8/25「敵基地攻撃能力」保有に反対するための相談会へ

8/25「敵基地攻撃能力」保有に反対するための相談会へ

Inboxx
杉原浩司(Koji Sugihara) <kojis@agate.plala.or.jp>Tue, Aug 18, 9:10 AM (22 hours ago)

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。

コロナ禍で、憲法9条を死文化させる”攻撃軍”への大転換が図られようと
しています。見過ごすわけにはいきません。ぜひご参加ください!

———————-

★「敵基地攻撃能力」保有に反対するための相談会

8月25日(火) 18時30分~20時45分
渋谷勤労福祉会館・第3洋室(2階)
※渋谷駅ハチ公口より徒歩7分(渋谷区神南1-19-8、TEL 03-3462-2511)
地図 https://fp.yucho-fa.com/asp/data/shibuya_k-map.pdf

 8月4日、自民党は「相手領域内でも弾道ミサイル等を阻止する能力の保
有」などを求める提言を政府に提出しました。イージス・アショアの配備
断念を逆手に取り、「敵基地攻撃能力」の公然たる保有に踏み込もうとす
る企てです。これを受けて、安倍政権は9月中にもイージス・アショアの
代替案の方向性を固めたうえで、年内に「国家安全保障戦略」の初の改定
を行おうとしています。
 一方で、8月上旬にNHKが行った世論調査では、「相手の領域内でも攻撃
を阻止する能力」について、「持つべき」が50%に達し、「持つべきでな
い」の27%を大きく上回っています。
 推進派の声がメディアを占拠する中で、憲法9条の理念に基づく「専守
防衛」や「攻撃的兵器の不保持」という原則が崩されようとしています。
これは、積み重ねられてきた解釈改憲の総仕上げとも言えるものです。
 どうすればこの動きを止められるのか。なし崩しに始まっていた長距離
ミサイルの導入自体を撤回させることも含めて、知恵を出し合い、大きな
反対の取り組みを作り出していきたいと思います。ぜひご参加ください。

※マスク必着でお願いします。感染予防に配慮して行います。

◆会場定員が限られています。参加される方は事前に早めにご連絡ください。
→ kojis@agate.plala.or.jp または 090-6185-4407(杉原)まで。

※今回は最初の相談会であり、会場に余裕もないため、不特定多数への
呼びかけやSNS・MLなどへの転送・転載はお控えください。

【呼びかけ】
武器取引反対ネットワーク(NAJAT)
メール anti.arms.export@gmail.com
電話 090-6185-4407(杉原)
ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT
Facebookページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 3.11市民プラザ気付

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close