コロナ・戦争・大和:どう乗り切るか、私たちは何をすべきか

どう乗り切るか、、私たちはいま、何をすべきか ーー 一緒に考えたい。

新型コロナ第3波 どう乗り切るか 
感染の波を抑え込むには 精密医療が不可欠
東京大学先端科学技術研究センター がん・代謝プロジェクトリーダー 児玉龍彦氏に聞く (3)

大阪、旭川では医療者の不足が深刻化し、自治体の長から自衛隊投入が要請され、
医療崩壊が現実となった。
なぜこのような事態が生じたのか。
そして私たちはいま、何をすべきか ーー 一緒に考えたい。

ーー 児玉プロジェクトリーダーは、
まず感染が起きたクラスターを検査し、
次に悪循環サイクルの介護施設などで希望者全員を検査し、
そして感染拡大した地域の希望者全員を検査する、
いわば点、線、面で防ぐことを提唱されています。
検査対象は希望者だけでいいのですか。

東京・世田谷区では学校や施設を集中的に検査しましたが、モニタリングを積み重ね
ていくうちに、希望者だけの検査でいいということがわかりました。

ーー どういうことですか?

希望者だけでやると、およそ6割以上の人が来てくれます。
クラスターが発生していたら6割やれば大体わかります。
誰もが、自分たちのところで感染者が出るとは思っていないわけです。
ただ、無症状感染者が発見されると、途端に「自分も検査をやりたい」となります。
周りにすでに発生していると、ある種の安心感が出るのですね。

風評被害の問題

ーー 陽性になった場合、その人が悪いわけではないのに、非難されたりしますからね。

各人が新型コロナの感染管理の責任をもっと持ちなさいと言われたりするのですが、
これは非常におかしな話です。
私たちはガイドラインを感染の状況に応じて替えていきます。
感染がないところでマスクをする必要はないですし、
感染がある周辺地域でしたら、通常のマスクでも効果はありますが、
ICU(集中治療室)などでは医療用N95マスクを装着していないと怖いわけです。
つまり、自己責任と言っても、感染状況がわからなければ対応のしようがないし、
責任もありません。

さらにひどいことに、いまは感染状況が隠されています。
院内感染が起こっても、基本的に病院名は開示されません。

たとえばこんなことがありました。
かかりつけの病院から東京大学医学部附属病院に転院する患者さんがいました。
段取りをして、書類をもらってきた後で、その病院が院内感染を起こしていた
と言われたのです。
結局、東大病院は2週間受診できない状況になりました。

本来、PCR検査などを徹底的に行ない、その結果を匿名(とくめい)化で個人情報を守りながら
きちんと情報開示して、対策を行なっていくことが大切です。

情報科学の利用も

ーー なかなかそれが実行できないのはなぜでしょう。

ジャーナリズムの問題も大きいと考えます。
現場を取材しないで、ネット上の情報を集めたり、政府や都道府県知事の記者会見にいくだけで、
現場の病院が何を困っていて、現実の患者さんがどんなに苦労しているかを伝えない。

その最たるものが「無症状検査否定論」でしょう。
”街の中でPCR検査をやってはいけません。
PCR検査で感染者が続出すれば病院医療が崩壊します”
という論調ですが、本来、街の中に感染者がいることが問題であるのに、
病院が崩壊するかしないかだけの視点から「病院にこられては迷惑です」
と専門家が語る。
それが堂々と報道されていたのです。

韓国でもイギリスでもどんどん検査をやっています。
日本はPCR検査の自動化の技術・機械を海外に輸出しているのですよ。
結局リーダーシップを取る人がいないということです。

もう一つ、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」を活用して感染経路の精密な
データをとることも必要ですね。
COCOAは、日本全体で利用者が増えないと意味がないと誤解されていますが、
そんなことはありません。
先端科学技術研究センターでもCOCOAを活用しています。
小さい施設でみんなが持っている方がいいのです。
それに予想外の感染経路もわかります。

コロナ対策として最重要なのはゲノム解析、PCR検査を自動化・大規模化する計測科学に加えて、
スマートフォンでの追跡をはじめとする情報科学を駆使した精密医療を行なうことです。
それで波全体を抑え込むのです。

