コロナ・諸悪の資本主義でない社会へ

斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

公開日: 更新日:
斎藤幸平氏(C)日刊ゲンダイ
斎藤幸平氏(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 新型コロナ禍は資本主義が引き起こしている環境危機のひとつ――。経済思想で注目される気鋭の学者の見解だ。出版されたばかりの新著「人新世の『資本論』」(集英社新書)では、今回のパンデミックを、資本主義というシステムを見直すきっかけにすべきと主張する。ならば我々は、どういう世界を展望したらいいのだろうか。

 ――気候変動などの環境危機は、資本主義が原因だと訴えていますが、コロナ禍もそのひとつだと。

 そうです。資本主義というのは、利潤を求めて地球全体を掘り返し、森林を切り開き、あらゆるものを商品化しながら、際限なく膨張するシステム。これを続けていたら、人間たちの経済活動の痕跡が地球全体を覆い尽くし、復元不可能なポイントまで環境を破壊してしまった。これが現在の「人新世」と呼ばれる時代で、その結果が、コロナ禍をはじめとする環境危機だったわけです。

 ――資本主義が環境を破壊し、コロナ禍を招いた。

 未知のウイルスは地球上にたくさん存在するものの、自然の奥深くで抑え込まれていた。ところが資本主義は森林を切り開き、ウイルスと接触するリスクを高め、グローバル経済にのって、世界中に広がった。途上国の惨状を無視してきた先進国の我々も、コロナ禍で資本主義の弊害から目を背けられなくなりました。日本人が資本主義の受益者から被害者になる歴史的転換点です。「ウィズコロナ」って言われますが、ウイルスのいるところに境界線を引いて、その内側で生きていくしかない。

  ――だから、資本主義を見直した方がいいと。

 コロナの打撃はワクチンや治療薬などが開発されれば、なんとかなるでしょう。一方、気候変動にはワクチンなど存在せず、簡単には良くならない。「100年に一度」の豪雨や台風が、毎年日本を襲うようになっていますが、経済成長を追求するかぎり、二酸化炭素の排出量が増大し温暖化は止まりません。問題を解決するためには、資本主義というシステムそのものに挑まなければならないのです。

安倍首相は「コロナに負けたリーダー」

  ――資本主義が行き詰まっているという見方はコロナ禍以前からありました。

 資本主義は2つの限界に直面しています。1つは既にお話しした自然環境的な限界です。自然をひたすら切り開き、安価なものを大量に売りさばく経済モデルは、どう考えても持続可能ではない。もう1つは成長の限界。特に日本は、いわゆる「成熟」状態で経済成長する見込みがない。そうなると、労働者たちを安い賃金で長時間働かせて儲けを出すという非常に残酷なシステムになるしかない。これも持続不可能です。

 持続可能でない状態を続けていると、危機がやってくる。2008年はリーマン・ショック、今年はコロナショックです。そして気候変動危機も来る。その時に、新しいシステムというオルタナティブ(既存のものに代わる何か)がないと大変なことになる。安倍政権はまさにそうでした。言ってみれば、安倍首相は「コロナに負けたリーダー」だと思います。

  ――コロナに負けたリーダー。その視点は興味深い。

 要するに、社会を統治できなくなるんですよ。コロナ禍に対し、安倍首相は何もできなかったじゃないですか。最後は、国会も開かず、隠れていることしかできなくなった。統治できなくなって、政治家がさじを投げてしまう状態を、この本では「野蛮状態」と定義したのですが、安倍政権の末期はその兆しがあった。「野蛮状態」は最悪の帰結です。国家や政府が全く機能しなくなると、社会は自衛のための競争と相互不信が蔓延して、分断が深まってしまいますから。本来、危機に立ち向かうためには、連帯が必要。だから、リベラルの側が社会的連帯に向けた新たなシステムのビジョンを出さないといけない。

  ――リベラルというと、野党の側が資本主義に代わるシステムを提案すべきだと。

 党の合流にしか興味がないようですが、本来は、新しい社会をつくるための大きなビジョンをつくらなきゃいけない。「皆さん、こんなに搾取されて、自然もめちゃくちゃにされて、生活がもう成り立たない。子供たちの世代を考えたら絶対にヤバイことになりますよ。全く違う新しい社会をつくりませんか」と呼びかけなきゃいけない。

 ところが、現実にリベラルから出てくるのは、「消費税を減らしましょう」程度の話。「今まで通りバンバン消費して、経済を回復させましょう」ではなく、成長を追いかけることそのものに終止符を打とうとか、新しい想像力をかき立てるようなビジョンが本当は必要なのです。

選択すべきは「脱成長コミュニズム」

 ――MMT(現代貨幣理論)のような反緊縮政策や地球温暖化対策に投資するグリーンニューディールは、オルタナティブにはならない?

