Replay

Mute

Current Time 1:37
Duration 1:37
Loaded: 100.00%

Fullscreen

【動画】海外養子縁組の女性、母を探して66年ぶりに来日=白木琢歩撮影

 太平洋戦争後、貧困のため米国人夫婦に養子縁組されて5歳で渡米した女性が、66年ぶりに来日した。人種差別や虐待など異国で苦難に直面するたび、優しかった実母の思い出だけを頼りに生き抜いてきた。長い旅の果てにたどり着いた生まれ故郷で、彼女は何を見たのか――。

横須賀に生まれて

 2日夕方、成田空港第2ターミナル。白髪で小柄なバーバラ・マウントキャッスルさん(71)=米テキサス州フォートワース=が姿を現した。日本の土を踏むのは1953年以来、66年ぶりだ。

 バーバラさんは47年、神奈川県横須賀市で生まれた。当時の名前は、「木川洋子」といった。

 母の名は「信子」。父親は、日本に駐留していた米軍の兵士と思われるが、はっきりとは分からない。戸籍の父親欄は空欄だ。

 5歳になるまで、母の実家があった横須賀市秋谷周辺で育った。

 バーバラさんの記憶では、母は米兵がよく出入りする場所で働いていたという。生活は貧しかった。

 でも、母親はとても優しかった。

 「母と一緒に人形劇を見ながら、水あめを食べたの。母との間には楽しい思い出しかない」

米兵と日本人の子

 横須賀は明治以降、日本最大の軍港都市として発展した。敗戦後、旧軍施設は占領軍に接収され、多くの米兵が駐留するようになる。市史によると、50年代前半、性産業に従事する日本人女性と米兵との間に生まれた子どもたちが、貧困や社会的偏見など劣悪な状況に置かれ、社会問題になっていた。

 生活に困窮していたため、バーバラさんは、日米にルーツを持つ子どもを保護する神奈川県葉山町児童養護施設「幸保愛児園」に預けられた。

 そこで、日本に駐留していた米軍中尉との養子縁組の話が持ち上がる。

 53年7月の朝日新聞神奈川版は、この施設から初めての海外養子縁組に「木川洋子」さんが決まったと報じている。

 渡米前、母信子さんは何度も訪ねてきた。

 「アメリカには行きたくない」。バーバラさんはこう訴え、激しく泣いたという。

 「必ず迎えに行くから」

 母は、娘を必死になだめた。会ったのはこれが最後となった。

米国へ、苦難の暮らし

 米オレゴン州で始まった新しい暮らしは、苦難に満ちていた。小学校に通い始めたが、英語が全く分からない。つい数年前まで激しく戦った米国と日本。対日感情は悪く「ジャップ」とののしられた。

 バーバラさんは養父から性的虐待を受けたという。頼れる人は誰一人いなかった。

 「お母さん助けて」

 そう祈ることだけが心の支えだった。実母が迎えに来ると信じていたが、やがて日本語も、信子さんの顔さえも忘れてしまった。

 「私の若い頃はずっと孤独で悲しく、傷ついていた」。孤独感が薄れたのは19歳で子どもを授かってからだ。「実母が私にしてくれたように、子どもたちを愛しました」。男女4人の子どもを育て上げ、今は12人の孫がいる。

日本人の協力者

 18年8月、和歌山大観光学部の木川剛志准教授(43)のもとに、フェイスブックのメッセージが届いた。

 送信したのは、バーバラさんの長女シャーナさん(42)。日本生まれの母親のルーツを探しており、祖母に当たる信子さんのことを知らないかと、尋ねる内容だった。

 シャーナさんは「木川」という同姓の日本人をネット検索し、たまたま木川准教授にコンタクトした。

 普段は都市計画や映像制作などを研究している木川准教授。バーバラさんの縁者には、全く心当たりはなかった。

 だが、5歳で米国に養子縁組に出された経緯などを知り、心が傾いた。自身の息子もちょうど5歳だ。

 「この年で異国に渡り、どれだけつらい思いをされたんだろう」

 母親探しを手伝い、その過程をドキュメンタリー映画に記録しようと思い立った。

 当初の段階で分かっていたのは、名前だけだった。

 木川准教授は書類を精査し、横須賀市に住んでいたことを突き止めた。聞き込みを重ねたり、委任状をもらって市役所で戸籍を確認したり。お墓の場所や、信子さんの元同僚まで探し当てた。来日旅費や映像制作費用は朝日新聞社のクラウドファンディングサイト「A―port」で募った。

 「アメリカでバーバラさんに会って苦労話を聞き、この人のために何とかしたいと思った。この1年、人生をこれに懸けてきた」

母との再会

 ようやく実現したバーバラさんの来日。さっそく、母の足跡をたどった。

 横須賀市で、母の実家跡を訪ねた。「お母さんと顔の輪郭が似ている。本当によく帰ってきてくれた」。近くに住み、昔、信子さんと遊んだという天都(あまつ)カネ子さん(95)は、バーバラさんと抱き合った。

 信子さんは東京都八王子市に移り住み、日本人男性と結婚。87年に亡くなっていた。墓前に花を手向けたバーバラさん。「母は私のことを心配していたと思う。『私は大丈夫』と伝えたい」

 旅の終盤、サプライズが待っていた。信子さんが生前働いていた店の関係者が、一枚の写真を見つけた。大勢の同僚と共に、和服姿の信子さんが確かに写っていた。帰国予定日のわずか数日前のことだ。

 「これがあなたのお母さんよ」

 信子さんを知る久保公恵さん(74)が6日夜、写真を持って駆けつけた。

 「母がどんな顔をしていたかこれまで一生懸命思い出そうとしたけど、どうしてもできなかった。本当にうれしい」。バーバラさんは、あふれる涙を何度もぬぐった。66年の時を経て、ついに「再会」を果たした。

     ◇

 再会を支援した木川准教授は今後、ドキュメンタリー映画「yokosuka1953」の編集作業が待っている。来年3月完成予定。「戦争が終わった後も、その影響で過酷な人生を送り、苦しみ続けた人たちがたくさんいた。そのことを記録し伝えていきたい」

 一方、朝日放送テレビ(大阪市)では、バーバラさんや木川准教授の母親探しに密着した特集を、10月16日夕の情報番組「キャスト」で放映予定(変更の可能性あり)。(白木琢歩)