来年供給されるワクチン

ーー 予防ワクチンについて、ファイザー・ビオンテックが来年6月までに
日本に6000万人分を供給予定で(12月8日から英国で接種開始)、
モデルナも来年9月までに2500万人分を供給するとしています。

ファイザー・ビオンテックとモデルナのワクチンはmRNAワクチンで、人の細胞に組み込まれ
にくい特徴があります。
mRNAワクチンは、接種したときに発熱などの副作用はありますが、それ以外の開発中のワクチン
に比べると予想外の副作用は少ないと言えます。
そうすると問題は持続性であり、違う変異への対応ができるかどうかです。

モデルナの治験はブラジルなどで行なわれていますが、次のウイルスに対して有効かどうか
の治験結果が出てくることによって、効果の持続性、変異に対する有効性がわかってきます。
これが来年の前半くらいに明らかになり、後半からワクチン製薬が供給される可能性が
出てくるということです。
すると問題は、この冬をどうするかということになります。

ーー 治療薬についてはいかがですか。

アビガンの軽症例のデータが揃います。
富士フィルム富山化学は治験において主要評価項目を達成し、薬事承認の申請をするとしています。
(12月16日時点の報道では「新型コロナ薬アビガン、21日に承認可否判断 厚労省」)
軽症例の重症化予防に期待されています。

現在のところ、無症状はアビガン(経口)、熱や咳ではレムデシベル(点滴)で、
肺炎になるとアクテムラ(点滴)、呼吸不全に対してはECMOというのが一般的な治療法です。

「ウィズアウトコロナ」

ーー コロナ禍では、個人としてどう対処していけばいいですか。

自分たちのコミュニティの再建を目指すことが第一です。
日曜日にPCR検査についての署名を集めて自治体に届けるような取り組みも行なわれています。
「ウィズコロナ」という言葉がもてはやされていますが、
介護施設などをみると、それはありえません。
社会の中の声を知らない人たちが唱えているだけです。
社会の動向もきちんと捉え、「ウィズアウトコロナ」で安全・安心な社会をつくる
ということが大切だと思います。
(終わり) 

11月24日、東京大学先端科学技術研究センターにて
聞き手・まとめ 小林和子、秋山晴康(編集部)

こだま たつひこ 1953年生まれ。77年、東京大学医学部卒業。2018年6月から
東京大学先端科学技術研究センター名誉教授。同がん・代謝プロジェクトリーダー。医学博士。

「金曜日」20年12月18日号

=============================

=============================

=============================

=============================

(書評より)五百旗頭教授研究業績のエッセンス!

1)ローズベルト陰謀論を巡って

歴史好きの人ならご存知だろうが、「ローズベルトの陰謀論」というものがある。つまり、日本がアメリカに
戦争を仕掛けたというが、実はアメリカがやらせたのではないかという議論である。日本を追い詰めて、わざ
と背中を見せ、突き刺すように仕向けた。太平洋戦争とは、ヨーロッパ戦線でドイツとの戦争に入りたかった
ローズベルト大統領が、日本を挑発し、「裏口から」第二次世界大戦に入ろうとした陰謀である」というこの
議論は、アメリカの学者にとっては意味がある。(なぜかというと)アメリカには中立主義、孤立主義の伝統
があって、汚れた欧州の争いごとは欧州に任せ、欧州がどうなろうとアメリカは関知すべきでないと思う少な
くない人々がいる。こうした考え方をする人にとっては、死ななくてもよいアメリカンボーイズが悪辣なる陰
謀家ローズベルトによって、行かなくてもよい戦争に駆り出され戦場の露と消えた。ローズベルトは怪しから
んとなるのである。これがアメリカ国内でたたかわされる「ローズベルトの陰謀論」の中身であり文脈だ。

ところが困ったことに、日本の論者でこの説に飛びつく人は、日本は何も悪くなかった、ローズベルトの陰謀
で戦争がはじまったのだから、加害者はアメリカのローズベルト政権であって日本は被害者だ、と言いたそう
に見える。これは(完全に誤った議論であるし、日本じしんにとって)非常に具合が悪い。というのは、この
議論でいくと、日本外交は愚かなままで良いということになってしまう。たとえローズベルトが日本を追い詰
めておいて背中を見せたとしても、ナイフで突き刺すことが外交として賢明なことなのかどうかという反省が
、そこには全く見られない。およそ殺人事件において、ナイフを突き刺した人間が被害者であり、刺された人
間が加害者であるという判例はかつて一例もない。心中を思いやればまことに同情すべきものがあると、情状
酌量がなされることはあっても、被害者と加害者が逆転するという裁判は一つもない。ところがこれが政治論
になると「白馬は馬に非ず」的な、無茶苦茶な議論が横行する。そして、そういう議論をもてあそぶことによ
って、日本の政治や外交の質は悪くなってしまう。

