西谷文和 路上のラジオ(2019/7/12更新) 小出裕章スペシャル 福島原発事故8年4ヵ月、何も終わっていない、マスコミは原子力マフィアの一員、安倍政権のやりたい放題を許したら世界破滅!

西谷文和 路上のラジオ(2019/7/12更新) 小出裕章スペシャル 福島原発事故8年4ヵ月、何も終わっていない、マスコミは原子力マフィアの一員、安倍政権のやりたい放題を許したら世界破滅!

 

 永岡です、西谷文和、路上のラジオ第5回、更新されました(https://www.radiostreet.net/news/160/ )。

 報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さん、参院選の争点で、安倍政権の兵器爆買いにNOを突き付けるべきとブログで指摘されています、https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12493727642.html 

 また、日刊ゲンダイで、映画「主戦場」のミキ・デザキさんのロングインタビューがありました、https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/258122 

 15日のニュースなラヂオは、遅くなったら書き起こしは明日にします。

 

 今回は小出先生のスペシャル、私事ですが、昨日大阪で小林圭二先生を偲ぶ会があり、小出先生、今中先生とお会いしました。小出先生と会い、この1年一人でラジオとパソコンを武器に戦い続けてきた日々を思い出して感慨深いものでした。西谷さん松本の小出先生のところに行かれての収録です。

 Radio on the street、毎回様々な分野の方をゲストにいて、今回は松本城に近い小出先生の仕事場での収録、松本であえてうれしく、西谷さん、しぶとく生き延びる、小出先生は熊取町→2015に松本に来られて、なぜ松本か?小出先生は暑いのが苦手、熊取町しか小出先生を雇われず?それでたね蒔きジャーナルにも出たものの、大阪の南端で暑くてたまらず、41年原子炉実験所で働き、よく暑いところで働いた?で、仕事から解放されて、自分の住みたい町に、涼しい+自然が豊か、北海道もいいが、奥様は島はいや?もちろん本州も島(笑)、小出先生は大都会が大嫌い、東京生まれだが、コンクリートジャングルで絶対住まない+国の創り方が間違い、東京一極集中で地方は過疎、大阪も残らない、国の作り方、新幹線が通るとミニ東京になるので新幹線の通らない町、しかし本当の田舎だと歳をとりしんどく、歴史があり、文化を解説する町、小出先生は山が好き、高齢で登れないが観るのはいい+温泉もあったら最高=松本市、長野県は菅谷さんが松本市長、信州大学の医師で、チェルノブイリ原発事故の際に甲状腺の専門家で、信州大学の職を辞して、退職金でベラルーシに行き、そして市長になり、菅谷さんが市長=支える市民があるということで、それで松本に来られた。

 原発反対、戦争準備法案反対、澤地久枝さんのアベ政治を許さない、小出先生は主体的にやるなら呼びかけ人になり、澤地さん、立てるだけで抵抗になる、2015年から毎月3日に13時にアベ政治を許さないを続けて、この行動を続けることになり、毎月3日に松本駅前に立ち、もう4年、よろしかったら一緒に立ってほしい、関東、埼玉からも参加者が来て、カリフォルニアからも参加者!毎月30人は来る。

 西谷さん、先月新潟・山形で地震、柏崎刈羽原発を懸念されて、小出先生、世界に300以上の原発、大半はアメリカとヨーロッパ、それぞれ100、アメリカは地震のない場所に原発を立てて、ヨーロッパも地震は少ない、が、地震だらけの日本に57基の原発、世界一の地震大国に原発を立てて、あまりに愚か、最近は大地震頻発、石橋克彦さん、大地動乱の時代と警告されて、このままだと破綻。

 アメリカとヨーロッパが原発を作りまくり、中曽根康弘氏+正力松太郎氏、元祖原子力マフィアが始めて、いずれ日本も核武装したいため、日本の核はこのために進められて、3・11でも自民党は核を止めない、最大の理由は核武装をするため、中曽根氏+正力氏、核武装のために原発を作り続けて、しかし日本国民は核の平和利用と言われて信用して、小出先生もそれを学生時代に信じてこの道に入り、人類の未来は核なしに成り立たない、原爆はアカンが、原発は必要、西谷さんも鉄腕アトムで核はいいものと思い、小出先生は核に未来をかけた。

