「角兵衛獅子の唄」の感想文

各位
我が友人の玄間太郎さんの最新作「角兵衛獅子の唄」の感想文です。
この本は江戸中期の新潟月潟村の子ども獅子「角兵衛獅子」の物語である。
私は知らなかったが周りの人に聞いてみるとある程度の年齢以上の方には美空ひばりの「越後獅子」でかなり知られているようだ。
洪水や、親の死や、親との別れ等それぞれ事情があって孤児となり「角兵衛獅子」となった16人の子どもたちの物語である。

ブログに感想文を書きました。

アマゾンレビューも書きました。
興味のある方はお読み下さい。
以上です。
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close