J-WAVE JAM・THE・WORLD(2019/8/27) 青木理&宮台真司 アベトダウン、クズノミクス日本を最悪にしない方法を語る&荻原博子 年金メルトダウンを語る

J-WAVE JAM・THE・WORLD(2019/8/27) 青木理&宮台真司 アベトダウン、クズノミクス日本を最悪にしない方法を語る&荻原博子 年金メルトダウンを語る

 

 永岡です、J-WAVEのJAM・THE・WORLD、司会はグローバーさん、火曜日のニューススーパーバイザーはジャーナリストの青木理さんでした。…ちなみに、29日6時から、文化放送ラジオで、荒川強啓ナイトキャッチ、老後を考えると題して2時間の番組があり、青木さん、小西克哉さんが出られます。これもできるだけ聞きます!

 

 年金の財政検証について、荻原博子さんがお話されました。国民年金だと3割下がり、それも経済成長の進む場合で、今のような米中対立、景気後退してどうなのかとグローバーさん説かれて、以前報道するラジオでキャッシー荻原と自称された荻原さん、年金は5年ごとにチェック、過去こうだから、将来こう、6つのパターン+2つのオプション、国民の年金に対する不安、このパターンだと今の給料の何割となるもので、選挙前になぜ出さなかったか、先送りにされたと荻原さん説かれて、前回は6月、今回は選挙に不都合、出たものは荻原さんにも訳が分からず、選挙前に出したらまずい、どこがまずいか、6つのパターンで現役給料の5割に合わせてこじつけ、2つのオプションがあり、一つは主婦がパートだと、厚生年金に入らないとならない場合があり、それを悪用したもの=年金を支える人を増やす+60歳まで払う→65歳まで+支給開始を遅らせて、いずれ70歳支給にしたい、しかし、今回厚生年金に全員入れるというものの、58000円以上の給与だと学生も入れる=みんな困る、たった6万円の収入で1割以上取られて手取りが減る、年金を払う人だけではなく、半分負担する企業もエライことになり、グローバーさん、企業は人を雇わなくなると説かれて、荻原さん、年金は破綻している、弥縫策で年金の延命策をしても、国民にしっぺ返しであり、本来必要な対策は抜本的に今の年金はどうなっているか?問題を洗い出すべきで、これをやったら国が潰れる、年金は破綻して、真実を国民に知られたらまずい。 

 グローバーさん、データは政府による改竄があったと説かれて、荻原さん、財政検証は2009年だといいデータを出したので粉飾決算と言われて、2014年は誰も理解不能、今回もそうであり、きちんと問題点を検証せずこれである、今後の老後資金について国民は考えないとならず、荻原さん、年金は破綻しないがもらえる額は減る、今からお金をためよう=消費するな、と締めくくられました。

 

 今、アマゾンの森林で大規模な火災、日本のメディアは報じないものの、エライことであり、ジャーナリストの志葉玲さんが報告されています、https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20190827-00139985/ 私はこれを知り、半世紀近く前のSFアニメ、科学忍者隊ガッチャマンで、悪の組織ギャラクターが、アマゾンの森林を破壊して地球を酸欠にして滅ぼそうとする作戦をしていたのを思い出したものですが、日本もそのギャラクシーの一味、そういえば何をしても逃げる安倍総理や菅長官は、ギャラクターの首領のベルクカッツェもすぐに逃げのと同じ(太平洋戦争の際の将校みたいに)ですが…

 

