菅首相“5人以上忘年会”の真相 GoTo停止に二階派激怒し焦り

菅首相“5人以上忘年会”の真相 GoTo停止に二階派激怒し焦り

公開日: 更新日:
自民党の二階俊博幹事長は激怒!?(C)日刊ゲンダイ
自民党の二階俊博幹事長は激怒!?(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 菅―二階コンビに亀裂か――。菅首相が14日、突如「Go To トラベル」の一時停止を決めたことに対し、自民党二階派が激怒している。寝耳に水だった二階派幹部は「なんで急に中止なんだ。どうなっているんだ!」「勝手なことをしやがって」と声を荒らげたという。

 自民党の二階幹事長は、旅行業界の団体「全国旅行業協会」の会長をつとめる観光族のドン。観光産業は二階氏にとって大きな利権だ。Go To停止は利権に直結する。派閥内からは「中止だなんて二階幹事長の顔に泥を塗るようなものだ」「誰のおかげで総理になれたんだ」「もう次はないぞ」と強硬意見も飛び出しているという。

 実際、二階氏は菅首相誕生の最大の功労者。党内基盤の弱い菅首相は、二階派に見放されたら一気に弱体化する。さすがに、菅周辺も慌てているという。

「菅―二階の力関係は、14日夜の忘年会にハッキリ表れています。この夜、二階さんは、王貞治さん、杉良太郎さん、みのもんたさんらを銀座のステーキ店に招いて忘年会を開いています。20年も前から定期的に集まっているメンバーだそうです。この忘年会に、忙しい菅首相がわざわざ駆け付けている。しかも、忘年会がお開きになる予定の午後9時の10分前に駆け込んでいます。ただでさえ大勢での会食は批判される。まして、この日はコロナ蔓延を理由にGo To停止を発表した日です。批判を避けるために、本当は出席を見送りたかったはず。それでも駆け付けたのは、断れなかったのと同時に、Go To停止を発表したその日のうちに会っておいた方が得策と判断したからでしょう」(政界関係者)

 菅首相周辺が警戒しているのは、いつハシゴを外されるか分からないからだという。二階派幹部が菅首相本人に伝わるように「勝手なことをしやがって」と声を荒らげたのも、「勝手なことをしたらいつでも切るぞ」という脅しだとみられている。

「二階さんの怖さは、融通無碍だということです。誰でも歓迎、なんでもありが本質です。自分が実権を握れるならば、野田聖子を総理に担いでもいいし、石破茂とタッグを組んでもいい、安倍晋三が復帰するなら、それも構わない。それだけに菅首相は相当、二階さんに気を使っているはずです」(自民党関係者)

 支持率が下落し、求心力が落ちれば落ちるほど、菅政権は二階の言いなりになる可能性が高い。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close