米大統領選で再選を目指した、共和党トランプ大統領の敗北が確実になった。現職大統領で選挙に負けたのはこれまで10人しかおらず、過去100年では4人だ。ここに加わるトランプ氏の歴史的な評価はどうなるのか。

 「トランプ氏は、1932年の大統領選で敗れたフーバー氏のように不適格で、米国史上、最も成功しなかった大統領の一人だ」と語るのは、ノーザンイリノイ大のウィリアム・アドラー准教授(米国政治)だ。

 米国の大統領選では現職が有利とされ、再選に失敗するのはむしろ例外だ。再選できなかった大統領の中でも、特に歴史的評価が厳しいのは、共和党のフーバー氏だ。

 就任した29年、株式市場の暴落を端に世界経済は大恐慌に突入したが、フーバー氏は経済を市場原理に任せるという古典的な政策を貫き、景気をさらに冷え込ませた。32年の大統領選でも「恐慌が終わろうとしている」と主張し続けたが、ニューディール政策や社会保障の充実を掲げた民主党のフランクリン・ルーズベルト氏に大敗した。アドラー氏は、今年の大統領選で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、「峠を越しつつある」と言い張ったトランプ氏との共通性を指摘する。

 アドラー氏はまた、トランプ氏の在任中は可決された法案が少なく、オバマ前政権が作った「医療保険制度改革(オバマケア)」の見直し指示や、新型コロナ対策での失業給付の上乗せ継続など、多くの政策を大統領令で行ったことを特徴として挙げる。「次の大統領が簡単に取り消すことができる」ため、後世に残る実績が少ないという。

 米メディアでも、フーバー氏とトランプ氏を比較する報道が多い。ワシントン・ポストは9日の記事で、フーバー氏が選挙での敗北から任期が終了するまでの間もニューディール政策を批判し、これを放棄するようルーズベルト氏を説得し続けたことを紹介。この間に失業率が上がり、経済の悪化がさらに進んだことを踏まえ、今回の政権移行について「33年以来、最も論争の的になるだろう」と報じた。

後半ではフーバー氏後の、フォード氏、カーター氏、ブッシュ氏(父)について振り返ります。19世紀には選挙に敗れた現職のうち、後に大統領に返り咲いた人もいました。

退任後に評価変わることも

 フーバー氏より後に、現職で選挙に敗れたのは76年のフォード氏=共和党=、80年のカーター氏=民主党=、92年のブッシュ氏(父)=共和党=の3人だ。

 このうちフォード氏は、前任のニクソン氏がウォーターゲート事件で辞任したことに伴って副大統領から昇格しており、一度も大統領として当選をしなかった。選挙でも、ウォーターゲート事件でニクソン氏を恩赦したことの影響をぬぐえなかった。また、副大統領を2期8年務めた後、大統領に当選したブッシュ氏は経済の低迷や公約に反した増税で批判を浴びた。

 ただ、この2人と比べても大統領としての評価が米国内で低いのは、カーター氏だ。カーター氏はピーナツ農家やジョージア州知事を経て、ウォーターゲート事件で政治不信が広がるなか、ワシントンの「部外者」として当選した。しかし、任期中は国内インフレが加速し、イスラム革命が起きたイランでは米大使館の人質事件が起き、解決までに444日を要した。ホワイトハウスのプロフィルも、これらの要素が再選の失敗につながったと紹介している。

 一方、カーター氏は大統領の職を離れてからも人権問題に重点を置き、世界に民主主義の価値観を広めることを目指した「人権外交」を積極的に展開。2002年にはノーベル平和賞を受賞するなど、再評価する動きもある。イースタンコネティカット州立大のトーマス・バルセルスキー准教授(米国史)は「退任後、時間がたつにつれて大統領の評価は上がる傾向にある」とし、トランプ氏の評価も今後変わる可能性がある、と指摘する。

 バルセルスキー氏はトランプ氏について、「政策のチョイスは、歴代と比べても決して珍しくはない」と分析。また、米政界の慣例に従うことを拒否し、ワシントンを中心とした官僚主義への反感を代弁してきた点などで、歴代の大統領の多くと一線を画しているとし、「史上最悪と言う人もいるが、私はそうではないと思う。歴史の審査はまだ終わっていない」と語る。

 トランプ氏は、4年後の大統領選に再び立候補することも検討しているとされている。過去に選挙で敗れた現職のうち、後に大統領へ返り咲いたのは、19世紀後半のクリーブランド氏=民主党=ただ1人だ。トランプ氏が仮に同じ道をたどることができれば、約130年ぶりの快挙となる。(ワシントン=大部俊哉)

ーーーーー

コメント:カーターの敗北はレーガンのイランとの捕虜解放延期の裏工作によったのであり、カーターの能力不足ではない。だからその後の活躍があったのである。トランプの人間性と能力から見直され評価が上がることは有り得ない。

アメリカ大統領選2020

共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領の2候補によって争われる11月3日のアメリカ大統領選。最新の発言や取材から、両候補の動きを追います。[記事一覧へ

関連ニュース
  • 味方失うトランプ氏…敗北は認めず 米政権の移行本格化

    写真・図版

  • 敗北否定のトランプ氏「やってくれ」 知事名指しで圧力

    写真・図版

  • 「気さくで老練、課題は…」前駐米大使が見たバイデン氏

    写真・図版

  • トランプ氏が残した衝撃波 アメリカは元には戻れない?

    写真・図版

  • 首相通訳のスゴイ技 小泉さんのアドリブ、0秒台で訳す

    写真・図版

  • ナイジェリア人が日本で財布拾ったら…大統領の心震えた

    写真・図版