長崎原爆被爆者で漫画家の西山進さん(90)=福岡市南区=の作品展が6~10日、北九州戸畑区汐井町のウェルとばたで開かれる。「戦争はイヤだ!」をテーマに約30点が展示される。

 西山さんは現在の大分県宇佐市で育った。1945年8月9日、少年工として働いていた長崎市三菱重工業長崎造船所爆心地から約3・5キロ)で原爆に遭った。翌日、救援隊として爆心地付近を歩いて縦断した。そうした体験や反戦・平和への思いを描いてきた。

 作品展を主催するのはエフコープ生協(本部・福岡県篠栗町)の組合員でつくるテーマクラブ「ゆとりの時間」。エフコープ生協は原爆や戦争体験者の証言の聞き書きを20年以上続けている。その活動を西山さんはずっと励ましてきた。

 会場では連日午後2時から、証言の朗読などがある。地元・北九州市の戦争についても知ってほしいと、八幡大空襲のパネルも展示する。無料。問い合わせは「ゆとりの時間」(090・8395・8199)。(佐々木亮)