勧善懲悪否定の大切、無学力政治家・官僚で日本・世界総クズになり破綻

文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2020/12/16) 宮台真司 鬼滅の刃から、勧善懲悪を否定する存在の大切さを知る、社会が学力のない政治家、官僚で日本も世界的もクズになり、悲劇を共有していない日本はこのまま一億総クズになり破綻することを警告する!

 永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、本日の大竹メインディッシュは東京都立大学教授、社会学者の宮台真司さんでした。パートナーは壇蜜さん、アシスタントは砂山圭太郎さんでした。

 ツイッターでは#自民党では年を越せないがトレンド入りです。

 ラジオジャーナリズム界の代打の神様宮台さん、ミュージックビデオに出られて、ラッパーさんの依頼で出たものだが、内容は知らない?後半にフィーチャーされて参った(笑)。ビデオで踊り、ザ・スレイダースさんが宮台さんのゼミに参加して、ピースボートも乗った。

 宮台さんは鬼滅の刃を絶賛、親が劣化して、外遊びに長けた人にゆだねる、そしてクオリティの高いコンテンツ、高かったのは60年代、勧善懲悪ではない、ウルトラマンシリーズ、ジャングル大帝、ゲゲゲの鬼太郎もそう、そして今はそういうコンテンツは激減したが、勧善懲悪の否定、鬼が敵役でも、生きるために鬼になり、共感より損得というネオリベ的なもの、立ち向かう人間たちもしんどく、そして鬼にならず、悲劇を共有して、仲間のため、負けるかも知れないが、それで闘わないはない、カントの言った倫理、内側からの情熱であり、鬼滅の刃になくポイントがいくつもあり、子供たちから祖父母まで泣いて、主人公は自分の力で立つのではなく、亡くなった母の力で立ち、弱い者のために立ては、人類史に意味があり、力は女性から湧いて、元々、多くの定住社会は母系、戦争は男がやるが、そういう図式も鬼滅の刃の映画にある。

 壇蜜さんも、男性の主人公を女性が支えていると説かれて、宮台さん、主人公の父親は妻が亡くなると廃人になったものを説かれて、大竹さん、鬼滅の刃の大ヒット、千と千尋の神隠しを超えるもの、社会の不具合を映画が晴らそうとしていると説かれて、宮台さん、今の社会ではあり得ず、しかし庶民はそれを望み、映画を観て感動せざるをえない状態になる。ありそうもないがあるべきものを見たら人は泣く。

 で、大竹さん、日本で政治家がダメと説かれて、宮台さん、学力が低く、安倍氏も菅氏も政治家になってはいけない、日本学術会議問題、憲法15条で拒否するのはバカ、15条は73条4項とともにあり、法律により公務員罷免はできるが、法律の基準は誰も知っているものなのに、菅氏は人事に関わるから言えないとつまみぐいして恥じない政治家、宮台さんは小室直樹さんから教わり、しかし安倍氏、菅氏らは学力がないから恥を知らない。政治家たちは憲法を知らず恥を知らず、菅氏のいうことに従って国会で内閣法制局長官らは憲法を知っているのに、自分が本当のことを言うと首になり、自分は損をする、ナチスでユダヤ人虐殺のアイヒマンは決定を出して、イスラエルで批判したら首になるので抵抗しなかったという、600万虐殺したのは悪ではない、学力のない小役人、そんな役人はやめて仲間になるべきなのに、役人たちは鬼になり、誰が勝つか。

 役人はロボットを選んで上にさせて、抵抗するものは排除されて、20年前からまともな役人からやめて行き、東京大学法学部を出てもブラック官庁にいやけでやめて、一度の人生でクズ、クソのついたケツをなめることのできるものは即死すべき。

 大竹さんも、役所で抵抗するものはないのかと説かれて、菅氏のGoTo停止発言の直後5人で菅氏はステーキを食べて、西村氏は5人以上はダメではないというものについて、宮台さん、アリバイ作り、菅氏は価値基準に従うのではない、役人の書いた文書を棒読み、内から湧き出るものはなく、メルケル首相のように聞いて感動はしない、軽蔑するのみ。これから支持率はドンドン低下、安倍氏はハンナ・アーレントのいう凡庸な悪。

 大竹さんは、有権者の感情の劣化を説かれたといい、宮台さん、安倍氏、菅氏を支持する劣化したものは、三島由紀夫氏の言う価値基準なし、一夜で民主主義者になり、フェミニストになり、SGDsになる、三島由紀夫氏は日本人の劣等生、周りに合わせてカメレオンのようになり、それで戦後復興はできたが、人口も多くみんなで頑張ろ、しかし一度豊かになったら終わり、ただ小さなクラスターに分かれて、ネットであり、見たいものしか見ない。

 アメリカでは地球平面説が流行り、菅氏、バイデン氏が本当にいるのか、自分の信じていたことを普遍的に信用するようになったのはたかが200年、知らない人間と過ごし、そして教育があり、地球は丸いと直接見ずとも教育でわかるが、今は陰謀論が跋扈、自分がしんどいのは誰かに騙されているから、と、Qアノンのようなもの、地球平面説は、ここ3,4年アメリカで沸き起こり、ネットフリックスで出ている。天動説より前の、プラトンの宇宙観、下で象が地球を支えている?月面着陸は特撮だという陰謀論、月は地球を回っている衛星、アポロ11号は特撮=宗教=他人と前提を共有せず、それだと民主主義は成り立たない。民主主義は中産階級で成り立ち、しかし中産階級は20年で没落、中産階級は余裕があったが、みんな、思っていたのと違う、それは中国人のせいだ、韓国人のせいだ=神経症のもの、民主主義破綻。

 宮台さんのいうことをみんな信じるようになったのは安倍氏、菅氏の台頭によるもの、大竹さん、分断社会の中で中間層がなく、みんな貧しくなり、そして足の引っ張り合いであり、格差拡大では国は破綻、宮台さん、アダム・スミスのいうものは人間がまともなことが前提、他人の苦しみを理解することが前提、しかし今は北斗の拳みたい、資本主義の問題より、人間がクズになったため。今のままだと先に未来はなにもない。大竹さん、分科会、学術会議はもっと提案すべきと説かれて、宮台さん、悲劇の共有が必須で、もっと劣化したら悲劇が共有されるので、安倍氏、菅氏には感謝している、もっと劣化しないと悲劇は共有されないと締めくくられました。なるほど、です(宮台さんはテレビには出られません、理由は明白です)以上、宮台さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close