メディアを市民は正す為尽力せよ!インターネットの誹謗中傷・被害者保護の方策

J-WAVE JAM THE WORLD(2020/11/18) 安田菜津紀&神保哲生 権力によるメディア監視を批判する、既存メディアを叱咤激励して、メディア否定は市民社会の自殺行為、メディアを市民のために動くように市民は尽力すべきことを語る、伊藤詩織さんの提訴からインターネットでの誹謗中傷と被害者保護のための方策を考える

 永岡です、J-WAVEのJAMTHE WORLD、グローバーさんの司会、水曜日のニューススーパーバイザーはフォトジャーナリストの安田菜津紀さんでした。

 明日出る文春に、菅政権の国場外務政務官の不倫現場に暴力団関係者が同席というスキャンダルが載ります(https://bunshun.jp/articles/-/41654 )。毎週水曜日の夕方になると文春のネタが上がるものの、昔のゴキブリホイホイのCM、ゴキブリは1匹いたら30匹いると思え同様に、自民党のスキャンダルは1つ見たら30あるということ…と書くと、ゴキブリは戦争しないと怒るかな?ツイッターでは#日本のコロナは自民党の人災がトレンド入りしています。

 伊藤詩織さんがはすみとしこ氏らを提訴した意見陳述、安田さんのダイアログ・フォー・ピープルに載りました(https://d4p.world/news/7681/ )

 安田さんの気になったニュース、安田さんは関西に取材、父方が在日コリアン、京都市伏見区を取材、京都の朝鮮学校が在特会に2009年には3度も襲撃されて、高齢者施設もやられそうになり、子供と高齢者、抵抗できないものを攻撃する卑劣さ、ヘイトの矛先を向けられたものを守る法律は不十分、侮辱罪しかなく、名誉棄損は困難。 川崎市では罰則つきヘイトスピーチ規制法ができても、また試行錯誤。

 そして、コロナ禍、北海道は大変、飲食店も大変、安田さんが気掛かりなのは、家庭に留まりDV、加害者が家にいて被害者は声を上げにくく、コロナの中で性暴力をどうするか、そして性暴力、詩織さんのこと、はすみとしこ氏他2人の裁判があり、第1回口頭弁論、はすみ氏のヘイトスピーチを問い、はすみ氏は争う姿勢だが、はすみ氏のツイートをリツイートした2人も慰謝料+投稿削除を求めて、はすみ氏は法廷に出ず、しかしはすみ氏は難民バッシングの本も出して、偽装難民とバッシングするもの、偽装難民ははすみ氏らヘイトスピーカーの用語、しかし難民の皆さんは大変なのに、難民になりに来たという表現は安田さん許せないし、在日の方、性暴力被害者も矛先にして、そして拡散するのは被害を深刻化するもので、リツイートの責任を問うのはやりすぎではない、性暴力被害者の声をバッシングするもので、被害者のことを他人がバッシングするのは暴力。アメリカだとソフトが13歳の少女により開発、ネットの誹謗中傷対策にリシンクができて、SNS投稿する際に、人を傷つける可能性があれば考え直せとなるもの、リシンクを使用した9割は内容を再考して、アメリカ大統領選挙の前にツイッターで試行があり、タイトルだけでなく、中身を読んでリツイートかと、アプリがやるのは重要、しかしネットは生活の一部=誰しも加害者になり、考えて、日常で立ち止まる勇気を持つべきと説かれました。

 UPCLOSE、ジャーナリストの神保哲生さんと権力によるメディア監視を考えます、メディアの役割は権力の監視なのに、既報のように、内閣広報室がメディアを監視、報道番組、情報番組の内容をチェック(出演者の発言を記録して恫喝)していることなどが何をもたらすか、です。安田さんの発言もチェックされて、情報公開を求めてA490枚、桜を見る会やコロナの安田さんの発言がチェックされて、神保さんとこの件を考えるもの、この件は都内の市民が内閣に情報公開して、ひるおび、サンデーモーニングなど、やっているとわかり、神保さん、安倍・菅政権ならやりかねない、正確さのチェックではなく、これは税金、市民の収めたものを悪用して、市民に立つべきメディアを監視することであり、大変に問題、とんでもない、しかし大問題なのに騒がれず、理由はこの政権ならこんなことをやりかねないという一種のあきらめ、情報統制、情報公開に応じず公文書破棄をするので自民党のいつものことだと麻痺、しかしより深刻なのは、税金を使い市民の監視であり、監視対象のマスメディア、特にコメンテイターが監視されて、市民が、今のマスメディアは市民の利益を代表していると思われていない、そう思っているとしたら、市民のメディアを税金で監視はけしからんと怒るべきだが、市民にとってメディアは味方と思っていないのは大問題。

