「待ってました!」の一冊! ブックレット【「徴用工問題は解決済み」は本当か】

皆さま
 こんにちは。増田です。これはBCCでお知らせしています。重複・長文、ご容赦を!
「待ってました!」のブックレットを愛媛の高井さんが上梓されました。この問題につ
いては厚い単行本も出ていますが、雪崩を起こしそうな我が机上の積ん読本の山(笑)
を思いますと、なるべく薄くて、かつ中身はギッシリ過不足なく「徴用工問題」につい
て書かれたものが欲しかったので、これはピッタシ!(笑)
 ぜひ、ご購買、よろしく!

みなさんへ

 愛媛の高井です。BCCで送らせていただきます。

 現在の耐えがたい、しかし、必ずや克服し、変えていかなければならない現実―韓国

に対する日本の政府・メディア・社会の姿勢を前にして、それへの強い危機意識と

焦燥感から、以下のような小著―ブックレットを急ぎ、書き上げました。ご一読して

いただければ幸いです。

 

ブックレット

【「徴用工問題は解決済み」は本当か―植民地支配責任に向き合わない日本―】

 //////////////////////////////////////////////

 「徴用工への賠償問題は日韓請求権協定で解決済み」であるにもかかわらず韓国が

約束を破った、だから、すべての非と責任は韓国の側にあるとする、まさに、

「加害―被害の関係」を転倒させた、ほんとうに恥ずべき主張が、この日本社会を

覆っている。

『協定』を少し見れば、そこには、賠償や植民地支配・被害、あるいは反省・謝罪

などの文字さえなく、それが賠償のための『協定』などでは全くないことは一目瞭然

である。

   そうであるにもかかわらず、私の知る限りでは、『請求権協定』の文書さえ紹介される

ことなく、「請求権協定で解決済み」とする主張―完全なフェイクニュースが日本社会を

堂々と独り歩きしているのである。異常というしかない。

   その結果、日本政府・企業は、強制「徴用」し、強制労働を強いた朝鮮―韓国の人々に

いっさい謝罪も賠償もしていないにもかかわらず、「正しい(立派な)日本」と

「間違っている(悪い)韓国」という構図が、日本のメディア・社会の中で自明化されている。

    そして、韓国に対しては、「感情的で話の通じない国」「解決したことを何度も持ち

出す国」「約束を守らず、それを繰り返し反故にする国」「反日だけやっている危険な

国」等々とおびただしい差別的蔑視的レッテルが溢れ、やがて、そのような国とはつき

合うな、断交しろという主張までがまかり通っている。

    そのような中、在日コリアンの人びとや日本で生きる韓国の人たちは命の危険を感じ、

在日韓国大使館には、「ライフルを何丁も持っており、韓国人を狙っている」との趣旨

の脅迫文と銃弾が送り付けられる状況にまで到っている。

 

    このような目前の状況を少しでも変えていきたいとの思いから、この小著を急ぎ、

書き上げました。役立ててもらえるならば幸いです。

/////////////////////////////////////////

 【目次】

はじめに  

 第一章 「徴用工問題は『請求権協定』で解決済み」ではない

 (1)「植民地支配は合法・正当だった」が日本政府の立場

 (2)『請求権協定』で行ったことは賠償ではなく「経済協力」

 (3)その「経済協力」金は日本企業に渡された

 (4)『協定』の「請求権」は被害賠償請求権の意味ではない

 (5)請求権交渉(「徴用問題」)における日本の宗主国姿勢

 (6)日本政府、「経済協力」での「解決」を強要

 (7)朝鮮支配「合法」論に基づく『請求権協定』

 (8)「徴用工問題」は『請求権協定』で解決していない

 (9)「補償は韓国政府が行うと約束した」は本当か?

 10)『協定』締結によって開始された日本の経済侵略

 

第二章 韓国大法院「強制動員判決」の意味するもの

―『判決』は『請求権協定』に反していない―

 (1)『判決』と『日韓請求権協定』の関係

 (2)個人請求権の問題

 (3)「強制労働(徴用)問題」と国際法

 

 第三章『日韓条約―請求権協定』の歴史的位置、そして現在

 (1)謝罪・賠償のない『条約・協定』をなぜ締結し得たのか

 (2)『大法院判決』を生み出し、支持する現在の韓国

 (3)植民地支配責任を無視、「逆切れ」する日本

 

資料 【「徴用工問題」に対する日韓市民共同宣言】

   【強制「徴用」被害者遺族「記者会見」報告】

 //////////////////////////////////////////////

 <ご注文先>

  Eメール  takaihiroyuki123@gmail.com

 TEL・FAX  0898-25-7238 

 ◆ブックレット A5判(104頁) /価格 700円

 ※ 送付時に振替用紙を同封致します。(送料は実費分お願いします) 

10冊以上ご注文いただける場合は、1冊分 600円とさせていただきます。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【案内文】

  いま、「強制徴用被害」に関する韓国大法院判決を契機に、日本の「制裁(報復)措置」

を経て、日韓関係がかつてない危機状況にあることはご存知のとおりです。状況をここまで

到らしめた大本には、「徴用工への賠償問題は『日韓請求権協定』で解決済み」だから

「約束違反」、とする日本政府の強固で頑なな主張・姿勢が存在しています。

 

マスメディアも政府の主張を繰り返すだけで、その主張が本当かどうか、肝心の『請求権協定』

に即した具体的検証を全くしません。現代版「戦争行為」とでも呼び得る「制裁措置」(兵糧攻め)

を、日本国民の約70パーセントもの人が支持する恐ろしい状況を現出させている大きな原因の一つは、

「解決済み韓国の約束違反」とする政府・マスコミの主張を多くの人々が信じていることにある

のではないでしょうか。

 

 以上から、日本全体が一枚岩となって好戦的排外主義に向かう現在の危機的状況を変えていく

ためには、まずは、この、『請求権協定』の事実―真相を一人でも多くの人々に伝え、知って

もらうことが必要で大事であると考え、急遽、このブックレットを作成することとしました。

 

 まず、ここで紹介しておきたいことは、日本側は、この『協定』を、「日本による朝鮮統治は

合法で正しかった」という一貫した認識―立場で交渉し、締結したということです。したがって、

その非と責任を認めること―その立場に立ったことを意味する「被害賠償」など、立場上・論理上、

在り得なかったのです。

 

実際、この『請求権協定』やその基本となった『日韓条約』の文書には、植民地支配の非を認める

言葉も、それへの反省・謝罪の言葉もなく、また、被害・賠償・補償などという言葉自体がいっさい

出て来ず、存在していないのです。

 

 この拙著では、「解決済み」という主張が全くの虚偽であることを、『協定』の内容と、そこに

到る日韓交渉の内実から、証拠・記録に基づいて、具体的に明らかにしました。

 

また、『大法院判決』の実像についても考察するとともに、『日韓条約・協定』が締結された当時の

韓国―日韓関係と、現在の韓国―日韓関係とのその質・内容の決定的違いについても、歴史的射程の

なかで素描してみました。

 

ぜひ、一人でも多くの方々に手に取っていただき、現在の危機状況を少しでも変えていく一助に

なればと願っています。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close