 昨日は青木さん出られて、津田さんも含めてあいちトリエンナーレのことも話されて、今日のニュースから青木さんの気になったのは、韓国の文政権の側近のスキャンダル、政権の5本指の娘の不正入試、この人を法務大臣に文氏はしようとして、今の日韓対立で、文氏の側近のスキャンダルで政権基盤の揺らぐこともあるが、京都アニメーションで被害者実名公開にグローバーさん疑問、遺族が嫌、リスナーも遺族に寄り添え、やるにしても話し合え、遺族の許可はあったのかと説かれて、青木さん、基本的に殺人事件だと警察、メディアも実名を出すものの、今回は被害者に温度差があり、なぜ実名を出すのか?津久井やまゆり園の際も公表せず、重度障害者の親が出さないでほしい、ネットに出される、他方青木さん事件取材で、被害者の名前が出ないと犠牲者は数になり、しかし一人一人に人生があり、事件の実相をメディアは伝えて、原因をジャーナリストは解明すべきなのに、取材は困難+警察が意図的に隠したい、桶川ストーカー殺人、警察の怠慢で相談に合わず殺されて、これで被害者の名前を警察が出さないと、取材も困難で、名前を出すのは大切だが、被害者にメディアスクラムも懸念されて、メディアがしっかりすべきと説かれて、グローバーさん、嫌だと言っている遺族に青木さんのような説得をできるか、それでも嫌かと問われて、青木さん、警察が対応しても難しく、ジャーナリストには強制力はなく、嫌だと言っている人に対してどうやるか?発表を警察任せだと冤罪、隠蔽もあると説かれました。

 年金問題、青木さん、荻原さんの話をラジオでタクシーの中で聴いて、解決策の最後は貯金、金融庁の2000万円は大変なもので、それも成長率が下がるとエライことになり、消費せず貯金→リスナーさんの言うように日本破滅、選挙の前に財政検証を出して、与野党協力してやれと説かれました。

 

 UP CLOSE、ラジオジャーナリズム界の代打の神様?社会学者の宮台真司さんとの最強タッグでした。青木さん、宮台さんを考える定規だと説かれました。

 以前は6月に来られて、宮台さん20分では短い、表現の不自由展、津田さんも昨日お話されて、朝日新聞で宮台さん発信されたが、これについて、朝日新聞の依頼は、殺到する抗議にどうするか?否定的な反応には、市民、政治家の抗議、勝手に発信させたらいい、クリエイターが控えたらヘタレ、違法な脅迫は警察マター、知事が警察を動かせ、政治家の嫌がらせ、予算権による恫喝=政治家の民度の低さ、法律の名前は変わったが、文化芸術基本法、2001年の付帯決議を織り込んで、内容に介入しない→舌の根の乾かぬ内に政治家の圧力、抗議に関して、5年前、シャルリエブド事件に、産経までテロに屈するな、しかし今回は右からそれは出ず、右はクズ(笑)。3日で中止は、まずい、テロリストに塩を送った、中止せずに、議論提起で市民も巻き込むべき。 

 青木さん、朝日新聞のインタビューで、パブリックとアートの対立、アートは不快に思わせるものもあり、パブリックとの結実は難しいと問われた件を問われて、宮台さん、アートはロマン派、BC5のギリシャ、エジプトを敵、神に反する、それを否定したのがギリシャ、ギリシャはBC12世紀から暗黒の時代、記録がソクラテスなどあり、こうすればいいことが起きると考えても仕方ない、オイディプスの運命もあり、目をなくし、何かをしたらどうかなる、ではなく、世界はそもそもデタラメ、芸術はパトロンに媚びる表現→ブローカーにより市場ができて、社会の外へ、になり、ギリシャの人たちは、社会の中にも理不尽なことがあるとわかり衝撃、ニーチェまでそれで、ワーグナーは本当のことを知っているのに大衆に媚びた…青木さん、パトロン、大衆に媚びたらアカンと説かれて、宮台さん、衝撃を与えて安易な社会にしてはいけない。

 ニューディール政策で、壁画を作り、フィラデルフィアで公共予算の特定をパブリックアートにする→60、70年代に、環境問題で地域芸術祭り、ニューヨークの公園で建造物が不安と言われて反対運動、倒れるようなもので、この時点でパブリックとアートは両立しえず、トリエンナーレも同様で、パブリックアートはくだらないと宮台さん、政治家に媚びないと表現はできない。

