和歌山放送ラジオ 伊藤宏の脳に効くニュース(2020/8/15) 75回目の敗戦の日を語る、被爆国の責務を放棄した安倍総理にリーダーの資格はない、武器と差別がある限り戦争はなくならない、コロナ禍、和歌山のような成功例を見習うべき、感染症でも差別は国を滅ぼすことを警告する!

和歌山放送ラジオ 伊藤宏の脳に効くニュース(2020/8/15) 75回目の敗戦の日を語る、被爆国の責務を放棄した安倍総理にリーダーの資格はない、武器と差別がある限り戦争はなくならない、コロナ禍、和歌山のような成功例を見習うべき、感染症でも差別は国を滅ぼすことを警告する!

 

 永岡です、和歌山放送ラジオの、ボックス金曜日コメンテイターの、和歌山信愛女子短期大学教授、新聞うずみ火編集委員の伊藤宏さんのスピンオフ企画が第3土曜日の本日ありました。聞き手は寺門秀介アナウンサーでした。

 

 テーマは日付を見たら言うまでもなく75回目の敗戦の日、今年も8月15日、昔は8月に学校で感想文を書いて、敗戦の記憶を知る人も減り、体験の継承は必須+今年はコロナ禍で敗戦のイベントも縮小、中止ではあるものの、伊藤さん、昨日のボックスでリスナーの質問、戦争はどうしてなくならないかと質問があり、昨日は答えられず、そして敗戦の日に答え、戦争で儲かる人がいる。どの国の為政者も戦争で解決は望まず、殺し合いの解決は愚かと知っていても、戦争で儲かる=武器がある。武器を持たない、9条を持った意味を知るべき、武器がない=戦争できない、武器があると戦争すると、75年前の先達たちの選択は知るべき。戦争と9条の意味。

 寺門さん、冷戦期に核を持つと抑止力というのに戸惑われて、伊藤さん、抑止力、核の傘の意味はない「力の脅威で相手をおさえこむき限り戦争はなくならない」、世界戦争はなくても、局地戦は無数にあり、宗教のこともあるが、差別の発想が人間にあると、武力でねじ伏せても構わない相手という発想になるので戦争はなくならない。人類みな兄弟と言って、差別する、差別と戦争は一体である。

 寺門さん、広島、長崎の安倍総理のスピーチはコピペ、安倍総理は国会を閉じて公の場であるが、伊藤さん、毎年同じことをいい、なぜ核兵器禁止条約に批准しないのか、保有国と非保有国の橋渡しというものの、どういう橋をかけるのか、安倍氏のスピーチには心はこもっていない。総理のスピーチの意味は、原稿があっても、誰に対して行っているのか、被爆者が75年どう生きて、総理大臣として何を言うべきか安倍氏は考えていない。長崎の原爆資料館を安倍氏は訪れず、広島もオバマ氏の尻尾として行ったのみ、安倍総理の核に対する姿勢は問題。敗戦時に生まれた人も75歳、被爆者は平均年齢83歳、被爆者は核兵器禁止条約を求めて、武力による解決のないことを求めて、黒い雨訴訟も被爆者に安倍氏は寄り添うべき。科学的根拠と言って控訴したが、ハンセン病みたいになぜ控訴断念をしないのか、コロナもそうで、線引きは問題。

 寺門さん、被爆者には時間がない、伊藤さん、式典のスピーチどおりなら、安倍氏は行動で示せ、来年は去年に対してこれだけのことをしたとすべき。毎年コピペ原稿を読むだけなら総理大臣は要らない、被爆者の要求を聞くべき。

 ここで1曲、コロナ禍は夏休みも激変させて短くなり、月曜日から学校、伊藤さんのところは前期の授業も終わらず、吉田拓郎さんの夏休みがかかりました。https://www.youtube.com/watch?v=IQzagiuRGic

 

 後半は止まらないコロナウイルス、感染者数は激増して、伊藤さん、最初は自治体により少ないところもあったが、自治体独自の対応でいいものは国として取り入れるべき。和歌山県は仁坂知事をヨイショする気はないが、対応は的確。伊藤さん大阪に住んで和歌山に通勤して、和歌山はすごい。検査して隔離して、和歌山の感染は大阪、首都圏からであり、それを踏まえて観光をどうするか、これは和歌山だけでなく、全国的にやるべき。オールジャパン、ワンチームと言うならすべき。国はそれをすべき。国が基準を示して、それで分けられるわけではないが、不安を除く+教育現場のダメージをどうするか、一時9月入学が取りざたされて、甲子園、智弁和歌山もでるが、美談のみ。高校の現場は甲子園に行くだけで大変な負担であり、それは検証すべき。これからスポーツの秋で、それで関係団体の中だけでなく、スポーツと教育をどうするか?北海道の生徒さんは感染アラートのところに行くと、帰って2週間自宅待機、甲子園実施で良かったのか、検証は必須。

 寺門さん、コロナ禍一辺倒の日本でも、海外では様々な問題と説かれて、伊藤さん、コロナ禍は世界的な問題だが、封じ込めに成功した事例は取り入れるべき。国内の感染者数だけでなく、世界に目を向けて、他方中国による香港弾圧、どうして治安維持法を作ったか、日本では理解されず、国際的な関心を有権者は持つべき。

 寺門さん、アグネス・チョウさんの逮捕を危惧されて、伊藤さん、保釈されても今後どうなるか不明であり、香港大変、中国ひどい、では日本はどうか?国の政策批判で、日本には治安維持法は今なくても、75年前はあり、世界の逆戻りをしかねない兆候はある。ベラルーシは大変、遠く離れた国だが、言論の自由が権力に弾圧されて、日本でも起きないと断言できず、日本国憲法に守られた国民の権利を知るべき。

 寺門さん、気がついたら大変なことになっていたらと説かれて、伊藤さん、コロナ禍の拡大は、国の政策だけでなく、市民の生活。マスクをしていないひともあるが、同調圧力が理由ではあるものの、感染予防、他人に移さないために、マスクは意識を持ってつけるべき。その積み重ねで自治体、国になるが、日本はそれが弱い。

 情報を受け取る側の問題、大阪の吉村知事のイソジン発言で春のマスク再現があり、伊藤さん、吉村氏があの会見をした背景に、コロナのために尽力していた自治体もパフォーマンスに落ちて、責任ある立場の人間の発言ではなく、調子に乗り過ぎて問題。小池氏もフリップを多用、Tシャツを作っても、意識を高めるのではなく、責任をもって政策を実行しないと結果は出ず、和歌山の対応は地味で全国ニュース、ワイドショーでは取り上げられないが取り組みは成功して、このような成功例を全国に広げるべき。

 寺門さん、感染しないさせないためにと説かれて、伊藤さん、あいまいな情報はダメ、差別はダメ、感染することが罪になる社会になりかけて、感染したものをちゃんと救う社会にしないと民主主義は亡ぶ。岩手県で感染者が出てバッシングは危険な兆候だと締めくくられました。そして猛暑です、部屋の中にいて熱中症も危惧されます、以上、伊藤さんのお話でした。

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close