わが子の命を守るため、平和憲法を守り、よく考えて行動して下さい! 

知人友人のみなさんへ
   杉浦公昭

 アメリカは、ペルシャ湾・ホルムズ海峡の自由航行確保の大義を掲げ、

有志連合の結成を目指し、同盟国などへの参加要請を始めました。

 日本政府は、今の処、アメリカの要請に応じるか否か「答えを差し控え

ています」が、参院選が終わると、アメリカの言いなりになって、自衛隊

員を派遣する可能性が大きいと考えます。

 我が国の自衛隊員を、血を流す戦場へ送ってはいけません!

 自衛隊員は、日本国憲法には、入隊時に忠誠を誓っていますが、日米

安保安や安保法制には、忠誠を誓わされてはっていません。

 災害救助では人命救助などで国民から歓迎され、自らも誇りをもって

活動している若き自衛隊員を、血を流す戦場へ送ってはいけません!

 血を流すのは、命令する為政者でなく、命令される自衛隊員だからです。
 国民の皆さん!


  愛する我が子たちを戦場へ送らないよう平和憲法を守り、よく考えて

行動して下さい、宜しく、お願い致します。

                           敬具。

—————————————

北海道新聞2019711日朝刊より

      ———————————————————————

東京新聞2019712日朝刊より

英「イランが航路妨害」 ホルムズ海峡付近  革命防衛隊は否定

 【ロンドン=藤沢有哉、カイロ=奥田哲平】中東のホルムズ海峡付近で十日、イランの

船舶三隻が英国の石油タンカーの航路妨害を試み、護衛していた英海軍フリゲート艦の

警告で退去した。

 英政府が発表した。米CNNテレビ(電子版)は米政府当局者の話として、イランの精鋭

軍事組織「革命防衛隊」が拿捕(だほ)を企てたと伝えており、英国によるイランの石油

タンカー拿捕に対する報復を狙った可能性がある。

 欧米とイランの緊張がさらに高まるのは必至。米軍は、ホルムズ海峡などで海上交通路

(シーレーン)の安全、自由を確保するために、同盟国などとの有志連合の結成を目指して

おり、動きの加速につながる可能性がある。

 一方、イラン革命防衛隊は十一日、「過去二十四時間に英国を含む外国船と出くわしては

いない」と否定した。

 米CNNテレビによると、英タンカーはペルシャ湾からホルムズ海峡へ航行していたが、

革命防衛隊の小型船五隻に、針路を変えてイラン領海に停泊するよう命じられた。

 タンカーを後方で護衛していた英海軍フリゲート艦が船に機銃を向けた上で警告を発したという。

 十一日の英政府の発表では、イランの船舶三隻が航路妨害を試み、フリゲート艦が英タンカー

との間に割って入ったと説明。その上で「イランの行動は国際法に違反している。

 引き続き、イラン政府に地域の緊張緩和を求める」と強調した。

 欧米とイランは、米国の経済制裁やイランによる核合意の一部不履行で関係が悪化。

 四日には、イベリア半島南端の英領ジブラルタル沖で、欧州連合(EU)の制裁に違反した

疑いがあるとして、イランの石油タンカーを英海兵隊などが拿捕。

 イランは即時解放を繰り返し求め、ロウハニ大統領は十日に「危険な状況を招いたのは

英国。その結果を後で理解することになるだろう」とけん制していた。

clip_image001

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close