J-WAVE JAM・THE・WORLD(2019/7/16) 青木理&北丸雄二 アメリカ最新事情を語る、トランプ大統領の差別発言は国家の破綻を意味する!頭の中空っぽのトランプ氏を一方的に接待する安倍総理は地獄に一直線!

J-WAVE JAM・THE・WORLD(2019/7/16) 青木理&北丸雄二 アメリカ最新事情を語る、トランプ大統領の差別発言は国家の破綻を意味する!頭の中空っぽのトランプ氏を一方的に接待する安倍総理は地獄に一直線!

 

 永岡です、J-WAVEのJAM・THE・WORLD、グローバーさんが司会、火曜日のニューススーパーバイザーはジャーナリストの青木理さんでした。

 立岩陽一郎さんのニュースのタネ、大阪で維新のファクトチェックをされています、https://news.yahoo.co.jp/byline/tateiwayoichiro/20190716-00133939/?fbclid=IwAR2jhQ6o7fmXWsA0IZWHqNPYmsXrLgw8fIKI7tZS_oAWVtr_32nxjfixQN8 

 グローバーさん、期日前投票されて、青木さん、期日前投票は前回より低いと危惧されて、グローバーさん、ネットで争点を入れてどの候補がOKか分かり、その候補の演説もネットでわかる、青木さん、この候補に入れても死に票になるなら、競っている候補に入れた方がいいかと思う、青木さんも期日前投票行かないといけないが、日曜日の天候で投票率は変わり、投票率が下がると組織を持つ政党が相対的に強くなり、これは注目と説かれました。

 今日のニュースから、青木さんの気になったのは、トランプ氏の差別発言、アメリカが嫌いなら出ていけ、特定民族に出ていけは日本でも世界でもヘイトスピーチに当たり、大統領は言ったらアカン+トランプ氏も移民、日本でも嫌いなら朝鮮半島に帰れというヘイトスピーカーがいるが、指導者、政権に苦言を呈するのは、青木さん好まない表現だが愛国的、批判を受け入れる社会が健全なもので、これは北丸さんのお話を聞きたいと説かれました。

 さらに、岩屋防衛大臣の、ホルムズ海峡のアメリカ有志連合、今は自衛隊を派兵しないと言うが、トランプ氏は有志連合に日本も入れだが、可能性としては、戦争準備法案の存立危機事態(違憲)は無理、自衛隊法に基づく海上警備は日本の船だけ、外国の船はダメ、海賊以外だめ、特例法を作るなら時間がかかる+与野党のコンセンサスもいるが、ホルムズ海峡への自衛隊派兵はかつては9条を根拠に拒否で来たが、安倍政権は積極的に戦争を意図しているのを説かれました。

 

 UP CLOSE、元東京新聞ニューヨーク支局長、ジャーナリストの北丸雄二さんが出られて、アメリカの最新事情について青木さんとの強力タッグで語られました。青木さん、北丸さんはこの番組のアメリカ特派員と説かれました。北丸さんは先週までニューヨークにおられて、2週間アメリカ、ストーンウォール50年、日本からもたくさん来て、大統領選挙は早い、民主党の相手は未定でも、トランプ氏は選挙モード、青木さん、板門店のことは様々な評価もあるものの、選挙用と問われて、北丸さん、ハノイだとボルトン氏、タカ派ネオコンの横やりで破綻、青木さん、ボルトン氏をトランプ氏は抑えたのか、北丸さん、DPRKは選挙用に和平、中国には強く出る、イランは強硬派、すべてオバマ氏の揺ってきたことをつぶして、しかし一つも成功しておらず、青木さんは朝鮮半島を取材されて、板門店会談は評価、安倍氏には言わず、ボルトン氏は参加せず、ボルトン氏がハノイで横やりの前になり、当初ステップバイステップの予定をつぶして、ボルトン氏更迭も想起されたが、DPRKとは条件闘争、文大統領の意向もあり、でんでん総理はどうするのか不明。

