ作った」というのが大方里、だったので、時間を作ってみてきました。
(私は大垣コロナワールドで見ました。かなりあちこちの劇場でやているようです)
なまじの選挙運動より、「この映画見て下さい」のほうが「アベ政治を許さない」票に繋がるかも、と思いました。
– – – – – – – – – – – – – –
東洋経済 ON LINE 2019/07/06 15:00
映画「新聞記者」が問う官僚の「建前と本音」
「国民のための仕事」第一に考えているか
(前略)
実際の参議院選にぶつけるような公開
『新聞記者』(公開中)は人気・実力ともトップクラスの松坂桃李と、韓国の演技派女優シム・ウンギョンのダブル主演作。北村有起哉、田中哲司、高橋和也、本田翼らが脇を固める。
原案は、東京新聞の望月衣塑子記者の同名著書だ。そして、今の政治状況に危機感を持ったプロデューサーの河村光庸が「政治の季節を意識している」とインタビューで語っているように、参院選少し前の公開は確たる意志があってのこと。というと、「なんか偏っているんじゃないか」「単に反権力をうたう映画?」と敬遠する人もいるかもしれないが、それに関しては杞憂と言っておく。
物語の始まりは、東都新聞社会部に「医療系大学新設」に関する極秘公文書がファクスで送られてくる場面。認可先はなぜか文科省ではなく内閣府だ。内部リークか、誤報を誘う罠か――ジャーナリストだった日本人の父、韓国人の母を持つアメリカ育ちの記者・吉岡エリカ(シム)が真相を突き止めるべく取材を始める。
– – – – – – – – – – – – – –
フィクションであり、「サスペンス・エンターテイメント」なのですが、私は、自らの経験を踏まえて、「公安/内調」に恐ろしいほどのリアルを感じました。
デモに参加するようなのは「犯罪者予備軍」。
内調は警察でもないから、情報収集しまくり放題(代々トップが警察庁の公安畑なのだから、実は公安警察とツーツー)。
そして情報操作は当たり前、もっと深い「闇の仕事」もして、ときに人を殺す・・・・
*************************************
近藤 ゆり子 k-yuriko@octn.jp
*************************************
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close