菅政権の解散総選挙,アメリカ大統領選挙、皇室ゴタゴタ、トコーソーの行方

ラジオ大阪 早起き情報スタジオ(2020/12/20) 矢野宏 菅政権の解散総選挙のこととアメリカ大統領選挙、皇室ゴタゴタ、トコーソーの行方を語る

 永岡です、ラジオ大阪の、早起き情報スタジオ、今週は新聞うずみ火代表のジャーナリスト、矢野宏さんが出られました。林宗一郎さんが司会、ツイッターでは#安倍前首相の起訴を求めます、がトレンド入りしています、

 2020年を振り返る企画、ほとんどコロナ、今年の漢字は密であり、林さん、あと11日で2020年は終わりと説かれて、先月矢野さん、今年は解散なしと言われてその通り、菅政権の支持率急落、GoTo固執+コロナ対策デタラメ、林さんはガースーに唖然、受け狙いで、今の時期にガースーはない、矢野さん、感染者数急増で顔が怖いのでギャグのつもりがデタラメ、デタラメは安倍政権から引き継がれている。そして年明けの解散総選挙はない、冒頭解散、通常国会の時にはなく、予算成立で大盤振る舞いして解散もない、3月末に予算成立のあと解散総選挙もない、来年夏は東京都議選が連立を組む公明党が許さず、そしてオリンピック中止なら8月に総選挙はありえる、9月に自民党総裁選、解散総選挙は来年必ずあり、しかも総選挙には650億(今大ヒットの鬼滅の刃の興行収入の倍!)もかかる。

 林さん、コロナ禍でワクチンが普及したらいいが、それでないと選挙どころでないと説かれて、矢野さん、ワクチンはアメリカで副作用があると報じられて、林さん造影剤注入されて副作用の出たことがあった、全身にじんましん、10万人に一人、それで命にかかわると言われて中止、矢野さん、ワクチンは影響ある、林さんはインフルエンザ予防接種は受けて、それは日本製のものを受けているというもの、矢野さん、オリンピックは問題。

 アメリカ大統領選挙、バイデン氏が当選、矢野さん、アメリカの大統領選挙は特殊で、12/14に選挙人投票はおわり、しかしトランプ氏はゴネているがバイデン氏当選は確定、就任式は1月20日だが、安全保障のものは引き継がれず、林さん、トランプ氏は感染したが、バイデン氏は高齢だと危惧されて、矢野さん、バイデン氏は最高齢大統領、それで副大統領のハリス氏が注目される。林さん、日米ともにトップは高齢、もっと若手は出てこないかと説かれて、矢野さんも経験があるというもの、問題、林さん、A財務大臣はやめるべき、矢野さん、麻生氏は森友事件の共犯者なのに辞めていないと怒られて、林さんは若い人が日本を引っ張らないといけないと説かれました。

 そして、林さん、皇室ゴタゴタを説かれて、真子さんと小室圭さんのこと、宮内庁に抗議、結婚で1億5千万、天皇の妹の黒田さん、結婚時に警備のいいマンションを買ったものの、持参金で借金返済かと報じられて、小室さん、弁護士を目指すなら返済できるだろうと説かれて、渡米して勉強する費用はなど説かれて、税金が使われる、女性宮家、天皇の兄になるかも、なので、矢野さんは皇室ゴタゴタ、ご本人の問題ではない、林さん、母親の問題もあると説かれました。

 矢野さんから見て2021年の日本で気になること、大阪のこと、トコーソー住民投票は決着ついても、来年2月に条例案が出て、大阪市の権限を大阪府に移す、住民投票否決のものをやる議会は注目されると説かれて、林さんも大阪の変化を見るべきと締めくくられました、以上、矢野さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close