2)近衛文麿と日本の滅亡

近衛は絶大な人気を得、右からも左からも期待されていた。けれども近衛自身は、その人気がどれほどはかな
いものかを知っていた。自分には確固たる基盤が無い。軍事機構を握っているわけでもなければ、官僚機構を
押さえているわけでもない。良識派の支持があると言っても霞のようなものだし、移ろいやすい人気を失った
ら自分には何もない、という弱さの意識があった。そういう近衛が打ち出した対応策の一つが、まず強気で軍
部の要求を政府が先取りする、すなわち、強硬策で成功を収め、威信を高めた上で軍部を統御する、という「
先手論」であった。

このような術策で対応しようとする近衛には、南部仏印進駐を決めたあとに、アメリカから警告が来たからと
いって、止めようとは言えなかった。何だ、やっぱり貴族は腰抜けだ、と言われたくない。そこで、決めたこ
とは決めたことだと南部仏印進駐を実行する。ところが、アメリカの対応は言葉だけの警告ではなかった。ア
メリカは石油を含む一切の対日輸出全面禁止という制裁措置をとった。日本の命綱を締め上げられたわけであ
る。

当時の日本はアジアへの侵略を繰り返していたけれども、石油はほぼ100%アメリカから輸入。軍需産業も発達
はしていたが、そのための機械の多くはアメリカから輸入していた。合理的に考えれば、日本はアメリカと戦
争などできる状態にはなく、アメリカが厳しく対応してくれば屈服するほかなかった。「失礼しました、私の
行動に問題がありました」と公衆の前であやまらないまでも、中国から徐々に軍隊を撤退させ、それとなく三
国同盟の死文化を計るというのが、おそらく唯一のまっとうな対応であったろう。しかし、結局日本が選んだ
のは、窮鼠猫を噛む、東條英機陸軍大臣の言葉でいえば「清水の舞台から飛び降りる覚悟での対米開戦という
道であった。

日本政府は、グローバルな国際関係の推移のなかで戦況を評価する能力を失っていた。アメリカ政府にはこれ
が信じられなかった。アメリカ政府は、日本政府といえども合理的に計算し、それに基づいて行動するものだ
と思っていた。「日本をあまり追い詰めてはいけない、絶望的心境のなかで、民族的ハラキリとも言うべき自
殺的戦争を敢行しかねないと日本人を良く理解していた駐日米国大使グルーは警告を発したが、それに対し、
米国国務省の極東政策に関する重鎮ホーンベック政治顧問は「歴史上、絶望から戦争を始めた国の名を、一つ
でもあげてみよ」と一蹴した。勝てないとわかっていて戦争を始める国がどこにあるか。精神状態のおかしい
暴漢ならともかく、国家の責任者、最高指導者ともなれば、そんな無分別なことはできないはずだ。なるほど
日本は(中国への)侵略を繰り返した悪魔である。しかし、悪魔には悪魔なりの計算があるはずだ。悪魔は賢
い。日本がパワーの現実を計算できる以上、石油をとめられ戦争遂行能力がなくなれば、敗北の明らかな戦争
をはじめるはずがない、というのがアメリカ政府の基本的な考え方であった。

3)アメリカ人について

アメリカ人は、日頃は生活をエンジョイしているけれども、いったんこうと決心すると大変な馬力を持ってい
る。国家的危機においては、ものすごい力を発揮する。なかなか怒らないけれど、怒ると怖い。

4)日本の最高機密をアメリカにリークした男は誰か

駐日米国大使グルーの日記がハーバード大学のホートン図書館に保存されている。その10月25日の項には、最
高機密であった御前会議の模様を、グルーが知っていたことが記されている」「日米関係が戦争と平和の間の
とがった稜線をきわどく歩む当時の状況において、日本政府の奥深くでなされた会議の最高機密を、ほかなら
ぬアメリカ大使に漏らすことは、国家反逆罪に相当する」「御前会議から50日を経た10月25日時点での駐日米
大使へのリークが、誰によって、どのような経緯からなされたのか。グルーは外交官として秘密に心をくだき
、その人に迷惑をかけないようにしている」「グルー文書におさめられている当時のグルーの面会リストや日
誌からみて、牧野伸顕を通じて高度な情報に接しうる立場にある、吉田茂である公算が高いと思われる」