 青木さん、大村知事は、公金を出す芸術だから自由にと言ったことを説かれて、宮台さん、地域の芸術と異なるものもあり、しかしパブリックアートは、知事の言うことが正しく、アートは娯楽、人々が楽しむものではなく、困難にするもので、政治のコミニュケーションに問題、ドイツで、ヒットラーの登場をイエスに例えて汚名を着て、政治の営み=社会の営み、社会の外を暗示すること、政治的イデオロギー対立にある人も含むものがアート。

 青木さん、津田さんは安倍政権でメディアに圧力、排外主義で押しつぶされそうになったアートを、ジャーナリスティックにやりたいと言われたと説かれて、アートのものと異なる、宮台さんと話すと宇宙の果てまで行く(笑)。

 そして、参院選、良くも悪しくもポピュリズム、れいわ、N国、良し悪しを論じる前に、慶応義塾大学の方、アベノミクスは破綻、それで投票した人はなく、日韓問題で安倍氏を支持して自民党に入れて、文政権も日本に対立、日韓が対立して票をもたらし、しかしアメリカと農産物、自動車、トウモロコシの件で安倍政権に時期をずらして票を与えて、どちらも、日本、韓国、アメリカも政権維持のための政権=ポピュリズム。

 青木さん、安倍政権、トランプ政権、文政権と、格差拡大もあり、しかし日米韓の状態は異なり、なぜ政治はこんなに愚かになったか、宮台さん、社会資本の破綻、ネットで見たいものしか見ない、感情の政治であり、真実かではない、公益ではなく、自分が気持ちいいから投票する、現政権がポピュリズム、野党は政権を取らないとしていて、ノンマジュリティポリティクス、被害妄想、ネトウヨは少ないのに、うまく振る舞い、多数派の取るべきものを獲得して、ネットユーザーの半分を取ると専門家は解析して、異常事態ではなく、正常化、今まで作ってきた虚構が破綻、賞味期限切れ、戦後、高度経済成長、戦後20年は投資より労働の利益が大きく中間層を作り、社会基盤を作り、リベラルという余裕ができて、しかしこんなことはもうない、疑心暗鬼+被害妄想=排他性になる。

 青木さん、余裕を失い、理性でなく獣に人間がなったと説かれて、宮台真さん、人間の動物化、共同体の損得を考えず、民衆は気分がいいからと墓穴を掘る形になり、それを与党の政治家の票田になる。

 青木さん、日韓関係、こんなことをして喜ばない、宮台さん、中国、ロシアは大喜び、青木さん、日韓関係について、どちらも悪循環だと出口なし、宮台さん、韓国はアメリカと微妙になると中国に接近、アメリカの覇権が落ちて、中国、インドに接する、日本はそちらに緩衝地帯なしに接する。

 青木さん、れいわについてある人はシンパシーを抱いているが、宮台さん、立憲民主党は労組出身で反発されて、単なるポピュリズムではない理由がれいわにはあり、MMT的なものは世界的にはトンデモセオリー、政権を支持するケツなめ経済学者と同じ、青木さん、MMTについて問われて、宮台さん、MMTで学会とネットが乖離する。

 青木さん、安倍政権は気持ちよさをポピュリズムとして伸びで、左派もポピュリズムに、でれいわかと問われて、宮台さん、東浩紀さん、ポピュリズムに対抗、しかし目には目を歯には歯を、ミイラ取りがミイラにならないように、しかい若い人たちは、政治、性欲、自分の本当に好きなものを避けて、短期的にはすっきりしても、長期的にはどうか、若い人たちには宮台さんの世代のようなコミニュケーションは無理、排外主義でポジションを取るクズになり、これが短期的にはリカバーはしない、青木さん、クズにはなるなと解釈されて、宮台さん、年金のことも語りたい、日本はクズばかり、信頼できる投資ファンドに預けて、利回りもいいものもあり、年金を払い投資するより、年金を信頼できるファンドに預ける、しかしそのためには信用できる社会資本が必要と締めくくられました、とうとう宮台さん30分近く話されて、必殺のケツなめも出ました(笑)、以上、青木さん、宮台さんのお話でした。この内容、例によりいくらでも拡散してください!

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close