赤木雅子 私は真実が知りたい!、森友忘却を許したら日本の民主主義は破綻!

 

文化放送ラジオ ロンドンブーツ1号2号田村淳のNews CLUB(2020/12/19) 赤木雅子 私は真実が知りたい!を語る、安倍氏の周囲は森友事件をなかったことにしようとしているが忘却を許したら日本の民主主義は破綻する、ラジオジャーナリズムは生きていることを説く!

 永岡です、文化放送ラジオの、ロンドンブーツ1号2号田村淳のNews CLUB、今週のすごい人に森友事件で改竄をさせられて自殺された赤木俊夫さんの連れ合い、雅子さんが出られました。タイムフリーで聴きました。弁護士の島田さくらさん、砂山圭太郎さんが同席です。ツイッターでは#憲法は権力を縛るもの、がトレンド入りです。

 報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さん、検察が安倍氏の「氏」を奪わないのは検察の敗北だとブログで指摘されています、https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12645103711.html 私・永岡も同感です。

 私は真実を知りたいを書かれた雅子さん、岡山に生まれて、95年に俊夫さんと結婚、俊夫さんの死について国と佐川氏相手に提訴、第1回口頭弁論もあり、今年3月に文春に手記+完売、元NHK大阪の相澤冬樹さんと共著で私は真実が知りたいを書かれて、淳さん、本来メディアの表舞台に出るのはしんどいのにやっていると説かれて、生活は激変したかというもの、雅子さん、自分の思いはメディアを通して伝わったか、悩みは大きくなったかと説かれて、雅子さん、悩みは大きくなった、雅子さんの話聞くのは年上の男性で興味を持つ人が多いが、淳さんのような若い人では森友は無関係の人も多いかと説かれて、淳さんも8月に母親が他界して、しかし自殺した連れ合いさんのこと、国が雅子さんをなぜケアしないのかと問われて、雅子さん、改竄をなぜさせられたか、国は答えず、改竄の始まった1年間、俊夫さんは激変して、国がちゃんと説明しないと俊夫さんは浮かばれない。

 淳さんの恐れるのは、森友事件、時間が経って風化して、まだやっているのかと言われること、雅子さんはネットで誹謗中傷をそういう具合にされて、それを見ないようにしている、しかし若い人たち、公務員が改竄させられて自殺して、国から見捨てられたことを知って欲しいと説かれました。

 雅子さんのリクエスト、俊夫さんが坂本龍一さんのファンで、YMOの曲でした。結婚当時によく聴いておられたそうです。

 森友事件、国有地安売り、背後に昭恵氏の存在があるとされて、それを隠すために改竄、雅子さん、森友事件はなかつたことにさせられる、裁判も国は時間稼ぎで忘れさせようとしているとしている、若い人で興味がないと忘れるし、同世代でもまだやっているのかというが、忘れてもらっては困る。

 淳さん、安倍氏は総理を辞めて、そのうちに何人前の総理かになる+安倍氏は国会で無数の嘘をついて、その責任は取らず、無数のスキャンダルを起こして解決していない、雅子さん、財務省の人間が来て、安倍氏の発言が元で改竄と言った、淳さんは安倍氏のいうことを信用していない、誰に雅子さんは聞いて欲しいかを問われて、雅子さん、佐川氏と直接やり取りはしていないが、手記に佐川氏の名前は無数に出て、佐川氏と俊夫さんの直属の上司は真実を語って欲しい。敦さん、国、安倍政権は忘れさせようとしていると怒られて、雅子さん、人間は正直にしゃべるべき、雅子さんは自分が健康でいるしかできず、弁護士に任せている、淳さん、メディアは森友事件のことを啓発すべき、雅子さんはメディアに出るのは大変だが、ラジオは雅子さんの見方であり、淳さんも改竄を知って本当かと思い、しかし雅子さんは改竄させられた俊夫さんを目の前で見ている、雅子さん、俊夫さんは改竄のことを言わず、しかし内閣が吹き飛ぶといい、うつ病になり、俊夫さんの壊れて行くのを目の当たりにして大変、淳さん、そんなことは俊夫さんの一存でできないと説かれて、雅子さん、2017年2月から改竄をさせられて、その日から笑わなくなり、そして自殺を何度も計画して、雅子さんたまらず、手記から俊夫さんのしんどかったことを実感した。そして当時の俊夫さんは、ちょっとやそっとの声では何もならず、誰も助けてくれず、最後は二人で泣いていた!

