和歌山放送ラジオ ボックス(2019/8/9) 伊藤宏 表現の不自由展中止から民主主義の危機を説く、進次郎氏、クリステル氏の婚約ニュースで大事なニュースがつぶされるメディア状況を危惧する!

 和歌山放送ラジオ ボックス(2019/8/9) 伊藤宏 表現の不自由展中止から民主主義の危機を説く、進次郎氏、クリステル氏の婚約ニュースで大事なニュースがつぶされるメディア状況を危惧する!

 

 永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学教授、新聞うずみ火編集委員の伊藤宏さんでした。司会は赤井ゆかりアナウンサーでした。

 小泉進次郎氏と滝川クリステル氏の婚約と安倍政権のデタラメ、報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さんがブログで指摘されています、https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12502800100.html

 

 伊藤先生の脳にきくニュース、今週のテーマは、リスナーより、あいちトリエンナーレのこと、慰安婦像設置に政治家がバッシング、政治家は都合の悪いことをなかったことにするとあり、伊藤さん、あいちトリエンナーレの企画の一つで表現の不自由展、伊藤さんも関心あるのにテレビで取り上げられず、問題点は2つ、公費でのイベントにガソリン脅迫で中止になり、表現の自由の意味、さらに公権力、政治権力を持つものがこれは好ましくないとするのは憲法21条の禁じる検閲、様々な意見はあり、不快との声もあり抗議も予想されたが、最初に河村市長が慰安婦で強制連行の証拠なし、名古屋市が認めた、日本国民の心を傷つける+大阪市の松井市長+吉村知事が火に油を注いで、愛知県知事は辞職しろ、この3人の発言は大問題、日本国民の心を踏みにじると河村氏はいうものの、日本国民には様々な考えがあり、多様性を憲法21条で保証するのに、河村氏、松井氏、吉村氏について、今回の企画を不快に思う人たちだけの価値観であり、吉村氏は公金、税金でやるなというのはおかしい、税金で偏った意見と言うのはおかしい、3人の描く日本人以外も税金を払っており、民間の団体のやることを排除はおかしい、公共の施設だからできることがあり、伊藤さんも納税して、行政も批判する人があり、吉村氏、松井氏には批判的、政治権力を持つ人たちが民主主義無視、表現の不自由展、様々な理由で展示できないものを扱い、どうして展示できないのか、それを考えて議論すべきで、伊藤さんもどんなものが拒否されたか見たい、権力者が芸術を支配したら民主主義は破綻、日本はクールジャパン、オリンピックとして様々な価値観を受け入れようとしているのに、日本は多様性を認めないと発信してしまい、イベントには国、政府に寄り添ったものしかできなくなったらおしまい、過去にも展示拒否はあるが、反日プロパガンダというものの、戦前の日本を美化したいものたちの発想で、今の日本批判ではない、アーティストには反日感情のある人もあるが、それを許さないとしたら、社会情勢が変われば逆であり、これを許したら戦前と同じ、表現の自由破綻、民主主義否定、もっと議論しないといけない、近年民主主義の危機で、権力による検閲は許してはいけないと説かれました。

 

 さらに、今日は長崎原爆の日、広島もあり、平和式典をご覧になり、広島で、市長が核兵器禁止条約批准を名言したもので、本人の考えも変わったかも知れないが、被爆74年、被爆者には核兵器のない世界は実現せず、安倍総理のあいさつはコピペではだめ、被爆者も高齢化して、生きているうちに核のない世界を目指すべき、8/6、8/9、8/15、8月は戦争について考えるべきで、しかしそれなのにおめでたい?話があり、伊藤さんは婚約をとやかく言わないが、発表した場所が問題、進次郎氏とクリステル氏が婚約を首相官邸でやり、8/6や8/9を避けたのは原爆のニュースに埋もれるからと勘繰られて、さらにホルムズ海峡有志連合もかき消されて、それを意図したものならメディアの悪用として大問題、安倍氏も菅氏もビックリというが、今の政治状況を見たら問題、伊藤さんクリステル氏はアナウンサーでメディアを知っているのに、プライベートなことを首相官邸でやるべきでないと言うべきで、問題なのはテレビはこれ一色、臨時ニュースも乱発されて、トップニュースになるものか価値観はあるものの、伝える順番としてどうか?結婚するとして、公の施設でやるべきか?ほかのニュースをかき消すほどやるのは問題であり、表現の不自由展も手段を奪われたもの、大きな話題の影で大事なことが進められることも過去にはあり、メディアも企業で利益を求めるとしても、吉本の時もそれ一色になり、報道の自由を自ら放棄したメディアは大問題、もう少しゆっくり考えるべきであり、一部のメディアは指摘しても、なぜ官邸でまで、官邸で結婚発表を問題視したメディアはなく、メディアスクラム、進次郎氏は最近影が薄くなっていたのが脚光を浴びるもの、安倍総理も様々なスキャンダルを隠してくれて、メディアはこのような動きでは安倍政権とwin-winでも国民にはそうではない、このニュースは検証すべき、赤井さん、広島原爆が後に追いやられたと説かれて、伊藤さん、突然のハプニングとしてもメディアは考えるべきと説かれました。リスナーより、参院選が終わり、議員報酬をもらうのに疑問符の議員もいるとの声がありました、以上、伊藤さんのお話でした。

 

 

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close