 どれも「今までの生活を続ける」という枠内での議論ですよね。結局は、皆で消費しましょうということで、資本主義的な価値観であることには変わりません。

 ――資本主義に代わるシステム。斎藤さんはどうお考えですか。

 このままでは「野蛮状態」に陥るか、中国モデルのように国家が人々を監視・統制する社会になるか、あるいは、全てが自己責任のアメリカ型の社会になるか。どれも嫌ですよね。まともな選択肢は「脱成長コミュニズム」です。多くの人々が幸せに生き延びるためには、無限の経済成長をやめ、広がりすぎた経済格差を根本から是正しなければならないからです。これは、グレタ・トゥンベリ(環境活動家)のような若い世代の運動からの問いかけに対する、私なりの答えでもあります。

若い世代は「大人たちのツケ」に怒り(グレタ・トゥンベリさん=右)/(C)ロイター
若い世代は「大人たちのツケ」に怒り(グレタ・トゥンベリさん=右)/(C)ロイター
拡大する

 彼女ら「Z世代」や少し上の「ミレニアル世代」は、ソ連もバブルも高度経済成長も知らない。資本主義がこのまま続いても、生涯年収が親より低くなる初めての世代です。大人たちのツケを払わされているという意識も強い。そういう世代には、資本主義ではない社会だっていいんじゃないか、という議論が広がっています。

 ――日本で「脱成長」と言うと、成長しなくて大丈夫なのか、と抵抗も強い。

 脱成長とリセッションは違います。GDPが成長しているかどうかという議論をやめて、むしろ人々の幸福や繁栄、自然環境が良くなっているのかどうかなど、GDPには表れないものを重視する社会にしていこうというのが脱成長です。GDPが増えていなくても火力発電所を建てていれば脱成長ではないし、格差が広がっていたら、それは一部の人たちが富を収奪しているということで、脱成長ではありません。

 ――「コミュニズム」も共産主義を思い浮かべるので、反発が強いのでは。

 確かにソ連や北朝鮮のような計画経済を想像するかもしれませんが、私の言うコミュニズムとは、資本主義が地球上のあらゆるものを私有化・商品化するのをやめさせて、地球を皆の「コモン」、つまり共有財産にしようというものです。具体的に言えば、水や電気、インターネット、医療など、人々が生きるために必要なものを、儲けの対象にするのではなく、みんなで公共財として管理していく。その「コモン」が広がっていった社会という意味なのです。

 ――世界には、コロナ禍で脱資本主義に向かった例があるのですか?

 点から面へと広げようとして、さまざまな取り組みをしているのがスペイン・バルセロナの市政です。たとえば、コロナ以前には、観光公害(騒音、ゴミ、渋滞など)に悩まされ、家賃も高騰していました。そこで、民泊に規制をかけ、公営住宅を増やすなどの対策をして、問題の解決に動きだしています。これは、住宅を「コモン」にするための試みといっていい。

 実際、民泊を推進しても、地元の庶民は豊かにならない。だから、コロナショックの観光客減を逆手にとって、市民のための街に大転換しようとしているのです。日本が「Go To キャンペーン」で旅行して消費しましょうというのとは大違いです。経済成長を追い求める社会から、地域住民の生活が中心となる社会への転換が今、世界では進んでいる。その先にあるのが、本当の意味で豊かな社会なのです。

(聞き手=小塚かおる/日刊ゲンダイ)

▽さいとう・こうへい 1987年、東京都生まれ。独フンボルト大哲学科博士課程修了。博士(哲学)。2017年から大阪市立大学大学院経済学研究科准教授。18年、マルクス研究界最高峰の賞であるドイッチャー記念賞を日本人初、歴代最年少で受賞。編著に「未来への大分岐」など。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close