12/5(土)「グラムシを読む会」12月例会「最近のイタリアの政治状況」@専修大学神田キャンパス

12/5(土)「グラムシを読む会」12月例会「最近のイタリアの政治状況」@専修大学神田キャンパス

紅林進です。

12月5日(土)に専修大学神田キャンパスで開催されます
東京グラムシ会「グラムシを読む会」主催の下記イベント
のご案内を転載させていただきます。

(以下、転送・転載歓迎)

2020年度12月期「グラムシを読む会」のご案内

【日 時】 2020年12月5日(土) PM2:00~5:00

【会 場】 専修大学神田キャンパス7号館(大学院棟) 731教室(3階)
      地下鉄・神保町駅(半蔵門線、都営三田線、都営新宿線)A2出口徒歩5分
      前回と会場が変わります。ご注意下さい。
             アクセス・地図 https://www.senshu-u.ac.jp/access.html
             キャンパスマップ https://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/

【報告者】 高橋利安(広島修道大学名誉教授・憲法)

【テーマ】  最近のイタリアの政治状況

【資料代】 300円  

【概 要】
 イタリアでは、新型コロナウイルス感染拡大による公衆衛生上の「緊急事態」宣言が発令中の9月20・21日に下院議員の定数及び選挙により選ばれる上院議員の定数を、それぞれ630人から400人、315人から200人に削減(約36.5%)する憲法改正案の是非を問う国民投票が実施された。今回の国民投票は、2016年レンツィ内閣の下で実施され、大差で否決された「権限が対等で相違のない二院制」及び「国の排他的立法事項の拡大」の是非を問う国民投票に続く、憲法改正に関する戦後4度目の国民投票であった。投票結果は、賛成が約7割(賛成69.96%、反対30.04%)で国会議員定数の大幅な削減が実現することとなった。また、同時に7つの州(カンパーニャ、リグーリア、マルケ、プーリャ、トスカーナ、ヴァッレ・ダオスタ)で州知事選挙が実施され、政党レベルでは民主党が健闘し、左右のポピュリスト政党(M5s,        Lege)は得票率を大きく減らした。
 本報告は、2018年3月の総選挙以降の政党及び政党システムの動向を踏まえたうえで、第1次コンテ内閣の成立、欧州議会選挙における同盟の躍進を受けた第2次コンテ政権の成立のイタリア戦後史における特徴を明らかにしたいと思っている。また、2016年のレンツィ内閣の憲法改正案が国民投票で否決されたのに、なぜ今回の国会定数削減の国民投票では、7割の賛成で可決されたのかも明らかにしたい。
 なお、付随的に、イタリアのコロナ対策の現況と問題点についても言及する。

連絡先 東京グラムシ会事務局
〒101-0065 東京都千代田区西神田1-3-6 山本ビル5F いりす内
Tel:03-5244-5433 Fax:03-5244-5434
https://gramsci-tokyo.amebaownd.com/
・~・~・~・~・~・~・~

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close