アウシュビッツー死者たちの告発:歴史修正主義の敗北

アウシュビッツー死者たちの告発

2020年8月17日(月)
アウシュビッツー死者たちの告発
大津留公彦

ユダヤ人がユダヤ人を大量虐殺
「ゾンダーコマンド」
などと呼ばれて

百十万人
「シャワーを浴びる」と服脱がせ
ガス室送り
「私は一人も殺していない」

「殺人者として生きることが僕らの命よりも大切なの?」と
少年の問い

ポーランドの片田舎にあるユダヤ人村
そして誰も戻って来なかった

髪の毛はクッションになり
金歯は延べ棒になる
ビルケナウ強制収容所

一人当り六百四十グラムの灰が残り
川に捨てたと
「ゾンダーコマンド」

「働けば自由になる」
の大看板
アウシュビッツに掲げられおり

「何回もガス室に入ろうと思ったが
復讐のため生きた」と遺す

参考
アウシュビッツー死者たちの告発
8月19日(水)午前0:30〜午前1:20
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/episode/te/LGJ43WXVWY/%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAaP-wIXenMCyTbABIA%253D%253D


アウシュビッツー死者たちの告発 2

2020年8月18日(火)
アウシュビッツー死者たちの告発 2
大津留公彦

ガラス瓶に日記を入れて残したのは
ユダヤ人殺した
ユダヤ人たち

死体の中に
別れていた妻子と再会した
「ゾンダーコマンド」
地中の日記

世の中に
こんな悲惨があるだろうか
家族の遺体を見つけ処理する

民族ごと消し去るという
ナチスの野望
細分化された殺人システム

「空腹が全ての理性を失わせた」
畢竟動物
人間という名の

「ゾンダーコマンド」
十四カ国のユダヤ人
世代は分かれ仕事も分かれ

大規模な生産システム
原材料が人間であり
生産物が死

エンジニアは焼却場を考案し
管理者はシステムを作った 
アウシュビッツ

参考
アウシュビッツー死者たちの告発 
再放送
8月19日(水)午前0:30~午前1:20

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/episode/te/LGJ43WXVWY/%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAaP-wIXenMCyTbABIA%253D%253D

http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-00738e.html


人間の酷さと抵抗の闘い

みなさん、大津留公彦さん
お世話さま
これほど周到なユダヤ人大逆殺。
このことに対し、死を覚悟の上での
レジスタンス、瓶の中の史実。
人間の酷さと人間の闘いを見ることが
できました。
        石垣敏夫

ーーー

歴史修正主義の敗北

大津留さまありがとうございます。 ゾンダーコマンドSonderkommandoとは、「特別な部隊」という意味だそうですね。

思い出したのは、「歴史修正主義」という言葉を私の脳裏にインプリンティングさせた、ある「文学作品」です。

>文藝春秋が発行していた雑誌『マルコポーロ』の1995年2月号に掲載された記事「戦後世界史最大のタブー。ナチ『ガス室』はなかった」であった。記事は国立病院に勤務する西岡昌紀が、アウシュヴィッツマイダネクに観光に訪れた際に撮影などを行ったのち、1989年頃から収集した英文図書に基づき執筆したもので、掲載にあたっての題名は『マルコポーロ』編集部が決めたものであった。<wikipedia「マルコポーロ事件」
いま西岡は何をしているのでしょうか?

強制収容所ゾンダーコマンドたちの命がけの反乱、そして彼らが密かに地下に埋めた「未来への手紙」、それらがが解読されたいまも、西岡は主張を変えていないのでしょうか?

>これらの情報は収容所内の火葬場近くなどの地面に埋められ、戦後の1980年から掘り起こされた。この原稿は劣化が激しく、2010年代の最新技術でようやく判読出来るようになった。< wikipedia「ゾンダーコマンド」
「マルコポーロ」編集長にして「ナチ『ガス室』はなかった」の仕掛け人であった花田紀凱は、その後、「月刊WiLL」編集長「月刊Hanada」編集長として活躍し、いまやわが国では当たり前のようになってしまった歴史修正主義のオピニオンリーダーとして、「爆笑問題」の大田光にも影響を与えているようです。
1995年当時のわが国の常識的言論人は、「タブーへの挑戦」という表層的意図を賛美し、この問題を形式的な「言論の自由」問題に落し込むことに精力を費やしたようです。「歴史事実」という本来の出発点の検証作業から遠ざかろうとしてたと、私には見えます。<wikipedia「マルコポーロ事件」

この事件の後、「南京事件はなかった」など、日本の侵略を完全否定する組織的言論戦も強まりました。石原慎太郎が都知事になり在日の人たちを憚らずに「三国人」と呼び、また桜井誠「反韓」のヒーローとなり在特会(ざいとくかい)をつくりました。
wikipediaに記されている「マルコポーロ事件」は、四半世紀たった今日の言論情況のなり始め、旋回開始点をみるかのようです。 ni0615田島拝

ーーー

科学と善意による歴史解明

田島さん
有難うございます。
科学と善意によって歴史はだんだん明らかになって行きますね。
デマもそれによってできなくなりますね。
大津留公彦

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close