 転機は女川原発、大学には1968年に入り、大学闘争の時期、小出先生は核に夢、大学闘争に興味なし、が、東北電力が原発を建てるのを最初歓迎、but、仙台ではなく女川に作るのはおかしい、仙台市は今政令指定都市、仙台には火力発電所もあったのに、なぜ原発を仙台でなく女川に建てるのか、女川の方もおかしいと疑問の声を上げて、小出先生その疑問の声を聞いて、原発はおかしいな、消費地に建てたら送電ロスなし、東電も火力発電は東京なのに、原発は遠隔地に建てて、東北大学の原子核工学科は原子力推進のため、教員もなぜ仙台に建てないか教えてくれず、そしてアメリカでは憂慮する科学者同盟が、原発は危険だと情報発信して、小出先生、大学の先生は教えてくれず、原子核工学科の教員と論争して、大学闘争にも関心を持ち、自分のやっている学問の、社会的な意味合いを知るべき、核に夢を持っていた小出先生、核の学問としての意味合いを求めて教員と論争して、論争するほど原発は危険、教授たちも反論できず、女川で原発反対の集会に小出先生参加されて、人生は180度変わった。

 そして、核だと原爆、東京で広島、長崎の原爆展があり、小出先生ご覧になりあまりに悲惨、原爆は絶対の悪、しかしウランの核分裂、平和利用はできると当時思い、しかし勉強して気が付いて、1945年8月6日の広島原爆、20万人殺されて、要したウランは800グラム、これで大量虐殺できる、これを平和利用と思ったものの、夢を託した原発は、100万kwが標準、1年運転=1トンのウランを使う=広島原爆1000発以上であり、さらに地球にはウラン資源は貧弱で、核は未来のエネルギー源にならない。

 原発1基で広島型原爆1000発以上の放射能を作ると知り、小出先生、これはアカン、機械は必ず故障、事故を起こす+人間は過ちを犯す=原発は無限大の危険性を持つと知り、その際の選択は、原発事故=世界破滅=原発をなくす以外には選べず、ところがその際に原発は日本に3つのみ、東海と敦賀だが、これは止めたい、しかし原子力マフィアは事故など起きない、大丈夫だ、万一事故なら原発は都会に建てずに過疎地に、であり、そして原発は57基、西谷さん、50トンの死の灰が毎年出る恐怖を説かれて、使用前の核燃料の放射能より、使用済み核燃料の放射能は1億倍、天然ウランでも危険、核分裂で1億倍の放射能になり、近づけずプールで冷やさないとならない、ヨウ素、セシウムなどの放射性物質200種類、寿命は様々だが、出来た放射能の合計は核分裂の前の1億倍、半減期の短いものもあり、1日で1/10にはなるものの、寿命の長いもの、セシウムは半減期30年、ヨウ素には半減期1600万年!もあり、寿命の長いものは実質無限のもので、無害になるのに10~100万年かかる。

 フィンランドはオンカロに置くものの、アラジンの魔法のランプを付けたら破綻、人生は80年、会社も数十年、アメリカは300年、10~100万年はあまりに愚か、子孫に対する犯罪を犯す+地震列島での原発再稼働=日本破滅!

 

 チェルノブイリは小出先生現地も見られて、1度の事故で、地域の人間の生活崩壊、村が消えて、火事になると放射能拡散、住民は故郷を捨てざるを得ず、ソ連も住民を汚染地域に捨てた、福島も同じ、ソ連は91年になくなり、ウクライナ、ベラルーシでは、今までやってきたことは何か?ロシアではチェルノブイリ法、放射線管理区域のようなところには住んでいけない、移住する権利を与える、汚染がひどいと移住は義務、福島と反対、福島は帰れ、日本だとロシアは野蛮な国家と見るが、ロシアの方がまとも、当時ソ連の原発だから事故だと原子力マフィアは言い、その前のスリーマイル事故は加圧水型、関電のもの、福島は沸騰水型、それで関係ないと原子力マフィアは言い、関電はウェスティングハウスのもので、スリーマイルと違うと逃げて、そのウェスティングハウスを東芝は買収して倒産、日本人は自分だけ偉いと思って破綻。

 チェルノブイリ原発事故の原因は、事故だと運転員がバカだと言われていた、スリーマイルの時も同じように運転員のせいにされて、しかし事故時に叡智を集めて対処、スリーマイルは水位計に欠陥があり、満水を示して、原子力安全委員会は水がある=緊急炉心冷却装置を切る=空焚き→メルトダウン、しかし水位計のミスで、原発の欠陥、チェルノブイリは制御棒の構造に問題があり、制御棒を抜いていて、入れたら出力が増える。