 リスナーより、権力によるメディア監視より、権力にメディアは追随していると指摘があり、神保さん、権力チェック機能は不能、マスメディアはネットに押されて、広告収入を落として、新聞もテレビも落としてメディアは斜陽化して権力の監視能力が減り、そして既存のメディアが権力とズブズブと市民が知り、記者会見はやらせor特定のものしか質問しない、菅政権は記者をパンケーキで懐柔、どこの社も菅政権に取り込まれて、メディアが市民に信じられず、市民に代わり権力を監視するものではなく、市民が直接怒らない。

 安田さん、権力の監視について、この番組も文字起こしされているかとリスナーの声があるが、ラジオは対象外、青木理さんのモーニングショーだと、青木さん、玉川さんは監視されているのに、司会の羽鳥氏らは記録されていない=政権に批判的なものしかチェックされていないと問われて、神保さん、特定の人物の名前を指摘して書き起こしさせて、内閣広報室の職員ではなく、民間に下請けさせて、広報室でまとめたものだが、全部文字起こしサービスはあり、特定のコメンテイターの発言を取りだせて、政権批判なら訂正させる、テレビを監視して、委縮させるもの、他方、政府を批判しない、良く言うものは嘘を言っても協力させる=不正確さを糺すのではなく、政府批判をバッシングするためにやっているもので、行政の中立性が求められるのに、批判するもののみバッシングはおかしい、批判すると監視、ほめたら協力は大問題。

 アンバランスさに問題があり、安田さん、情報開示をして、内閣調査室は開示されず、広報室は開示されて、森友事件で公文書に安倍政権は隠蔽、しかし報道番組のチェックを開示したのは、批判するものを晒し者にしたかと説かれて、神保さん、その意味もあり、日本には情報公開法はあり、公開されない公文書は条件があるのに、逆に公開されないものが圧倒的。今回はテープ起こししても、テレビの発言=社会に出ている情報であり、それのチェックで、委縮効果を期待できて、テープ起こしを公開しないのは法律ではダメ。

 内閣の情報調査室は公開せず、報道番組の文書はないとは言わず、しかし存否を明らかにしたら内閣にヤバいというデタラメな意味で拒否、神保さん、内調=スパイ組織でそれを言うのはあり得たが、同じものを情報公開して、内調が出さないのは、広報室は出していいか、日米合同委員会の議事録は決して出さず、裁判で証拠として出して、情報公開クリアリングハウスの三木さん、それを指摘して民事で賠償請求になり、刑事責任は問われず、しかし罰金を払っても隠す、場当たり的に隠して、政府が一貫して隠さず、今日請求したら出てくる(笑)。

 安田さん、公開の有無が恣意的と説かれて、しかし政府がチェックするのは当然とウヨは言うものと説かれて、神保さん、政府の監視は当然というのはおかしい、メディアは第4の権力なのに、自分たちがプレイヤーだとウヨは考えて監視されて当たり前としているが、メディアがプレイヤーの面があっても、権力の監視は誰がするのか?ネットメディアはまだマスメディアに比べて非力、マスメディアがなくなったら政府広報になってしまい、メディアを見捨てる、100%否定はダメ、メディアを全否定する市民の気持ちはわかるし、理由があり、メディアの行動に理由はあるが、メディアがなくなったら民主主義は破綻する、庶民は働いて、四六時中政府を監視できず、メディアが権力を監視できないと権力は暴走する、アメリカで新聞が潰れて、監視しないと、市民には限界があり、メディアが頑張るべき。

 安田さん、記者が菅氏にパンケーキで懐柔されているのは気掛かり、そして菅氏、10/26のNHKのニュースウォッチ9でキャスターに叩かれて、山田広報官がNHKを叩いた週刊現代の記事を説かれて、神保さん、安倍・菅政権でメディアは雨と鞭、特に鞭は強く、メディアは既存メディア、特にテレビのシェアが欧米より圧倒的に高く、政府に守ってもらっている=政府と喧嘩できない、これは過去からあったが、安倍政権以前に、自民党は政権を失う経験はなく、細川政権は組み合わせが変わったのみ、しかし2009年はガチで政権交代になり、自民党は政権を守るために安倍政権からメディアを飴と鞭、安倍政権は今井氏ら、第1次政権のことから、メディアは弱く、政府の世話になっている=政権はメディアのマウントを取れると知り、メディアはそこに漬かり独立性を失った。

 安田さん、検察庁法改悪は市民の力で阻止、市民に求められるものは何かと問われて、神保さん、気損メディアに市民の不満はわかるが、メディアは一産業ではなく、市民の問題、批判ばかりではダメ、叱咤激励は必須、マスメディアについて、市民が、厳しく監視すべきだが見放してはいけないことを認識しないと自分の首を絞めることになる。安田さん、今後も権力とのあり方を説かれて、神保さんはクリアリングハウスの三木さんと共闘したらいいと締めくくられました。なるほど、です。こういうラジオ、私は応援のために書き起こししていますが、今後も続けたいです、以上、安田さん、神保さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close