5)大日本帝国は、なぜ滅んだのか

私はよく、大日本帝国がなぜ滅んだかといえば、それは弱さではなく強さゆえに滅んだという。戦前の日本帝
国の最大の強みは軍事力だった。軍事力が弱かったからアメリカに負けたというのはその通りだが、一面では
そうではない。当時の日本は国力から考えて、軍事力は異常に強かった。一点豪華主義という言葉がある。大
日本帝国はその一点豪華主義のように軍事力ばかりを強くしており、その強さゆえに滅んだのだった。強さを
築いた軍部をコントロールできなくなり、政治ができなくなったのである。統合性、全体性がなくなり、腕が
勝手に動き出して人を刺すという状況になったのが戦前の日本である。

6)本土決戦を回避できたという僥倖

第二次大戦における日本人の死者は、軍人・民間あわせて約350万人だが、ポーランドやドイツでは700万人を
超えている。ソ連の2000万人というのは桁外れだが、日本より小さなドイツやポーランドで日本の2倍の死者が
出ているのは本土決戦があったか否かの差による。「国の為に戦え」という命令を受けた真面目な若者が竹槍
でアメリカの戦車に立ち向かい、片っ端からアメリカ軍の戦車、機関銃、火炎放射機で殺戮される。住民の間
に逃げ込んだゲリラがアメリカ軍により引き出される情景などは、考えるだに恐ろしい。

本土決戦で日本の政府機構を全て破壊されてしまえば、日本の戦後処理は全く違うものとなっていただろう。
実際にマッカーサーが実際に行ったような間接統治は望むべくもない。ドイツ同様、ほぼ全土を制圧されたと
ころで、文字通りの無条件降伏となったであろう。冷戦に向かっていた当時の国際情勢をかんがみれば、全土
が制圧された瞬間、日本は太平洋側と日本海側、もしくは中南部日本と北日本で東西に分割されて、体制の異
なる二つの国として再出発することになったであろう。もし日本が徹底抗戦を行っていれば、間違いなくそう
なっていた。しかし、日本はドイツと違って早期降伏に行って民族分断の悲劇を回避することに成功した。

ドイツ降伏の直後、ドイツを視察したアメリカ陸軍のマックロイ陸軍次官補は日記に書きとめている。「それ
は、この世のものとも思えない地獄絵だった。これがあの偉大な才能と活力に満ちたドイツ民族の姿なのか」
。これを聞いたアメリカ陸軍長官スティムソンは日本占領計画の内容を静かに、より緩やかなものへと修正し
ていった。徹底抗戦の結果、文字通り全土が焼け野原となり、その中で茫然自失となったドイツ人の姿は反面
教師の役をアメリカの対日政策において果たすことになる。これは日本にとって僥倖であった。

7)ローズベルトが極東にバラまいたトゲ

ローズベルトは、極東における歴史的強国同士、即ちロシアと中国、ロシアと日本、中国と日本の、それぞれ
の間が親密になるのを必ずしも好まなかった。敵対して欲しいとは言わないものの、互いに適当な対抗関係を
持つことを望んでいた節がある。ヤルタ秘密協定のうち、千島列島のソ連への譲渡は、戦後史において日ソ間
の融合を阻止する氷塊としての機能を果たした。また満州と外モンゴルに関する規定は、中ソ対立をもたらす
うえで、絶大な効果を持った。

ローズベルトはカイロ会談において蒋介石に、中国が琉球諸島を領有してはどうかと、「好意をもって」勧め
ている。しかも蒋介石が、琉球諸島はすでに長年にわたって日本領土であったと辞退しているのに、もし関心
があるなら我々は理解していると二度までも口にしている。もし、蒋介石がローズベルトの好意を受け入れて
、琉球列島への領土的野心を表明していれば、戦後の日中間にも日ソ間と同じく、領土問題という「氷塊」が
存在することになったであろう。

