衆院選衝撃予想 TBSが伝えた「れいわ37議席獲得」の現実味

衆院選衝撃予想 TBSが伝えた「れいわ37議席獲得」の現実味

公開日: 更新日:
共生に大きな一歩(左)、共産候補も応援(右)/(C)日刊ゲンダイ
共生に大きな一歩(左)、共産候補も応援(右)/(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 早速、「当事者」が風穴をあけた。1日召集された臨時国会。参院選で「れいわ新選組」から初当選した重度障害者の2人、舩後靖彦、木村英子両議員の国会内での介護費用について、参院が当面負担することになった。

 2人は大型車いすで生活し、常に介護が必要だ。普段は公費負担のある「重度訪問介護」を利用しているが、厚労省の内規では通勤や営業活動など「経済活動」に伴う「外出」は公費負担の対象外。「職場」にあたる国会での介護には多額の自己負担が伴い、2人は「議員活動に支障が生じる」と対応を求めていた。

 参院議院運営委員会は重度障害者への職場支援についても、早急な制度見直しを政府に求めることで一致。国会内のバリアフリー化も進み、選挙中にれいわが訴えた「障害者と健常者が共に暮らせる社会」の実現に向け大きな一歩となった。

 こうした動きを大メディアも選挙中のように無視できなくなり、今さら連日、れいわ特集を組んでいる。31日付の毎日新聞は山本太郎代表のインタビューを掲載。改めて次期衆院選で「政権を取りに行きたい」と意気込み、全国で「独自候補100人」を目指すと強調した。

 既成野党もラブコールを送り、年内解散説も飛び交う中、次の衆院選でれいわはどこまで躍進できるのか。「37議席獲得」と衝撃予測を伝えたのは、31日放送の「ひるおび!」(TBS系)だ。試算方法はこうだ。

 れいわが活発に街頭活動を行った東京での比例得票率は7・95%(約46万票)に達し、国民民主党の4・74%(約27万票)を大きく上回った。この得票率を衆院定数465議席に単純に当てはめると、37議席に達するというのだ。

「なぜ、東京の得票率?」との疑問は残るが、コメンテーターとして出演した共同通信の柿崎明二論説・編集委員は「まんざら狙えない数ではない」と太鼓判を押していた。東京で沸きあがった「れいわ旋風」が全国に広がれば、大躍進もあり得るということだろう。

 この数字は、結党2カ月で92年の参院選で4議席を獲得、翌93年の総選挙で35人を当選させた日本新党の勢いを上回る。この躍進によって日本新党は政界のキャスチングボートを握り、細川護熙代表が非自民連立政権を樹立し、一気に総理大臣に駆け上ったものだ。

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう言う。

「山本代表は決して、れいわ単独で政権を狙っているわけではなく、真の野党共闘を求めています。参院選で選挙区を回り共産や立憲の候補を応援したのも、真の共闘の手本を示すため。本来なら野党第1党の立憲の枝野代表の仕事です。前回の衆院選は希望の党結党による分裂騒動もあって、野党はバラバラ。全289小選挙区で与党との一騎打ちに持ち込めたのは56選挙区だけ。

 野党候補を一本化すれば63選挙区で与野党の勝敗が逆転するとの試算もある。れいわが起爆剤になれば、その数はさらに増えるはずだし、共闘が実現しなければ野党は壊滅です。一本化を果たせば、れいわは20~30議席を得る潜在能力はありますが、山本代表は真の共闘のためなら『100人擁立』を喜んで取り下げると思います」

 山本太郎代表を生かすも殺すも、既存野党の熱意次第だ。

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close