<トランプからバイデンへ>米国の「軍産複合体」はどこへ向かうのか(講演:西川純子さん)

<トランプからバイデンへ>米国の「軍産複合体」はどこへ向かうのか(講演:西川純子さん)

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

米国の政権交代というタイミングで、西川純子さんをお招きします。「大
国間競争」の名で正当化されている米国による大軍拡路線はどうなるのか、
宇宙戦争の観点から解き明かしていただきます。

コロナの感染拡大が止まらず、寒さも強まっていますので、ご無理のない
ようにご参加ください。

——————————-

<トランプからバイデンへ>
米国の「軍産複合体」はどこへ向かうのか

敵地先制攻撃力の保有と宇宙軍拡に反対する12.20集会

https://kosugihara.exblog.jp/240699819/

日時:12月20日(日) 18時30分~21時
会場:文京シビックセンター・4階シルバーホール(後楽園駅、春日駅)
https://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

講演:「軍拡と宇宙戦争」
 西川純子さん(獨協大学名誉教授)

 米国のトランプ前政権は、中国とロシアを仮想敵とした軍拡を推し進め、
史上最大規模の軍事費を計上し、「宇宙軍」の創設にまで行き着きました。
 「宇宙作戦隊」を創設した安倍政権を継承する菅政権は、米軍と一体化
した先制攻撃に道を開く「敵基地攻撃能力」保有に突き進み、中国とロシ
アの極超音速滑空兵器を探知・追尾する「衛星コンステレーション」構想
への参画を検討するなど、米国への追従を加速させています。
 米国の軍需産業はどうなっているのか、そして、政権交代の流れの中で、
バイデン政権は軍拡路線を見直すことができるのか。菅政権による軍拡の
動きにも大きく影響することになるポスト・トランプの米国による軍拡の
行方について、米国の軍産複合体の動向に詳しい西川純子さんのお話をう
かがい、考えたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

<西川純子さんプロフィール>
獨協大学名誉教授。アメリカ経済史専攻。編著に『冷戦後のアメリカ軍需
産業』(日本経済評論社、1997年)、単著に『アメリカ航空宇宙産業-歴
史と現在』(日本経済評論社、2008年)など。

参加費 500円

※感染予防に配慮して開催します。マスク必着でお願いします。

【主催】
大軍拡と基地強化にNO!アクション2020
<連絡先>
有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
 北部労働者法律センター気付 TEL・FAX 03-3961-0212
立川自衛隊監視テント村 TEL・FAX 042-525-9036
パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
 TEL 090-3509-8732 FAX 047-456-5780
武器取引反対ネットワーク(NAJAT)
 メール anti.arms.export@gmail.com 
 TEL 090-6185-4407(杉原)
 ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT/
 Facebookページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close