 そして、トランプ氏、アメリカが嫌いなら出ていけ、オカシオコルテス氏が反発して、ヘイトスピーチであり、北丸さん、アメリカではレイシズム、人種主義、人種を単位=白人男性は移民のルーツ、これでアメリカは大騒動、白人の集会で言っていたことをホワイトハウスで言い、謝罪せず大変なことになり、女子サッカーの優勝時にラピノ選手、レズビアンでトランプ氏を表敬訪問しないとして、人種主義のため、ソフトバンクのサファテ選手が気に入らないなら出ていけ、アメリカの大統領が日本のネトウヨみたいなことを言ったらおしまい、ソマリア難民の女性にアルカイダを称賛したと、フェイクニュースにすら入らない捏造であり、早ければ下院でトランプ氏の非難決議になり、しかし共和党がダンマリ、1時間前で19人のみ批判、昨日はゼロ、下院は民主党が多いではない「大統領が差別したらアメリカはおしまい」、差別主義に対抗するのに民主党も共和党もないのに、男性主義の共和党は意気地なし(笑)、サルでもトップに従い、青木さん、自民党のトップが強い国と言っても反応しないと説かれて、北丸さん、アメリカでも同じ。

 リスナーより、トランプ氏の発言はドイツだと民衆扇動罪になるがアメリカだとどうかと質問があり、ヘイトスピーチの規制はどうか?ドイツはナチスがありレイシズムを法規制、北丸さん、アメリカではヘイトスピーチにカウンターが担保されて、それを守る、言論には言論であり、しかしヘイトスピーチは議論ではなく憎悪で言論の自由ではない+マッカーシーでの言論弾圧もあり、アメリカは学び、表現の自由と対抗言論は担保される。

 青木さん、アメリカが嫌なら出ていけは、アメリカに反発される、北丸さん、トランプ氏の奥さんは移民、スタートレックの加藤役の方、第2次大戦で強制収用所に入れられて、その時も日本に帰れと言われて、しかし加藤役の方は日本に行ったことはない、ソマリア難民の方もアメリカ生まれ、イギリスのジョンソン氏、トランプ氏と仲が良いがそれでもトランプ氏を批判。

 青木さん、暴露本で、トランプ氏は当選するとは思わず、北丸さん、デタラメ、青木さん、嫌ならアメリカから出ていけは反発の方が強くないか?北丸さん、トランプ氏暴言を支持する層は少ない、トランプ氏暴言は失敗、下院で非難決議は出て、しかしトランプ氏は謝らない。

 少女売春のあっせんをしたものが逮捕されて、トランプ氏らも関係ある、しかし司法取引で終身刑→減刑が蒸し返されて、来週別の話しが出るとトランプ氏のネタに国民が飽きる。

 来年の大統領選挙は、共和党はトランプ氏で決まりで、民主党の候補を青木さん問われて、北丸さん、バイデン、サンダース、ウォーレン氏で争い、トランプ氏の支持率は43%を超えず、アメリカ大統領選挙は総取りで、支持率では民主党候補は過半数を超えて、青木さん、ヒラリー氏が得票は多くても負けたと説かれて、北丸さん、コミー長官のEメール疑惑、直前までヒラリー氏優勢、一週間で変わり、民主党が誰になるかも分からず、民主党の資金はトランプ氏の1/3、今の段階ではトランプ氏は負けると出ていてもどんでん返しはあり、アメリカのメディアは再選は厳しいというものの、トランプ氏の経済政策を53%は支持、株が上がる、富裕層優遇、イランとの有志連合などグチャグチャ。

 青木さん、トランプ氏と各国の首脳は批判しながら付き合い、ブレグジット推進派もそうであり、その中で日本は武器爆買い+来日時に大接待で、これをアメリカの一般市民は知らず、有識者は「あの接待は何か?世界でトランプ氏を接待するのは日本だけ」+その後板門店で蚊帳の外+北方領土問題もだめ、安保条約にはアメリカが日本を守るとは一言もない、安保条約は日本を再武装させない、瓶のふたの論理、歴代の軍のトップは無視、交戦権は議会にあり、アメリカが日本のために戦うことは担保されず、自衛隊の方が数は多く、アメリカがハワイ、西海岸から来ることはない、安保条約は片務的というのは、思いやり予算などの日本の一方的な支出。

 青木さん、イランと戦争するかと問われて、北丸さん、トランプ氏は考えていないし、日本のタンカー攻撃は飛んできたものにやられて、アメリカはトンキン湾のこともあり、戦争を仕掛けるのは十八番、有志連合というトランプ氏の発言に乗ってはいけない。青木さん、アメリカは戦争になると固まり危険だと締めくくられました、グローバーさん、アメリカは大統領選挙か近づくと戦争を意図して危険と説かれて、青木さん、トランプ氏はオバマ氏否定、何をしでかすか分からず気になるとコメントされました、以上、青木さん、北丸さんのお話でした。この内容、例に寄りいくらでも拡散してください!

 

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close