これが意図されたものであったのか、単なる偶然の産物なのかは憶測の域を出ない。しかし、少なくとも一部
分、ローズベルトの「政治的本能」の産物であることは否定できないように思われる。ローズベルトは高邁な
理想を説く一方で、権力闘争のセンスに恵まれていた。それは彼の部下の使い方に良く表れている。彼は有能
な部下には必ず対抗馬をぶつけて競わせ、ホワイトハウス内で誰か一人が優越した地位を獲得しないよう絶え
ず心を配っていた。地球的動乱の中で、このセンスはアメリカの生存と利益を守る指導者に必要な資質であっ
たことは間違いない。

8)世界に誇れる日本の長所とは何か

英国の歴史家アーノルド・トインビーは大著「歴史の研究」において、強大な外部文明の挑戦を受けた文明の
対応として、二つの典型を示した。「ゼロット(熱狂的国粋主義)と「ヘロデ(開明派)」である。

「ゼロット」とは、民族的誇りに燃えて、英雄的にして悲壮な徹底抗戦を追求する熱狂派であり、日本の幕末
で言えば攘夷派(新撰組、水戸藩など)がこれにあたる。海外で言えば、フランスの武力で立ち向かって敗北
したベトナム、あるいは中国の義和団などもゼロットの一類型であろう。他方「ヘロデ」とは、勝ち目のない
戦を挑んで全滅する愚を悟って強大な文明を敢えて受容し、その力の秘密を長い時間をかけて学びとりつつ、
学習を通じて長期的に外部文明を克服し無害化しようという立場である。

トインビー自身は近代日本をヘロデ主義の好例として著書の中で高く評価(だから「歴史の研究」は日本でも
売れた)しているが、それはまた戦後日本のアメリカ文明の受容にも該当する。世界的に見ても、日本が外部
文明の力を学びとって成長する速度は、例外的な高さである。狭い島国の温帯農耕社会において、一致協力し
て勤勉に働く気風を培った日本人は、明白な国民的課題を与えられたとき、誰も想像できないほどの能力を示
す。

9)日本の歴史に誇りを持ち、内向き志向になるな

大化の改新にせよ、明治の近代化にせよ、日本史の日本史の画期的な躍進期とみなされる時代は、常に国際化
の波をかぶった瞬間であった」「排外主義にも通じる強い民族的プライドを持ちながらも、外部世界によきも
のがあると知る時、とりつかれたようにそれを学習し、さらにはそれをテコに自己革新をとげることができる
。それこそが日本が世界に誇りうる優れた資質ではなかろうか。日本のアイデンティティを狭くとらえて、外
の影響を受ける前の日本固有の特質を求め、それに立ち帰ろうとすることほど、日本の文化的伝統を貧弱にす
る試みは、他に存在しない。国際化と日本的伝統を対立概念ととらえ、一方を追求すれば他方は失われると想
定するのは、みずからの歴史を知らぬ者の短見である。より広き価値にみずからを没して、それをみずからの
文明とする日本人の気風と活力こそが、日本史を豊かにし、誇るに足る発展をもたらしてきたのである。昨今
、TPP参加の是非を巡り、日本国内で議論が喧しい。なかにはTPPは日本の国の形を変える為にアメリカが仕掛
けた陰謀などと論じる者さえいる。こうした内向き志向が日本の政策論議を矮小なものとしていることは明白
である。

占領期は、「外部文明に開いて自己革新を遂げたもう一つの歴史的瞬間」であり、日本は占領軍たる米軍を「
柔道の技のように、相手の力に押されて倒されながら、その力を利用して投げ飛ばした」のではないだろうか

その一方で、人も社会も、何ものかを手にする中で、何かを失うことを避けることはできない。軽軍備・通商
国家として豊かな果実を手にした戦後日本であるが、何か大事なものが欠けているように思われる。足りない
のは軍事力というハードではない。尾根筋に立った者に求められる大局的展望力と、それに基づいて決断する
ものに漂う風格とでもいうべきもの」が日本から失われた。身をひそめて経済の実を手にする慣性が長く働く
なかで、我々は、何時しか米国が提供するシステムにフリーライドする癖が身につき、他国民と世界の運命に
共感を持って行動する苦痛と誇りを、見失いすぎたのではなかろうか。

日米戦争と戦後日本 (講談社学術文庫) 五百旗頭 真

ーーーーー
色平
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close