MBSラジオ ニュースなラヂオ(2019/7/8放送) 西日本豪雨災害1年、九州南部豪雨、全域避難の鹿児島では何が?福本晋悟さんの報告&ジャム・ザ・ワールド 高橋和夫 イラン情勢を語る

MBSラジオ ニュースなラヂオ(2019/7/8放送) 西日本豪雨災害1年、九州南部豪雨、全域避難の鹿児島では何が?福本晋悟さんの報告&ジャム・ザ・ワールド 高橋和夫 イラン情勢を語る

 

 永岡です、MBSラジオの、ニュースなラヂオ第67回、今週も新聞うずみ火代表の矢野宏さんと、フリーアナウンサーの北口麻奈さんのアシスタントで放送されました。今週は野球中継で30分ヴァージョンです。遅くなり、書き起こしは火曜日にしました。来週も野球中継があり、翌日にさせてください。

 安倍政権とメディアの危機について、報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さんがブログで指摘されています、https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12491950173.html 

 

 昨夜のジャム・ザ・ワールド、イランのウラン濃縮について、放送大学の高橋和夫さんがお話をされました。2015年の合意を超えていて、高橋さん、2015年の合意はイランと安保理常任理事国が締結、濃縮ウランの程度を制限+査察、六か国は経済制裁しない、イランの濃縮は、去年アメリカが核合意を抜けて、他の国の様子も怪しい、イランにとって話が違う!アメリカが抜けて、イランと関係悪化であり、ロシア、中国、イギリス、ドイツ、フランスをグローバーさん問われて、高橋さん、核合意は反故にされて、2015年には3.67%までだが、イランは政府の関係者によると5%、これの意味は合意の制限を超えるが、3.67%も5%でも核兵器にならない、核兵器は90%要り、これではそんなに大きくない、イランは核合意前は20%であり、アメリカの反応は、イランのウラン濃縮にアメリカは反対して、制裁しろだが、これ以上の制裁は無理、アメリカにできることは限られて、イランは経済低迷、アメリカとどう交渉するか?イランでは1回騙された、もう交渉は無意味と感じて、まずアメリカが核合意に戻らないといけない。

 マクロン氏が仲介、他方DPRKはあれで、トランプ氏は戦争したくないが、取り巻きは戦争も辞さず、これで話はややこしくなり、安倍氏もイランに行ったものの、日本は呼びかけるべきだが、日本はこの核合意では蚊帳の外、出口は見えないと説かれました。

 矢野さん、学校で平和学習について中学校に行かれて、空襲と人権として大阪大空襲、体育館でもおおのが扇風機で過ごし、矢野さんは戦争はだめと言うのではない、考えるのは皆さんとして、その材料を、戦争体験者ではなく、語り継ぐもの+命の大切さ、詩人の川崎洋さん、2004年死去、抹殺という詩があり、両親がいて私が生まれて、祖父母がいて、10代遡ると1024人、一人いなくても自分はおらず、それを殺すのが戦争、戦後命のバトンを受け継いだとして、バトンが途切れたら自分はおらず、矢野さん11日に10時から八尾で人権学習講座があり、大阪大空襲と人権をテーマ、八尾市の生涯学習センターでやります(http://uzumibi.net/event/  )。

 ニュースピックアップ、イランの核合意破綻、イランとアメリカが対立して、関係国の苦心の上なのにトランプ氏はオバマ氏の合意を破綻、イラン制裁→イランと対立、しかしトランプ氏の発言でイランは反故にできて、イランはヨーロッパの経済支援を欲しく、イラン外務省はヨーロッパの支援なしなら対抗措置、欧米は拒否、トランプ氏は牽制、フランスのマクロン氏がイランを批判して、マクロン氏とロウハニ氏は電話会談でも大変です。

 文大統領は日本の輸出規制をやめてほしい、韓国だけでなく全世界が批判、実害なら対応だがそうしたくない、日本に輸出規制するな、日本は輸出規制の理由を明かさず、不適切なものというものの不明、韓国はDPRK対策ととらえて対立です。

 イギリスのアメリカ駐在大使がトランプ氏を外交で無能と言った、極秘の公電から、ラロック大使が報告と報じられて、イギリス外相は公電と政府の意見は一致しないが大使を擁護、アメリカとの間に対立です。

 郵便料金値上げで、矢野さんうずみ火の発送も困ると説かれています。

 

 今週のテーマは昨年の西日本豪雨災害1年、福本晋悟さんが今年の九州南部豪雨災害の鹿児島県を取材されました。鹿児島市では59万人全員に避難指示でも、避難所に行ったのは1%にも満たず、避難所は足りていたのかなど報告されます。

 鹿児島市60万人避難、鹿児島、熊本、宮崎の豪雨、6/28~7/4、鹿児島県で2人亡くなり、リスナーより、鹿児島市の避難指示の受け止め方を問う声があり、福本さん、鹿児島市に避難指示、鹿児島市にとって初で、避難指示を受けた住民はどうか、その前に避難は(1)行政指定の避難場所に行く、(2)近所・友人の安全な自主的避難、(3)自宅での安全なところ、二階に行くなど、大雨では時間に余裕だと避難所に行くべき、岡山では警察や自衛隊に救出された人が真備町だけで2500人、二階でも3mの雨だとボートで助けるしかなく、命を守るため。

 鹿児島で、九州新幹線の終点の近くでの田上地区、12000人住み、12mの川に2~5m浸水の危惧があり、93年8月6日の豪雨で45人死亡、この川も氾濫して、新川+土砂災害警戒区域であり、新川は氾濫危険水位を超えて、土砂災害について、住民10人に聞くと避難所には行っていない、二人はマンションの二階以上で、水なら上に行く、あるいはハザードマップで土砂災害の危険なしとして、避難所には行かずとも適切な行動であり、避難所には最大22人、12000人のところで割合は少なく、7人は一階にいて、3人は水が来たら二階に行く、家が山の近くで土砂災害が不安、誰かが誘ってくれたら避難する、86豪雨の際には誘ってもらったという高齢者もいて危険、別の人は近所もいてそれで避難せず、しかし近所が避難したらこちらも、であり、近所にて率先して避難すべき。

 鹿児島市には60万人いて、避難情報について、14の地域に市を分けて情報、もっと細かく情報を出す自治体もあるが、鹿児島市には3200か所土砂災害の危険性があり、シラス台地で、細かい情報は出せず、極めて危険とすべての地域がなり避難指示になり、鹿児島市の危機管理課の人、避難所は足りない、もっと大雨だと大変で、避難指示が出ても大丈夫と思われて、今回は危なかったのに間一髪惨事をまぬかれた、市民と対策を取るというものの、2つの避難所が満員=それだけ避難する人があり、多くの人が避難するところと、そうでないものもあり、鹿児島市の担当者は今回は大丈夫であったが、もう数時間雨なら大変であり、今回の大雨は鹿児島市で避難指示でも、梅雨前線が7/4に南下したためにギリギリ被害は少なく、それでも2人亡くなり、災害情報をもっと知るべき、矢野さん、避難も人任せと説かれて、福本さん、自分から避難はハードルもあるものの、避難はもっと積極的にしてほしいと説かれました。

 矢野さん、梅雨は明けていないもので、要注意と語り、来週も野球中継でニュースなラヂオは30分ヴァージョンです。北口さん、異常気象、過去に大丈夫でも、今後大丈夫ではないと説かれて、福本さん、客観的データから行動してほしい、過去の災害で被害がないから大丈夫ではない、避難行動を取ってほしいと締めくくられました、以上、今週のニュースなラヂオでした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close