共謀罪対策弁護団と秘密保護法対策弁護団共同のデジタル庁法案に関する意見書

共謀罪対策弁護団と秘密保護法対策弁護団共同のデジタル庁法案に関する意見書

 
 
 
秘密法は、2011年、民主党政権時代に法案準備がなされました。
それでも、そのときは、情報公開法と公文書管理法の改正(改善)とセットで、という話のはずでした。
ところが、第2次安倍政権になると情報公開法と公文書管理法の運用は悪くなる一方で、むしろ日本版NSCとセットで秘密法が(2011年のときよりも酷い形で)出てきました。
 
公権力が個人情報を収集することを、野放し(※)にしたままで、「デジタル庁」云々はトンデモナイ。
 
※ 特に公安警察は、組織法である警察法2条1項が法的根拠だという。憲法15条をもって日本学術会議の任命拒否を根拠づけようとする位なめちゃくちゃ論法。
 
*************************************
近藤 ゆり子 k-yuriko@octn.jp
*************************************
 
 
 
 
 
みなさま
 
本日 共謀罪対策弁護団と秘密保護法対策弁護団共同のデジタル庁法案に関する意見書が公表されました。
各方面に広めてください。
 
Yuichi Kaido
 
 
 
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close