ラジオ大阪 早起き情報スタジオ(2019/10/27) 矢野宏 消費税増税から日本の財務省のデタラメと関西電力高浜原発ダーティーマネー問題を語る

ラジオ大阪 早起き情報スタジオ(2019/10/27) 矢野宏 消費税増税から日本の財務省のデタラメと関西電力高浜原発ダーティーマネー問題を語る

 

 永岡です、ラジオ大阪の、早起き情報スタジオ、新聞うずみ火代表の矢野宏さんが出られました。ラジコタイムフリーで聞きました。司会は里見まさとさんでした。里見まさとのおおきにサタデー以来です。矢野さん、コラムなどされて、気が付けば2019年も11月、早いのは、ある某公共放送の番組、ぼーとしていたら叱られる某チコちゃん、早いのはときめかないから(笑)、年齢を重ねるとときめかない?で、今日は45分間ときめくのです。番組プロデューサー林さんも同席です。矢野さんのお話、ラジオ関西や路上のラジオと重複する内容もありますが、大切なのでお送りいたします。

 

 今月の矢野さんのテーマは、消費税増税1ヶ月、世間はどうか、便乗値上げばかりと矢野さん指摘されて、食堂にて、それまで500円が550円になり、2%アップではなくであり、矢野さんびっくり、JRも10円上がるのは、初乗り120円→130円、8%アップ、里見さん、学生時代は日本もお金があり、矢野さん、借金1000兆円、国民一人当たり800万円、20年前はゼロ、税収が減り、社会保障が高齢化で上がったというものの、里見さん、医者に通うもので、薬をうまく処方できないかというもの、病院も薬漬けの方がお金が入り、人口減少=患者が減り、一人当たり薬を増やしている、医者にバックマージンと里見さん説かれて、また薬をジェネリック医薬品にというものもあり、里見さん、税収を増やすのはないので、どうなると問われて、矢野さん、財務省は目標にしている消費税は何と26%、OECDが1000兆円の借金があり、プライマリーバランスを赤字にしないためには消費税を26%にしろ、OECDの事務局次長は財務省の幹部、財務省は消費税を上げて赤字を消したい、里見さんびっくり、今国の借金1000兆円、国債発行もあり利息、どうなるか、バンザイかと問われて、矢野さん、日本のタンス預金は1600兆円あり、これを国民から財務省は吐き出させたい、ギリシャとの違いであり、借金>預金で日本はまだ持っている。

 里見さん、日本はサミットにも入っているのに、経済面では沈没と説かれて、矢野さん、借金は平成に入り増えて、消費税増税の時に法人税と、高額所得者の所得税を下げて、本来とるべきところから取らず、貧者から取るのが今の日本、里見さん、お客さんが騙される、矢野さん、大企業の内部留保は400兆円、法人税を下げても、トリクルダウンにならず、何のための法人税引き下げか?格差を広げただけである。

 里見さん、電力会社、大企業のトップの高額所得に怒りなのです。

 ここで1曲、ブラタモリオープニング、井上陽水さんの曲です。

 

 後半は関西電力の高浜原発ダーティーマネーのこと、里見さん、関電が森山氏にあんなことになるのかと、地元の方のことも懸念されて、原発立地のことを行かれて知り、しかし関電の問題点、矢野さん2つ問題があり、関西財界のトップの関電経営陣を震え上がらせた森山氏のことと、森山氏の3億はどこから出たか、原発マネーから、高浜3,4号機を反対運動なしに建設できたのは森山氏のため、里見さん、町民を把握した森山氏にビックリ、矢野さん、森山氏に頼むと建設会社は仕事をもらえた、原発の下請け、補修etcをもらえて、関係者で森山氏のことを悪く言う人はなく、原発マネーの還流、電力会社は原発立地にお金を出すものの、額は闇の中、吉田開発も競争入札なしで受注していたほど。里見さん、半端な金額ではない、矢野さん、原発は1基数千億円、明確化されず、立地に莫大な還流、里見さん、1000円のものを3000円もらいバックマージン、危険なものをそれで丸め込み、明確にならないのは問題、矢野さん、回りまわって幹部の懐に入り、八木氏らは辞任なものの、これで終わりではなく、どういう形であったか検証が必要だが、第3者委員会は期待できない、問題は昨年1月に金沢の国税局が吉田開発に査察して、3億のダーティーマネーがわかり、関電は森山氏に返そうとして返さず、昨年9月に関電は内部で調査、当時存命の森山氏に聴取せず、幹部26名に7年間の限られたもので、ダーティーマネーは3億以上の可能性があり、関電は森山氏に無理やり押し付けられたと、関電が被害者として書かれて、その後の監査役会があり、結論は、報告書は妥当、里見さん失笑、矢野さん、取締役会にも報告せず、監査役は土肥氏、元検事総長、検察のお墨付きでスルー、今回の担当は但木氏、土肥氏の10年後輩で、土肥氏のOKしたものを第3者委員会はNOと言えない+とりまとめは関電、関電に取り入れば弁護士たちはおいしい、これで有耶無耶にされる。

 矢野さん、高浜原発を取材、3,4号機は稼働、40年を超えた1,2号機を動かすために工事、里見さん、関電は恥ずかしい、林さん、ささやかな抵抗で電気を関電からやめて大阪ガスにした、里見さん、なら自家発電でやるかと締めくくられました、里見さん、ジャーナリストの話を聞くと勉強になるとも説かれました、以上、矢野さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close