札幌講演会第二弾 天皇制にかんする自由討議

札幌講演会第二弾 天皇制にかんする自由討議

みなさまへ  (転送歓迎) 松元@札幌

天皇即位礼?
祝う前に考えよう!札幌講演会第二部 『天皇制にかんする自由討議』[元石原都政下の都教委に免職された増田都子さん、ピアカウンセラー・障がい者活動家の安積遊歩さんほか。]ぜひ、拡散を!

https://drive.google.com/file/d/1aWj3xlrMfQ8iEwj8onlg1x72vTCW1BD8/view?usp=sharing

ところで、ごまめの歯ぎしり

即位礼正殿の儀?って、もはや神でもない「天皇」が、瑞穂の国であれ大和の国であれ日本国であれ、この列島を「支配」する「王」となる神話の儀式でしょ。でも「神話と伝説によるものではない」と、ヒロヒトが言ってたけど。じゃ、何によるの?「主権」は人民=人々じゃないの?

いまにいたる「差別」の源泉となり続けている内外の「まつろわぬ民」たちを排外・敵視・従属し、「民草(タミクサ)・國民(クニタミ)」をあらためて「臣下」にするぞ、という神話の儀式でしょ。

誰も「臣下」や「赤子(セキシ)」だと思ってもいないのに、首相はじめ「三権の長」が国民を「代表」して「誓い」のことばを述べるって、それ「服属」するぞっていう儀式でしょ。これってあからさまな憲法違反じゃないの?

いまどきこんなの「宗教」なの?、こんなのを「日本人の宗教」だと思ってる人は何人いるんだろう?「政教分離」とか「信教の自由」とかあるのに、ヘンな特定の宗教を「国事行為」なんてヘンじゃない?

こんな空虚で無意味な「儀式」に、160億円!もういいかげん、やめたら?さらに何百億円もの税金で養ってる「皇族一家」、この空虚で無意味な「フリ」に囲い込まれた人生、いいかげん「解放」してやったら?

皇室宗教つまり神道と天皇制って、何の道義も倫理も持ち合わせていない「宗教」だってことは、この1300年の歴史が証明してるんじゃない?かつてのアジア侵略戦争のように、ただひたすら、夜郎自大の膨張戦略と姑息な誤魔化し恥知らずな泥縄戦術で、内外幾百千万の命を犠牲にし故郷を荒廃させただけだったんじゃない?

未来のない無限遡行の皇国史観と靖国神社遊就館と心中したいだけの、ただ低劣・卑劣な歴史偽造主義の日本会議の連中=つまりアベ自公政権に乗っ取られた日本国、ああ、いま日本人は壊れ堕ちてゆく。

天皇制なんて、もう賞味期限は切れたんじゃない?植民地主義とレイシズム(人種主義)、差別と排外の元凶、「天皇制」をホントに噛み切ることなしに、新しい未来って望めないんじゃない?

さぁ、いよいよ「天皇制」を噛み切るときがきたぞ。まずは一人ひとりの心の中で…。(松元ごまめ) 

Attachments area
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close