 淳さん、泣かされるのは、圧力がかかり、全部俊夫さんに背負わせて、そして嘘をつき続けてのうのうとしている人がいると説かれて、雅子さん、最後はしんどくニュースも見ず、しかし俊夫さんは同僚を心配して、マスコミに追いかけられて大丈夫かと、自分もしんどかったからわかった。敦さん、雅子さんは今嘘をつく理由はなく、当時の俊夫さんを追いやったものを説かれて、雅子さん、手記は俊夫さん、雅子さんに残して、しかし職場に赤木ファイルがあり、国はそれを出してほしい。赤木ファイルのことは、直属の上司がそれを検察に提出したと証言して、しかし安倍氏、麻生氏、菅氏は赤木ファイルを無視、黙殺しようとしているが、赤木ファイルが出てきたら3人とも「氏」がなくなる。赤木ファイルはコピーはないか不明。敦さん、赤木ファイルを闇に葬ったら、日本は公文書をちゃんとせず、正義がなくなるとと怒られて、しかし検察から財務局に赤木ファイルは戻り、弁護士さんと赤木ファイルの提出を国に求めて、島田さんも、俊夫さんは公務災害であるが、争うと赤木ファイルの存在を認めてしまい、それで国は逃げようとしていると説かれて、淳さん、ファイルは誰のものかと問われて、島田さん、国民のもの、雅子さん、公務災害は改竄が原因だと一言も書いておらず、それを糺したい。

 雅子さん、俊夫さんの遺書!をスタジオに持ってこられて、亡くなった当日に書いたもの、淳さん圧倒させられて、理財局にさせられて、原因は佐川氏というもの、雅子さん、泣きながら書いたもの、そして佐川氏も苦しんでいるはず、全部ゲロって安倍氏の「氏」を取り楽になって欲しい。敦さんも、大切な命とある意味を説かれて、遺書はテーブルの上のノートのところにあり、怖くてちぎり取ったものと説かれて、淳さん、俊夫さんを見殺しにしたのは人間じゃない、雅子さん、改竄はなかったことにされた、財務省のためとため息、淳さん、遺書の研究をされて、人間がどうして遺書を書くか、命を絶ってでも届けたいメッセージがあると説かれて、雅子さん、文春に出して、本にもして、財務省の人に見てほしい。砂山さん、財務省の人間は葬儀に来ても記帳しなかったと怒られて、雅子さん、財務省は葬儀に調整して来たのは20人、改竄と無縁な人、淳さん、異常な空気だと説かれて、雅子さん、財務省はどこのマスコミが来ているか偵察に来た=マスコミを気にしている=俊夫さん追悼の意味はない、雅子さん、財務省に監視されていて、涙した人もいたが、それは苦しみを理解してくれた人で、しかし寂しい葬儀=安倍氏を守るためのもの。

 麻生氏は墓参りに来ないか、マスコミを避けてこなかったもの、雅子さんの意図無視、改竄、淳さんもそれは忖度かと問われて、雅子さん、財務局の人間は財務局の空気に染まりそのまま、俊夫さんは財務局の空気に染まらなかった。敦さん、雅子さんは財務省と闘い、しかし相手はウヤムヤにしようとしている、淳さんなら国の巨大さに押しつぶされる恐怖だと問われて、雅子さん、提訴したら、自分は間違ったことをしていないと恐怖はなく、しかしネットで誹謗中傷はあるものの、何とか生きている。支えてくれるのは、弁護士のチームや相澤さん、そしてジャーナリストでも味方になってくれる人がいて、友人、近所の人も支えてくれる。

 淳さんはテレビの世界にいて、マスコミは疑うべきだが、いいマスコミもある、いい財務局の人もいると説かれて、そして雅子さんがこのラジオに出るのは1回だけでなく、定期的にこのラジオに出て、日本の公文書改竄はおかしいと訴え続けてほしいと説かれて、雅子さん、浜松町の文化放送の場所も覚えた、このラジオは暖かい空気の中で自分の思いを訴えられたと感謝されて、淳さんの遺書の研究にも寄与出来たらと締めくくられました。最後のリクエストはユーミンのひこうき雲(https://www.youtube.com/watch?v=9HInQDjCCRc )、俊夫さんがその上にいるという意味でかかりました、私も、30年前神戸製鋼にいて、ムチャクチャな部署で、挙句の果てには何かあったら会社が助けてくれる、竹やりでも頑張ったら戦闘機と戦えると言われて体を壊してそこを追われて闘病生活30年目に突入、他人事ではあないです、以上、赤木雅子さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close