改造から1カ月半、2人の閣僚辞任 安倍政権に打撃

改造から1カ月半、2人の閣僚辞任 安倍政権に打撃

記者団を前に河井克行法相の辞任について陳謝し頭を下げる安倍晋三首相=首相官邸で2019年10月31日午前9時6分、川田雅浩撮影

 河井克行法相(56)=自民党、衆院広島3区=は31日午前、首相官邸で安倍晋三首相に辞表を提出し、受理された。同日発売の週刊文春が今年7月の参院選で初当選した妻の河井案里参院議員(46)=同、参院広島選挙区=の陣営が車上運動員に法定上限を超える報酬を支払った公職選挙法違反疑惑を報じたことを受け、法務行政への影響を考慮して責任を取った。首相は後任に森雅子元少子化担当相(55)=参院福島選挙区=の起用を決めた。

大勢の報道陣が集まる中、安倍晋三首相に辞表を提出したことを明らかにした河井克行法相(中央)=首相官邸で2019年10月31日午前8時27分、川田雅浩撮影

 9月に発足した第4次安倍再改造内閣では、地元有権者に秘書が香典を渡したなどの公選法違反疑惑で菅原一秀前経済産業相が25日に辞任したばかり。改造からわずか1カ月半で2人の閣僚が辞任し、安倍政権に打撃になりそうだ。

河井克行法相の後任に内定し記者団の質問に答える自民党の森雅子参院議員=首相官邸で2019年10月31日午前8時48分、川田雅浩撮影

 河井氏は辞表提出後、記者団に疑惑について「私も妻も全くあずかり知らない。今後しっかり調査して説明責任を果たしてまいる」と語った。一方、「法務行政に対する国民の信頼が損なわれてはならないと考え、妻と相談したうえ今朝決断した」と辞任の理由を説明した。

 その後、首相は記者団に、「(河井氏を)任命したのは私で、責任を痛感している。国民に深くおわびを申し上げたい」と述べた。相次ぐ閣僚辞任には「厳しい批判は真摯(しんし)に受け止めなければならない」とも語った。後任の森氏については「弁護士で、かつて(担当相として)特定秘密保護法を成立させた。法務行政を力強く前に進めていただきたい」と説明した。

 週刊文春は、案里氏の陣営が7月の参院選で車上運動員に対して公選法で定められた日当の限度額(1万5000円)を超える3万円を支払った疑いがあるとし、参院選は夫の河井氏が事実上仕切っていたと報じた。このほかジャガイモなどの贈答品を地元有権者に贈った疑いもあると指摘した。

 河井氏は当選7回。副法相、首相補佐官、党総裁外交特別補佐などを務め、9月の内閣改造で初入閣した。菅義偉官房長官を支える無派閥議員グループのとりまとめ役を務める。菅原氏に続いて初入閣した菅氏側近が相次いで辞任する事態となり、菅氏の求心力にも影響しそうだ。

 案里氏は、広島県議を4期務めた。7月の参院選広島選挙区(改選数2)では、現職の森本真治(無所属)、溝手顕正(自民)両氏と案里氏の三つどもえとなった。自民党は広島県連が溝手氏を、菅氏が案里氏を支援して2議席独占を目指したが、激戦の末、溝手氏が落選した。

 2012年の第2次安倍内閣発足後、閣僚の辞任は10人目。政治とカネの問題では、14年10月、自身の関連政治団体による不明朗な会計問題が発覚した小渕優子経済産業相と、選挙区内で「うちわ」を配った松島みどり法相がダブル辞任。15年2月には西川公也農相が国の補助金を受ける会社から献金を受けていた問題で、甘利明経済再生担当相も16年1月に建設会社からの金銭授受問題で辞任している。【秋山信一、宮原健太】

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close