 西谷さん、F35墜落もパイロットのせいにされて、しかしF35は欠陥機、欠陥品だと企業は莫大な賠償金を払うので、運転員のせいにされて、99年のJCO臨界事故、あれも作業員のミスではなく、機器に欠陥があり、原子力委員会が臨界事故を起こす工場を認可して、原子力マフィアに責任がある。

 

 そして、福島原発事故、小出先生の警告通り、メルトダウンと専門家なら、水素爆発でそうとわかる、水素はメルトダウンでないと大量に発生せず、そして汚染水処理、タンカーで柏崎刈羽の処理装置にと事故直後から小出先生提言されて、当時1万トンの汚染水があり、柏崎刈羽原発は世界最大の原発で、廃液処理装置がありそれを使えと提案しても、政府は無視して、汚染水は110万トンたまり、東電はタンクを増設しても、遠くない将来に破綻。

 凍土壁も凍るわけはない、深さ30m、1.5kmの冷却は停電でおしまい、パイプにトラブルで破綻、根本的な問題は、原子炉建屋の地下にダムを作るべき、トレンチなどに地下水が漏れ出して、トレンチの遮断は大変、凍土壁にしてもトレンチは凍らず、100~200トンの地下水が流れ出し、いずれ海に流すしかない、100年保管したら、取れないトリチウムは1/100になる。

 福島原発は元々高台にあり、しかし原発はウランの核分裂の熱の2/3を海に捨てる、アホみたいな効率の悪い機会で、熱を捨てるために海水を引き込まないとならず、ポンプの電力代を削るために高台を削り、津波にやられて、そして地下水の理由は高台を削ったためであり、海面から10mまだ下げて津波にやられて、20mなら今のような事故はない。女川原発は、切り下げたら危ないという人がいて、間一髪助かり、女川は東北電力が作り、福島原発は東京電力が作り、差別のために事故は起きた。東北で良かったと原子力マフィアは言う。

 そして、西谷さん、原発事故の報道はされなくなり、小出先生、核は国策民営であり、国が書いたシナリオ通りに電力会社にさせて、原発一つに数千億円、原子力マフィア、東芝、日立などが儲けたいためにやる+ゼネコン、その下に無数の中小零細企業、マスコミ、裁判所も原子力マフィアの支配下、学会もであり、国が旗を振り、産業、労働者、教育、裁判所も同じ、これは太平洋戦争と同じ、天皇陛下は神、原子力は神、子供たちを大東亜戦争と同じ教育、学校で核は最先端、資源のない日本で核は頼り、マスコミもそう報じて、しかし福島原発事故、原子力マフィア誰一人責任をとらず、強制起訴で東電社長は逃げて、自民党が57基の原発を作り、誰一人責任をとらず、原子力安全委員会も責任をとらない、ゼネコンは原発建設で大儲け、事故の処理、移染で大儲け、マスコミは原子力マフィアの広告費で潤い、被爆なんて大したことないと、帰還しろと、電通らマスコミは原子力マフィアでグル「マスコミは元々犯罪者集団の一員」、犯罪者集団は責任をとりたくなく、福島原発事故を忘れさせようとしている。

 西谷さん、5月は令和フィーバー、6月はG20、来年はオリンピックでなかったことにされると説かれて、小出先生、原子力マフィアは福島原発事故をなかったことにさせる、忘れさせるためにお祭り、オリンピック、万博であり、マスコミは福島原発事故を報じず、お祭り騒ぎで忘れさせようとして、しかし福島原発事故は忘れてはならない、メディアは原発を否定しないといけない。マスコミが完全に腐り、原子力マフィアの一員であり、大日本帝国時代のマスコミ同様、政府にすり寄り、前のNHK会長の揉め井氏は政府のまま、芸能人が政府批判だとネット炎上であり、今日本は危険な状態であり、西谷さん、何をしても今の安倍政権を終わらせないとこの国は破綻すると締めくくられました。

 路上のラジオ、西谷さん、市民目線で発信を続ける、そのために寄付もよろしくお願いいたします。以上、路上のラジオ第5回でした、この内容、例に寄りいくらでも拡散してください、原子力マフィアの総本山、安倍政権のしたい放題を許したら、日本は、世界は破滅です!

 

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close