ダム建設より安価な堤防強化 

ダム建設より安価な堤防強化 

旧建設省研究所元次長・石崎さん「決壊防ぐ工法、再開を」

東京新聞 【茨城県版】 2019年11月6日

 台風19号で注目されている水害対策について、旧建設省(現・国土交通省)土木研
究所元次長で長崎大教授も務めた石崎勝義さん(81)=つくばみらい市=は、かつて
国交省が取りやめた比較的安価な堤防強化の再開を訴えている。話を聞いた。 (宮本
隆康)

 -各地で堤防決壊が起きたのは想定外か。
 驚きはない。台風が大型化していることと、強化されていない堤防が残っているため
だ。

 -強化された堤防と、されてない堤防があるのか。
 堤防が決壊すれば、氾濫する水は格段に増える。決壊の原因の七、八割は、川の水が
堤防を越える「越水」のため、越水対策を強化した堤防がある。

 -巨額の整備費で批判されるスーパー堤防とは違うのか。
 違う。堤防の裏のり(住宅地側のり面)は越水で容易に浸食され、決壊に直結する。
三十年ほど前、裏のりをシートなどで保護することなどで、越水に耐えられるようにす
る工法「アーマー・レビー」が開発された。シートなどを使うだけなので、費用は高く
ない。

 -整備の進み具合は。
 全国で十カ所ほど実施例がある。二〇〇〇年に旧建設省から、設計指針が全国の出先
機関に通知された。想定以上の雨で堤防が決壊する壊滅的な水害を防ぐ方法として「フ
ロンティア堤防」の名称で本格的に整備され始めた。
 全国の河川で計二百五十キロの整備が計画され、実際に信濃川や那珂川など四河川の
計十三キロで工事をした。しかし、二年後に突然中止された。

 -なぜか。
 ダム建設の妨げになると思った建設省河川局OBの横やりがあった。

 -それまで建設省は建設白書に五年連続で、想定以上の雨や越水への対策の必要性を
明記していた。中止の理由は、白書にどう書いているのか。
 急に記述がなくなり、理由は書いてない。

 -四年前の鬼怒川決壊は越水が原因で、かつて想定した通りの事態だが、国交省は堤
防強化を復活させなかったのか。
 国交省は、天端(てんば)(堤防の上の部分)や、のり尻(裏のりの下の部分)の補
強を始めた。しかし、裏のりを保護しなければ効果はほとんどない。バケツに穴が三カ
所開いていて、二カ所ふさいでも水が漏れてしまうようなもの。実際に昨年の西日本豪
雨で、天端とのり尻を補強した小田川の堤防が決壊した。

 -西日本豪雨の後の国会では、堤防の裏のり強化について質問された。
 シートをつなぐ接ぎ目に問題があるとの答弁だったが、それなら接ぎ目の問題を解消
すればいい。

 -国交省側は「あくまで試験的な事例」とも答弁した。
 全国に設計指針を回し、五カ年計画で二百五十キロの整備を予定した堤防が「試験的
」なのか。

 -もし整備する場合、費用が問題では。
 既存の堤防の強化は一メートル三十万~五十万円で足りると思う。治水予算は年間九
千億円ぐらいで、近年はさらに三千億円ほど上積みしている。ダムやスーパー堤防を後
回しにすれば、数年程度で全国の堤防を耐越水化できると思う。
 沈下で低くなった堤防や川幅が狭くなる場所、合流地点など、特に危険な部分の強化
だけでも、大規模水害をなくせると思う。

 -これほど決壊が相次いでも、大半の専門家は堤防の構造を問題視していないようだ
が。
 他にも同じ意見の人たちはいる。ただ、OBの多くは仲間の批判をしたくないのだろ
う。現役官僚は、堤防強化を中止した施策に縛られているのではないか。

 -「ハード対策に限界」との報道もよく見る。
 これまでの堤防は越水に無力だったが、少しの手直しで耐えられるようになる。水が
堤防を越えることを前提とした技術は、温暖化で豪雨や台風の大型化が普通になった今
こそ、生きる。市街地をひかえる堤防区間では、すぐに堤防強化をするべきだ。

<いしざき・かつよし> 一九六二年に建設省入省。木曽川下流工事事務所長や土木研
究所次長を歴任し、九一年退官。九九年から二〇〇六年まで長崎大環境科学部教授も務
めた。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201911/CK2019110602000149.html
?fbclid=IwAR29t0zXx-qxf-RCcyudiZtEP8tg2en0RckFJsm01w9QtYBg4zSGsrDXffg

==
==

「研究は成功していた」
「急な方針変更はダム推進のため」
「ダム建設に影響するのを懸念したため」
「フロンティア堤防整備など河川改修をすれば、ダムは不要」
「上からの指示です」
「ダムのためだと確信した。越水対策は省内でタブー視され、禁句になった。本来なら
十数年前に堤防を強化するチャンスがあったのに」
「土木研究所で越水対策の研究は順調に進み、完成している。とうの昔に対策は済んで
いると思い込んでいた」
「堤防を遮水シートで覆ったりするだけだから、ダムよりも予算はかからなかっただろ
う。対策をしていれば鬼怒川も決壊することはなく、堤防を越えた水だけがあふれ、浸
水被害はずっと小さく済んだと思う」

http://suigenren.jp/news/2016/09/19/8621/

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close