米国の学校で銃による事件が後を絶たない。今年はこれまでに35件発生し、7人が死亡した。人口よりも多い銃を抱える社会で生徒や親たちが、もがき続けている。(ニューヨーク=藤原学思)

 「ヒーロー(英雄)」

 米国の学校で4~5月に相次いだ銃事件で、犯人に立ち向かったノースカロライナ州の21歳の大学生やコロラド州の18歳の高校生をメディアはそう呼んだ。2人とも亡くなった。

 フレッド・グッテンバーグさん(53)は5月にニューヨークであった銃規制の討論会で、そんな世論を批判した。「誰一人、命を差し出していいわけがない。ヒーローに興奮して、銃による事件を当たり前のように扱って。普通じゃない」

 フロリダ州パークランドの高校で昨年2月、当時19歳の元生徒の男が乱射した半自動ライフル銃で、生徒ら17人が殺害された。その中にグッテンバーグさんの長女、ジェイミーさん(当時14)がいた。

 なぜ銃による事件が多発するのか。討論会で司会者が問うと、会場から声が上がる。怒り、政治情勢、精神疾患、社会的孤立。グッテンバーグさんは答えた。

 「銃を手に入れることが簡単だからです」

 娘が亡くなった日はバレンタインデーだった。夜、自らの結婚式の映像を家族で見ようと思っていた。いつもと同じ慌ただしい朝。それが最後になるとは想像もつかなかった。

 「同じことが、この後すぐにでも皆さんに起こりえます」

 事件後、各地で講演活動を続ける。「銃による暴力は、正し、避けることができるとわかってほしい」

 米国社会には人口より多い4億弱の銃器がある。合衆国憲法修正第2条は銃所持の権利を認める。圧力団体、全米ライフル協会銃規制に反対している。

 グッテンバーグさんが推進するのは弾薬を買う時に身元確認を求める法律の制定だ。3月、野党・民主党議員が法案を提出した。

 「法を守る所有者から銃器を取り上げるのではなく、殺人を起こそうとする人を防ぎたいだけです」

 法案は「ジェイミー法」と呼ばれる。上院で共和党が多数を占める情勢で見通しは厳しいが、グッテンバーグさんは決意を語る。「来年の選挙が私にとって全てです。賛成してくれる議員や大統領を誕生させるため、ジェイミーの父として、人生を捧げます」

コロンバインに「心酔」

 学校での銃撃事件が注目されたきっかけの一つは1999年、コロラド州リトルトンで起きたコロンバイン高校の事件だ。生徒2人が銃4丁で13人を殺害した。

 事件から20年を迎えた4月20日、追悼式があり、同校近くの記念碑に多くの人が訪れた。17歳の長女、15歳の長男と来たメーガン・リップスさん(42)は元教師。「あの事件が学校を恐怖の場所に変えた。親も教師も命を守ることを強く意識するようになった」

 近くに住むデブ・マッカーシーさん(67)は直前の騒動を嘆いた。

 「たった1人の18歳の少女に、50万人の生徒や児童が影響を受けた。銃は何のためにあるのでしょうか」

 追悼式の5日前。フロリダ州の女子高校生がコロンバイン高から2キロ足らずの銃器店を訪れ、散弾銃と弾薬を買った。フロリダでは銃器購入は21歳から。コロラドでは18歳から可能だ。

 書類に必要事項を記入し、犯歴照会もクリア。「疑う理由はなかった」。店の責任者はフェイスブックでそう釈明した。

 ネット上には、この生徒の名で人生を嘆くような文言や、銃や刃物のイラストが残されていた。コロンバインの事件に「心酔していた」とされ、捜査当局はツイッターで名前や顔を公表。「武装し、極端に危険と考えられる」と情報提供を呼びかけた。

 生徒は2日後、銃器店から約50キロ西にある山中で、遺体で見つかった。銃で自らを撃ったとみられる。

 この騒動で1千校以上の学校が閉鎖され、追悼式の開催も一時危ぶまれた。

進まぬ銃規制に一石

 AP通信の世論調査では「この20年で学校の安全性は減退した」と答えた米国の成人の割合は67%に上り、「増大した」の13%を大きく上回った。連邦レベルでの銃規制を求める割合は67%。だが、規制はほぼ進んでいない。

 この現状にコロンバインの現役高校生が一石を投じた。

 「私がもしも銃で撃たれて死んだら、どうか遺体の写真を公開してください」

 過激ともいえるメッセージを印字し、署名して身分証明書やスマートフォンに貼ってもらう。キャンペーン名は「マイ・ラスト・ショット」(最後の写真/銃撃)。

 特設サイトには、こんな言葉が並ぶ。「人間の最悪の状態を見たときに進歩はなされる。解決策を見つけるには、問題を見つめなければならない。たとえ直視するのが困難でも」

 発案者のケイリー・タイナーさん(17)は言う。「不快に思う人がいることは想定済み。銃による暴力の現実はどのようなものか、議論を活発化させたい」

過去最悪を更新

 米海軍大学院国土防衛・安全保障センターは、幼稚園から高校までの銃事件についてデータベースを公表している。昨年は97件発生し、56人が死亡。1970年以降で最悪となった。今年は6月15日までに35件が発生、7人が死亡した。

 70年以降の学校での銃事件で、殺害の意図があった容疑者の4人に3人が10代で、3人に2人が現役生徒だった。

 データベースの開発者、デビッド・リードマンさんは「学校の敷地に入る資格のある生徒自身による事件を防ぐのは非常に難しい」と指摘する。「動機は様々だが、銃を買えないはずの18歳未満の少年が多く関わっている。銃の所有者ら大人にも責任がある」と話す。

(あわせて読みたい)銃業界、トランプ氏や共和党に巨額献金 銃規制に重い腰
米国で進まない銃規制。強く反対する「全米ライフル協会」などによる献金が、大きく影響しています。
(こんな記事も)10代の大学生、銃乱射なぜ ネットに残した犯行声明
米カリフォルニア州で起きた、シナゴーグ(ユダヤ教の礼拝所)の襲撃事件。犯行に使われたのは、殺傷性の強いライフルでした。