コロナ禍で病院経営も「重症化」

コロナ禍で病院経営も「重症化」 

コロナ禍で病院経営も「重症化」 

設備経費が圧迫「やればやるほど赤字…」

「運転資金が足りない状況は今も続いている」

「コロナ対応はPCR検査や解熱剤の処方ぐらいで、膨らむ一方の出費に見合う
診療報酬が入らない。
やればやるほど赤字になってしまう」

「患者の戻りがまだ5~7割ぐらいのところもある。
職員のパート化や廃業の話も聞く」

「上半期の収支悪化が目に余る。
今後、冬の賞与の支払いや資金需要が増える時期になる。
入院や外来数を戻そうにも、小児科、眼科、耳鼻科などは受診控えが続いている」

(2020年11月17日東京新聞に掲載)

https://bit.ly/36IYY40

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close